• 受賞歴のあるレストランのアドリフト バイ デイビッド マイヤーズ、ブレッド・ストリート・キッチン・バイ・ゴードン・ラムゼイ、カット・バイ・ウルフギャング・パック、エンプレス、パーク・ベンチ・デリ、ポテト・ヘッド・シンガポール、プリベ・オーチャード、スリー・バンズ・キーサイドなどが、シンガポールでインポッシブルを初めて提供
  • インポッシブル・フーズがアジアのフードサービス店舗でプレゼンスを拡大
  • シンガポールのすべてのレストランが世界で最も革新的な技術の1つとされる「インポッシブル2.0」を注文可能に

シンガポール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- インポッシブル・フーズは3月7日(木)から、世界で最も活気に満ち競争の激しいグルメスポットの1つであるシンガポールにある8軒のレストランで、さまざまな料理と共に植物由来肉の提供を始めます。



世界で最も熱狂的な料理評論家やグルメが集まるシンガポールは、世界で最も素晴らしいグルメスポットの1つと考えられています。ここは、世界のベストレストラン50をアジアで初めて開催した都市です(世界のレストラン業界のアカデミー賞と呼ばれています)。マレー、中国、インドネシア、インド、中東、欧州の文化が混ざり合い、その地理と豊かな歴史の影響を受けるシンガポールは、ミシュランの星を獲得したレストランの多さと活気に満ちた「屋台」のストリートフード文化で有名です。

今夜、3月6日午後6時~10時に、インポッシブル・フーズは世界的に有名なラウパサ・フェスティバル・マーケットで先着500人を対象にその植物由来肉の初の公開プレビューを開催します。料理は、ライ・ヘン・フライド・クワイ・ティオとサニー・ビエット・ベトナミーズ・クイジーヌで提供されます。加えて、一夜限りで屋台の1つがインポッシブルの出店に変わり、パーク・ベンチ・デリのアンドレイ・ソエン・シェフによるインポッシブル・バーガーと、エンプレスのリッキー・レウン・シェフによるニラ入りインポッシブル・クリスピー・パンケーキを提供します。

3月7日から、インポッシブル・フーズの主力商品が、パーク・ベンチ・デリ、スリー・バンズ・キーサイド、ポテト・ヘッド・シンガポール、プリベ・オーチャード、エンプレス、マリーナベイ・サンズのブレッド・ストリート・キッチン・バイ・ゴードン・ラムゼイ、カット・バイ・ウルフギャング・パック、アドリフト バイ デイビッド マイヤーズなど、シンガポールの主要レストランで提供されます。レストランでは、西洋料理とアジア料理から幅広いインポッシブル商品の数々を提供します。

インポッシブル・フーズ創業者のパット・ブラウン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「シンガポール人は素晴らしい料理に恵まれ、夢中になっています。ここの人々は、世界で最も要求の厳しいグルメに数えられます。私は、この地域のシェフらがこの機会に立ち上がり、世界でこれまでで最も想像力豊かなインポッシブル料理を生み出すと確信しています。」

インポッシブル:あらゆる点で優れる

インポッシブル・バーガーは、2016年にシェフのデイビッド・チャンが経営するニューヨーク市のレストラン「モモフク・ニシ」で初めて提供されました。受賞歴のあるレストランから家族経営の食堂や国内初のファストフード・チェーンのホワイト・キャッスルまで、米国では5000軒を超すレストランがインポッシブル・バーガーを提供しています。昨年、インポッシブル・フーズはアジアに進出し、現在は香港とマカオの約150軒のレストランで提供されています。

インポッシブル・バーガーはどんなひき肉料理にも使え、バーベキュー、チャーブロイラー、フラットトップ・グリル、高速オーブン、蒸し器、フライパンで簡単に調理できます。この製品は、グルテン、動物性ホルモン、抗生物質を含みません。また、コーシャ認定とハラル認定を受けています。

4分の1ポンドのインポッシブル・バーガーは、コレステロール0mg、総脂肪量14グラム、240カロリーで、牛ひき肉と同程度の生体利用可能な鉄およびタンパク質を含有しています。(牛由来の従来の「80/20」パティ4分の1ポンドは、コレステロール80mg、総脂肪量23グラム、290カロリーです。)

シンガポールでインポッシブルをさまざまな形で提供

島嶼国のシンガポールは面積が約700平方キロメートルで、世界で最も有名なシェフたちが手がけるものを含め、7600軒以上のレストランがあります。3月7日から、以下の受賞歴のあるレストランがインポッシブルの主力商品の提供を開始します。

パーク・ベンチ・デリでは、高品質食材に特に焦点を当てたサンドイッチを提供します。アンドレイ・ソエン・シェフは、牛ひき肉で作られた既存のパティ・メルトに代わってインポッシブル・パティ・メルト(22ドル)を販売します。

ポテト・ヘッド・シンガポールスリー・バンズ・キーサイド・バイ・ポテト・ヘッドでは、グループ・エグゼクティブ・シェフのアダム・ペニー氏が考案した革新的なハンバーガー、サイドディッシュ、デザートを提供します。両レストランでは、ザ・インポッシブル・ドリーム(27ドル)やインポッシブル・チェダー(23ドル)など、全く新しいハンバーガーを提供します。

