香港--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 香港最大のショッピングモールのハーバーシティーが、隣接するマルコポーロ香港ホテルで第3回ハーバー・アート・フェアを開催し、50部屋以上の客室が現代美術を万華鏡のように紹介する展示室となります。



同時に、アートを一般の人にとって身近なものにするために「Art in Life(生活の中のアート)」の特別展示がモールで開催されます。3人の韓国のアーティスト、Jang Se Il氏、Lee Sung Ok氏、Henn Kim氏の香港初の個展がハーバーシティーで開催され、アートの世界を垣間見る機会を人々に提供します。こちらの展示は無料でご覧いただけます。

ハーバー・アート・フェア2019

このフェアには、シンガポールのハッチ・アート・プロジェクト、ドイツのAHCプロジェクト、香港のカレン・ウォン・セラミック&アートなど、著名なギャラリーの数々が参加します。

 
日程:2019年3月29日~4月1日
 
VIP&メディア公開   2019年3月29日(金)正午~午後8時
一般公開   2019年3月30日~4月1日(土~月)正午~午後8時

会場:マルコポーロ香港ホテル

入場料:チケット1枚100香港ドル

ウェブサイト:www.harbourartfair.com

チケットは展示会期間中、マルコポーロ香港ホテル内の次の場所で入手できます。

  • 西側ロビー(スターフェリー埠頭付近)
  • 12階エレベーター前のインフォメーション・デスク

「Art in Life(生活の中のアート)」の特別展示

1. 「The Wave of Coexistence(共存の波)」 Jang Se Il作

Jang Se Ilは、幾何学的な形状や直線を用いてイルカや北極熊などの動物を描き、急速に変化する人工的な環境に動物がどのように反応するかを探っています。

2. 「Sound of Nature(自然の音)」 Lee Sung Ok作

Lee Sung Okは、吊り下がるステンレス製の昆虫を制作し、幅広い人為的な被害から自然が身を守るようにとの願いを込めています。観客は反射する表面を見て環境との関係性を見直すよう考えさせられます。

3. 「My Black Rainbows(私の黒い虹)」 Henn Kim作

イラストレーター、Henn Kimの象徴的なモノクロのイラストレーションは、現代世界の孤独、混乱、制約などの感情の夢想的世界をファンタジーの要素を添えて描写しています。

日程:2019年3月12日~4月3日

会場:オーシャン・ターミナル・フォアコート、海港城美術館、ゲートウェイ・アーケード(ハーバーシティー)のアトリウムII

ウェブサイト:www.harbourcity.com.hk お問い合わせ:(852) 2118 8666

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Enquiry and Preview Arrangements - Harbour City Estates Limited
Winney Leung (852) 2118 8817 winneyleung@harbourcity.com.hk
Erica Ng (852) 2118 8622 ericang@harbourcity.com.hk

情報提供元:
記事名:「ハーバーシティーがハーバー・アート・フェア2019で現代美術を紹介