世界の展開規模を発展させる

米マサチューセッツ州マールボロ--(BUSINESS WIRE)--バックアップ向けインテリジェント・ハイパーコンバージド・ストレージの大手プロバイダーであるエクサグリッド(ExaGrid®)は本日、当社のバックアップストレージソリューションへの需要に対応するために、引き続き世界的拡大を行うと発表しました。当社は市場全体を上回る速さで成長しており、一貫して市場シェアを拡大しています。


エクサグリッドは現在、外交販売拠点を米国とカナダに加え、メキシコ、コロンビア、アルゼンチン、英国、ドイツ、フランス、北欧諸国、ベネルクス諸国、ポーランド、チェコ共和国、スイス、イタリア、スペイン/ポルトガル、トルコ、イスラエル、ドバイ、南アフリカ、オーストラリア、シンガポール、台湾、韓国、香港に構えています。エクサグリッドはほかの国々でも拡大できる立場にあります。エクサグリッドは国際的販売チームを継続的に強化しており、今では世界30カ国以上をカバーしています。当社は今後も世界的リーチの拡大を続け、2020年には50カ国以上をカバーすることを目指しています。より多くの市場へ拡大する取り組みの一環として、エクサグリッドは間もなく、チリ、アルゼンチン、ブラジル、インドネシア、インド、スイス、ギリシャにサポートスタッフを配置します。

エクサグリッドのビル・アンドリュース最高経営責任者(CEO)兼社長は、次のように述べています。「当社は市場で着実に勢いを増してきました。外交販売チームとサポートチームのサービス提供エリアを拡大すれば、顧客基盤が拡大し、より多くの地域に参入できます。世界的な需要増加に後押しされ、当社は販売業者および再販業者と新たな戦略的関係を構築しました。」

エクサグリッドは引き続き、ヴィーム・ソフトウェア、HYCU、ゼルト、ニュータニックスとの戦略的アライアンスパートナー関係を活用し、育んでいきます。エクサグリッドはVeeamON、ZertoCON、Nutanix.NEXTなど、近々開催されるアライアンスパートナーのイベントに参加します。

エクサグリッドは最近、当社オフィスをザ・キャンパス・アット・マールボロ(The Campus at Marlborough, 350 Campus Drive)に移転しました。これは将来的な成長に対応し、増加する品質保証テストで必要なデータセンターのラボスペースを拡大するためです。この場所は、シスコシステムズとEMCコーポレーションの合弁企業であるVCEが以前、本社を構えていましたが、エクサグリッドが引き継ぐことになります。

エクサグリッドが公開している顧客成功事例および企業導入事例は360件を超え、同分野の他の全ベンダーの合計数を上回っています。これらの事例は、エクサグリッド独自のアーキテクチャー手法、差別化製品、比類ない顧客サポートに対する顧客の高い満足度を示しています。顧客は一様に、製品がクラス最高であるというだけでなく、「とにかく仕事をしてくれる」と指摘しています。

エクサグリッドについて

エクサグリッドは、データ重複排除機能、独自のランディングゾーン、スケールアウト型アーキテクチャーを持つバックアップ向けインテリジェント・ハイパーコンバージド・ストレージを提供しています。エクサグリッドのランディングゾーンにより、最短の時間でバックアップと復元を行い、瞬時でVM起動が行えます。スケールアウト型アーキテクチャーには、スケールアウトシステムの完全なアプライアンスが含まれ、データが増大してもバックアップウインドウの長さを固定でき、高額なフォークリフトアップグレードが不要です。当社についてはexagrid.comをご覧になるか、リンクトインで当社と交流してください。エクサグリッドのお客さまによるエクサグリッド体験や、バックアップ時間を大幅に短縮できる理由について確認いただけます。

ExaGridはエクサグリッド・システムズの登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Stacey Foster
ExaGrid
sfoster@exagrid.com
508-898-2872 x0248

情報提供元:
記事名:「エクサグリッドが国際的需要増に対応するために世界的拡大を継続