プリベ・オーチャードのグループ・エグゼクティブ・シェフのロビン・ホー氏は、ジューシー・ルーシー・インポッシブル・ミートボール・スパゲティー(19ドル)やインポッシブル・サテ・スライダー(15ドル)に加えて、子供向けセット料理としてナッシング・イズ・インポッシブル・ビーフ・チーズバーガーを12ドルで提供します。

アジア文明博物館にあるエンプレスでは、伝統的な中華料理を提供しています。エグゼクティブ・ヘッドシェフのリッキー・レウン氏は、前菜のニラ入りインポッシブル・クリスピー・パンケーキ(6.80ドル)、インポッシブル焼き餃子(6.80ドル)、ブラックペッパー・インポッシブル・ミートボール串(8.80ドル)と、メインのインポッシブル・ミート入り四川麻婆豆腐(18ドル)、インポッシブル・ミートボール入りドラゴンズ・ブレス・フライド・クワイ・ティオ(18ドル)を提供します。

ブレッド・ストリート・キッチン・バイ・ゴードン・ラムゼイは、カジュアルな英国欧州料理を紹介し、エグゼクティブ・シェフのサブリナ・スティルハート氏が率いています。このレストランでは、ザ・インポッシブル・フラットブレッド(24ドル)、ザ・インポッシブルBSKバーガー(25ドル)、ブレッド・ストリート・キッチンの象徴的なビーフ・ウェリントンをアレンジしたザ・インポッシブル・ウェリントン(39ドル)を提供します。

カット・バイ・ウルフギャング・パックは、受賞歴のあるステーキ・レストランのアジア初の店舗です。エグゼクティブ・シェフのジョシュア・ブラウン氏が、代表的なミニ神戸ビーフ・スライダーをリメイクしたザ・インポッシブル・スライダーを考案しました(3個18ドル)。

アドリフト バイ デイビッド マイヤーズは、デイビッド・マイヤーズ氏のアジア・欧州全域での滞在からヒントを得たクリエイティブなカリフォルニア居酒屋メニューを誇ります。エグゼクティブ・シェフのウェイン・ブラウン氏が、ジューシーな植物由来ソーセージのザ・インポッシブル・ソーセージ・ロール(14ドル)を提供します。

インポッシブルは、アジア有数の高級食品輸入販売代理店のクラシック・ファイン・フーズを通じて、シンガポールのレストランで限定的かつ独占的にご利用いただけます。このグループは、調達、輸入、保管、マーケティング、流通を専門とし、2001年からアジア・欧州全域で事業を展開しています。

おいしく、しかも環境負荷が小さい

今年初め、インポッシブル・フーズは国際家電見本市CESで初の製品アップグレードを発表しました。このイベントで、「インポッシブル・バーガー2.0」は最も意外な製品最優秀製品発表食品工学の勝利という見本市の最高の栄誉を獲得しました。

カリフォルニア州レッドウッドシティを本拠とするインポッシブル・フーズは、現代の科学技術を用いて健康的で栄養価の高い食品を生み出し、自然の生態系の回復を支えて持続可能な方法で増加する人口に食糧を供給しています。当社は植物から食肉を作っており、その環境フットプリントは、動物から食肉を得る場合と比べてはるかに小さいものです。

環境影響をごく少なく抑えながら世界的な食肉需要を満たすべく、インポッシブル・フーズは、家畜による壊滅的な環境影響を発生させることなく食肉を作り出す持続可能性と拡張性が極めて高くコストの手頃な方法を開発しました。

2011年の設立直後に、インポッシブル・フーズの科学者は、食肉を調理した時に発生するフレーバーの爆発が1つの分子「ヘム」によるものであることを発見しました。インポッシブル・フーズの科学者は、酵母を遺伝子操作して発酵させ、植物に自然に存在する大豆レグヘモグロビンと呼ばれるヘムタンパク質を生産しました。

インポッシブル・バーガーのヘムは、人が何十万年にもわたって肉で摂取してきた必須のヘムと同じです。しかも、インポッシブル・バーガーは動物由来でなく植物由来であるため、はるかに少ない資源で人々が牛肉に求めるあらゆる要素を提供します。

インポッシブル・フーズについて:

カリフォルニア州シリコンバレーに本拠を置くインポッシブル・フーズは、植物から美味しく栄養価の高い食肉や乳製品を生産しています。しかも、動物由来肉よりはるかに小さな環境負荷で生産しています。当社は非公開企業で、2011年にパトリック・O・ブラウン(M.D.、Ph.D.、スタンフォード大学生化学名誉教授、ハワード・ヒューズ医学研究所の元研究者)が設立しました。投資家には、コースラ・ベンチャーズ、ビル・ゲイツ氏、グーグル・ベンチャーズ、ホライゾンズ・ベンチャーズ、UBS、バイキング・グローバル・インベスターズ、テマセク、セイリング・キャピタル、オープン・フィランソロピー・プロジェクトが含まれます。

詳細情報:
impossiblefoods.com
www.twitter.com/impossiblefoods
www.facebook.com/impossiblefoods
www.instagram.com/impossible_foods

プレスキット:
www.impossiblefoods.com/media

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Rachel Soeharto: rachel.soeharto@impossiblefoods.com +1 310 490 1938
Andrea Seifert: andrea@aka-asia.com +65 8612 9224
Jia En Chan: jiaen@aka-asia.com +65 9389 4813
General Inquiries: ifsg@aka-asia.com +65 6222 6136

情報提供元:
記事名:「インポッシブル・フーズがシンガポールでアジア進出を継続