NEOブロックチェーンの伝説的創業者のDa Hongfei(達鴻飛)を取締役会長、元SWIFT証券&為替アジア太平洋ヘッドのAlexandre Kechを最高経営責任者(CEO)として、オンチェーン・カストディアン(ONC)は、ブロックチェーン、資本市場、銀行業務のプロフェッショナルによる強力なチームにより、お客さまがデジタル資産投資の管理に関する運用面と技術面の負担を軽減できるようにいたします


シンガポール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- オンチェーン・カストディアンは本日、シンガポールで4月11・12日に開催されるチェーンプラス・アジア太平洋ブロックチェーン・ニューファイナンス・サミットの機会にデジタル資産カストディーのプラットフォームと付加価値サービスを立ち上げると発表しました。ONCは、このサミットで講演と展示を行います。このサミットと立ち上げイベントは、アジア各地から高名なVIPゲストを集めると予想されています。

シンガポールに本拠を置くオンチェーン・カストディアンは、デジタル資産投資の安全を確保するための包括的なオンライン・プラットフォームを構築してあり、カスタマイズ可能なカストディー・ソリューションや機関投資家グレードのセキュリティーと統制を提供いたします。SAFE™デジタル資産カストディー・プラットフォームは、デジタル資産カストディーの未来の可能性に対応できるよう、柔軟性を持たせて作られています。主要な仮想通貨とトークンに対応し、規制や業界の発展に合わせて迅速に証券トークンやステーブルコインを取り扱えるように進化していきます。

仮想通貨盗難のニュースが聞かれ、アジアに機関投資家グレードのカストディー・ソリューションが存在しないことから、ONCのようなカストディアンに対する需要は高まっています。SAFE™プラットフォームが立ち上げられる前ですら、そのようなサービスに関することを話し合うためにONCを訪れる人々がいました。

ONCは、プライベート鍵の安全確保に関する最新の検証済みプロトコルについても研究を行っており、お客さまが常に安全で効率性の高いカストディー・ソリューションの恩恵を受けられるようにしています。ONCの目標は、イノベーションを通じてデジタル資産カストディーの安全確保と自動化を行うことですが、業界標準のことも考慮しています。

Da Hongfei、ONC取締役会長:「サードパーティーのカストディーは、トークン化資産の標準的な採用を推進するために必要となる中心的な柱の1つです。オンチェーン・カストディアンは、デジタル資産経済に対してこの重要なインフラを提供していきます。」

Li Jun、オントロジー財団設立者:「オントロジー財団は、仮想通貨準備金の独立系サードパーティー・カストディーのためにオンチェーン・カストディアンを任命することを決めました。そうすることで、当社コミュニティーに対する透明性が向上するだけでなく、資産の安全管理を強力なプロ・チームに任せることで、自社のエネルギーとリソースをオントロジー自身のプロジェクトの推進に集中させることができます。」

ONC最高執行責任者(COO)のEl Leeは、このように述べています。「カストディー事業では信頼が不可欠です。信用できる技術実現企業としても金融サービス提供会社としても、顧客から信頼を得ている必要があります。当社はそのどちらも達成しています。」そして、ONC最高経営責任者(CEO)のAlexandre Kechは、こう語っています。「オンチェーン・カストディアンは、自社の事業の拡大のみに集中するべき顧客に安心感をもたらすことを目指しています。ONCはデジタル資産の安全維持に集中し、顧客が自社業務に集中することを可能にします。」

オンチェーン・カストディアンの意欲的計画の詳細については、www.oncustodian.comリンクトインツイッターをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

ONC
CEO, Alexandre Kech
contact@oncustodian.com

情報提供元:
記事名:「オンチェーン・カストディアンが、セコイア、復星、DHVCの支援する仮想通貨・デジタル資産・カストディアン企業としてSAFE™プラットフォームおよび付加価値サービスを開始