重要なポイント:


  • アリババ、シスコ、Dell EMC、フェイスブック、グーグル、ヒューレット・パッカード エンタープライズ、ファーウェイ、インテル コーポレーション、マイクロソフトが新たなコンピュート・エクスプレス・リンク(CXL)技術で手を組み、人工知能、機械学習、リッチメディアサービス、高性能コンピューティング、クラウドのアプリケーションなど、急速に増大中のデータ負荷の処理を促進。
  • CXL仕様1.0を採択し、CPU・デバイス間の高性能相互接続ニーズの高まりに対応、メモリー一貫性の改善でデータ集約的アプリケーションの性能向上に貢献
  • この新たなオープン・スタンダードは高性能の異種混合コンピューティング向けのオープン・アクセラレーター・エコシステムの醸成に貢献。関心のある会員企業と機関は是非ご参加ください。

米オレゴン州ビーバートン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アリババ、シスコ、Dell EMC、フェイスブック、グーグル、ヒューレット・パッカード エンタープライズ、ファーウェイ、インテル コーポレーション、マイクロソフトは本日、コンピュート・エクスプレス・リンク(CXL)を発展させることに専心する新たな業界規格策定団体の設立を発表しました。CXLは、CPU・デバイス間、CPU・メモリー間の新たな高速相互接続規格であり、次世代データセンターの性能を高めるためのものです。また、これらの企業グループはCXL仕様1.0を採択しました。これは業界オープン・スタンダードとして、画期的な性能によって新たな使用モデルの出現を実現しながら、データセンター・アクセラレーターやその他の高速強化機能のためのオープン・エコシステムを支えるものです。

CXL仕様1.0を提供中

CXL仕様1.0により、CPUとプラットフォーム強化機能やワークロード・アクセラレーター(GPU、FPGA、その他の専用アクセラレーター・ソリューション)の間で高速の効率的な相互接続が実現します。本技術は定評のあるPCI Express®(PCIe®)インフラを基盤としており、PCIe 5.0の物理/電気インターフェースを活用して、下記3つの重要領域で先進的プロトコルを提供します。

1. I/Oプロトコル

2. メモリー・プロトコル(当初はメモリーをアクセラレーターと共有するためのホストを実現)

3. コヒーレンス・インターフェース

CXL技術はCPUのメモリー領域と付属デバイスのメモリーの間でメモリー一貫性を維持することでリソース共有を実現して、性能向上、ソフトウエア・スタックの複雑性低減、全体的システム・コストの削減をもたらします。これによりユーザーはそのアクセラレーターにおいて、冗長なメモリー管理ハードウエアにではなく、対象ワークロードに着目するだけでよくなります。高速通信を実現するための業界オープン・スタンダード・インターフェースとしてCXLをデザインした背景には、アクセラレーターが人工知能や機械学習などの新登場のアプリケーションを支えるためにCPUを補完する目的で一層使用されているということがあります。本仕様はCXLコンソーシアムに参加する企業が利用できます。

CXL業界リーダーの活動にご参加を

発起企業は業界の広範な専門性を代表しており、一流のクラウド・サービス・プロバイダー、通信分野のOEM、システム分野のOEMが参加しています。当グループはオープン・スタンダード団体として法人化を進めています。さらに、CXL技術を活用する革新的使用例を生み出すとともに、CXL仕様2.0を開発して本規格の技術的な特長や機能を発展させるための活動にも取り組んでいるところです。参加方法に関する詳細情報についてはadmin@computeexpresslink.orgまでご連絡ください。

コンピュート・エクスプレス・リンクについて

コンピュート・エクスプレス・リンク(CXL)は、次世代データセンターの性能を高めるための高速CPU接続技術です。アリババ、シスコ、Dell EMC、フェイスブック、グーグル、ヒューレット・パッカード エンタープライズ、ファーウェイ、インテル コーポレーション、マイクロソフトが設立したオープン・スタンダード業界団体では、画期的な性能を生み出して新たな使用モデルの出現を実現しながら、データセンター・アクセラレーターやその他の高速強化機能のためのオープン・エコシステムを支える技術仕様の策定に取り組んでいます。CXLコンソーシアムの詳細情報についてはwww.computeexpresslink.orgをご覧ください。

# # #

PCI-SIG、PCI Express、PCIeはPCI-SIGの登録商標です。その他の商標はすべて各所有者の財産です。

CXL発起企業からの支持発言

アリババ

「アリババは、CXLエコシステムの世界的な発展とオープンな協業を支援できることをうれしく思います。クラウド・インフラストラクチャーとコンピューティングの技術イノベーターとして、CXLの発展を他の業界を主導する企業と共に推進し、明確な利益を顧客や一般のコミュニティーにもたらしていきたいと考えています。」

