韓国ソウル--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ヘルス・医療関連ブロックチェーンのMEDIKEY(Medical Information Key on the Blockchain)が健康になるほど報償としてコイン、採掘権などを支給するユニークなシステムを発表する。



情報共有やメディミッションの遂行に対する報償としてはMEDIKEY COINと採掘証明券COM(Certification Of Mining)が支給される。採掘証明券COMは MEDIKEY COINと別に支給されるブロックチェーンポイントである。上場などの金銭的価値はないがメディキ生態系を構成するDAPPの稼動や参加で使用でき、イーサリアムの GASと類似の役割をする。

MEDIKEYとはMedical Information Key on the Blockchainの略称である。ブロックチェーン技術を基盤として参加者が自発的に提供する健康ノウハウ(Medi story)と個人の健康情報(Medi Info.)を他の人と共有し、その有用性を証明する4次産業のAI、IoT、ビッグデータを融合したブロックチェーンのネットワークである。

個人の身元証明技術とデータ共有技術、各種メディカルバイオデータ収集技術を共有という概念と結合させて新たな価値を創出するサービスである。

メディキポータル」でメディカルヘルスストーリー情報を共有し、ブロックチェーンのノードを構成する多数の参加者がEX(Experience Postscript)によって投票してその情報の重要性を評価する。リスティングされたPOX(Proof Of eXperience)とMEDIKEY APPや各種IoT機器によって収集したメディカルヘルスデータをMEDIKEY AI+DRシステムが評価して健康を維持するためのミッションスケジュールと目標を提示する。これを再びMEDIKEY APPと各種IoT機器によってミッションの達成を証明するPOM(Proof Of Mission)から構成されている。

メディキは取引内容の記録を誰でも閲覧できる透明性の高いブロックチェーン技術を医療、健康の分野に融合した形態と言うことがきる。デジタル革新によってすべての公共サービスをデジタル化した成功例としてエストニアを挙げることができる。

メディキは近い将来に取引所での現金への交換が可能になり、病院の診療費、手術費用の納付、医薬品の購入など様々な所で使用できるようにする予定である。

関係者は「メディキ(MEDIKEY)は健康を守り、健康増進を最優先の目標とするブロックチェーン」であると語った。

メディキは韓国内外の病院とフィットネスセンター、著名なパーソナルトレーナーとともにPOC(Proof Of Concept: 概念実証)形態でのサービス開始を目前に控えている。

メインネット(MainNet)を 2018年10月1日に公開しており、各種健康関連行事で協賛を実施している。

メディキは世界 5大取引所の一つであるDigiFinex (https://www.digifinex.com) に上場されている。詳しい内容は電子メール (help@medikey.io) で問い合わせが可能。


Contacts

MEDIKEY
Michael Yoon +1-702-816-3784
help@medikey.io

情報提供元:
記事名:「ヘルス関連ブロックチェーン MEDIKEY、運動して健康になればコインの報償