機能強化されたベンチマークツールにより、最新CPUの能力や要求の厳しいレンダリングタスクの性能測定が可能に

独フリードリヒスドルフ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- プロフェッショナル3Dモデリング、アニメーション、レンダリングソリューションの有力開発企業であるMaxonは本日、 コンピューターハードウエアの能力をベンチマーク測定する業界標準のクロスプラットフォームベンチマークツールについて、最新版Cinebench Release 20が提供可能になったと発表しました。Cinebench R20はCinema 4D Release 20と同じ強力な3Dエンジンを使用してCPUのレンダリング性能を評価します。Cinebench R20は無料です。


Cinebenchは10年以上にわたり、ハードウエア性能を評価するための定番ツールでした。Cinebenchは高度なアルゴリズムを使用してコンピューター上に3次元のシーンを生成します。Cinebenchスコアはシステム管理者が購入を決定する際や、ジャーナリストがハードウエアを評価する際、メーカーが自社の最新製品を最適化する際、消費者が個々のシステムを評価する際に使用されています。

Maxonのデビッド・マクギャヴラン最高経営責任者(CEO)は、次のように語っています。「Cinebench R20は最近のCPUやレンダリング技術の進歩を生かそうという当社の技術的努力を反映しています。Cinebench R20という最新技術でテストすることにより、より高精度のベンチマーク測定が実現し、最近のCPUが要求の厳しいレンダリングタスクで示す性能を反映させることができます。」

Cinebench R20の主なポイント

  • Cinebench R20はR15よりもはるかに大規模で複雑なテストシーンを使用しており、そのレンダリングにはR15の約8倍の計算能力と約4倍のメモリーを必要とします。
  • Cinebench R20は最新のレンダリングアーキテクチャーとしてインテルのEmbreeレイトレーシング技術やAMDとインテルの最新CPUの先進機能を内蔵しており、ユーザーは同じハードウエアで同じシーンを従来の2倍の速さでレンダリングすることができます。
  • Cinebench R20は現在のCPUにも次世代のCPUにもベンチマーク測定に使用できますが、そのためには、CPU負荷が高くてもマシンが安定に動作し、長時間実行するタスクに対してコンピューターの冷却ソリューションが十分に整っており、要求の厳しい実際の3Dタスクをマシンが処理できる必要があります。

価格と提供 / 最低システム要件

Cinebench Release 20はマイクロソフトアップルのアプリストアから入手することができます。

詳細については、Cinebenchのページをご覧ください

Cinebenchの画像

Maxonについて

Maxonはプロフェッショナル3Dモデリング、アニメーション、レンダリングソリューションの開発企業です。MaxonはNemetschek Groupの一員です。

Maxonnのウェブリソース

Maxonについての情報は下記からも入手することができます。

ウェブサイト

ユーチューブ

フェイスブック

インスタグラム

ツイッター

Cineversity

XING

リンクトイン

本リリースに含まれるすべての商標は各所有者の財産です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact
Vicky Gray-Clark
Ambient PR
408-318-1980/vicky@ambientpr.com

情報提供元:
記事名:「MaxonがCinebench Release 20を発表