Qiang Liu(アリババグループ、アリババ・インフラストラクチャー・サービス担当シニアディレクター)

Dell EMC

「Dell EMCはCXLコンソーシアムおよびオールスターの発起企業の一角を占めることができてうれしく思います。是非ともCXLの真のオープン性を確認したいものであり、私たちはより多くの業界有力企業がこの活動に参加することを期待しています。CXLとGen-Zの相乗効果は明らかであり、2つともDell EMCのキネティック・インフラストラクチャーとこのデータ時代を支える上で重要な要素となっていきます。」

Robert Hormuth(Dell EMC、バイスプレジデント&フェロー、サーバー&インフラシステム部門最高技術責任者(CTO))

フェイスブック

「フェイスブックは設立会員としてCXLに参加し、効率的で先進的な次世代システムのための規格ベースのオープン・アクセラレーター・エコシステムを実現・発展させようということに感激しています。」

Vijay Rao(フェイスブック、技術・戦略担当ディレクター)

グーグル

「グーグルはオープンなコンピュート・エクスプレス・リンクの協業を支持します。CXLがアクセラレーター、メモリー、ストレージの技術向けに充実したエコシステムを実現しようとしており、当社のお客さまはこのエコシステムから利益を得ることになります。」

ロブ・スプリンクル(グーグル、プラットフォーム・インフラストラクチャー担当テクニカルリード)

HPE

「HPEにおいて私たちが考えているのは、当業界がデータとAIを駆使した未来の需要に対応し続けようとするなら、オープン・インターフェース上でコンピューティング・リソースを構成できることが決定的に重要であるということです。私たちはインテルがこのインターフェースをプロセッサーに開放したことを称賛します。CXLはお客さまがより効率的にアクセラレーターを活用する上で貢献することになります。またCXLはメモリー・セマンティックなオープン・インターコネクト規格のGen-Zにぴったり適合し、完全に構成可能で負荷を最適化したシステムの構築に役立ちます。」

マーク・ポッター(HPE最高技術責任者(CTO)、ヒューレット・パッカード・ラボ所長)

ファーウェイ

「ファーウェイは当業界の有力プロバイダーであるため、本技術仕様への貢献で重要な役割を果たしていきます。ファーウェイのインテリジェント・コンピューティング製品は当社のチップ、アクセラレーション・コンポーネント、インテリジェント管理機能を搭載し、革新的な最適化システム・デザインを施したものであり、これによりデータセンターの展開とシステム効率を大幅に改善するエンドツーエンドのソリューションを実現できます。」

Zhang Xiaohua(ファーウェイ、インテリジェント・コンピューティング事業部門、ゼネラルマネジャー)

インテル

「CXLはデータ中心コンピューティングにとって重要な節目となる成果であり、オープンで躍動的なアクセラレーター・エコシステムのための基礎的規格となるものです。USBとPCI Expressもインテルが共同で創始したものですが、これらと同様、CXL規格を通じて業界革新と顧客価値の新しい波を実現していけるものと期待できます。」

ジム・パパス(インテル コーポレーション、テクノロジー・イニシアチブ担当ディレクター)

マイクロソフト

「マイクロソフトがCXLコンソーシアムに参加するのは、次世代のクラウド・サーバーを実現するための新たな産業用バス規格の開発を促進するためです。マイクロソフトは画期的な革新を推進するための業界の協業の力を固く信じています。私たちは当コンソーシアムの活動に各社独自のアクセラレーション・ハードウエアの成果を重ね、深層学習から高性能コンピューティングまでの新しいタイプの負荷の処理を前進させ、お客さまの利益を実現していきたいと思います。」

リーンダート・ヴァン・ドーン博士(マイクロソフト、アジュール担当特別エンジニア)

業界からの支持発言

Gen-Zコンソーシアム

「Gen-Zは、次世代のメモリー/コンピューティング・アーキテクチャーのためのオープン・エコシステムを促すために設立したコンソーシアムとして、コンピュート・エクスプレス・リンク(CXL)を業界として歓迎するとともに、両組織がこれから協業していく機会に期待しています。」

カーティス・バウマン(Gen-Zコンソーシアム会長)

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Kelsey Anderson
CXL PR
+1 503.619.2683
press@computeexpresslink.org

情報提供元:
記事名:「主要な業界有力企業が結集して、画期的なデータセンター性能のための新たな高速CPU相互接続規格CXLの発展に取り組む