マンチェスター・シティの選手たちは、それぞれの自国での水問題に注意を喚起し、世界のサッカーファンに水不足や洪水などの緊急の問題を伝える

米ニューヨーク州ライブルック--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- プレミアリーグのチャンピオンであるマンチェスター・シティと、世界有数のウォーターテクノロジー企業であるザイレム(NYSE:XYL)が協力し、緊急の水問題に対する世界の数百万人のサッカーファンの意識を高める「想像以上に身近な問題」キャンペーンを開始しました。最新の国連データによれば、世界の人口のほぼ半分に当たる36億人が、少なくとも年に1カ月は水不足に陥る可能性のある地域に住んでおり、2050年までには、気候変動、需要の増加、汚染された給水などの問題により、50億人を超える人々が水不足に苦しむ可能性があります。クリエイティブなマルチメディア・ストーリーテリングを通して、ザイレムとマンチェスター・シティのイニシアチブは、清潔な飲料水を利用できないことや、厳しさを増す気候パターンの中での対抗力の問題といった深刻な(そして深刻さを増している)水問題に地球上のあらゆる国が直面している様子を視聴者に伝えます。


このキャンペーンは本日、マンチェスター・シティの選手であるセルヒオ・アグエロ、ダビド・シルバ、イルカイ・ギュンドアンが出演するドラマチックな動画の配信により開始されました。象徴的なマンチェスター・シティの更衣室で撮影された「ザ・チェンジング・ルーム(The Changing Room)」では、選手達は、自分達を取り囲むプロジェクションマップのディスプレイに写される恐ろしい未来、すなわち深刻な干ばつや洪水に苦しむ世界の映像に脅かされます。この数週間、Closer To Home(身近な問題)ビデオ・シリーズが、世界が直面するさまざまな水問題に対する意識を高めます。このシリーズでは、マンチェスター・シティの選手たち、マンチェスター・シティ女性チームの選手たち、ニューヨーク・シティFCの選手たちが、それぞれの自国での水の問題について話し合います。ファンの皆さまは、こちらで裏舞台コンテンツを見て水問題を解決する手がかりを学んでください。

ザイレムのパトリック・デッカー社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「社会的価値を創造するザイレムの取り組みの一環として、当社はクリエイティブなパートナーシップを通して、当社の活動範囲を広げ、水に関する世界的な議論を高めています。現実には、世界の水問題がもたらす脅威は、すべての人たちにとってより身近なものになっています。このキャンペーンは、こうした問題と解決策に対する意識を高め、より水の安全が保証された世界を創造しようという意欲を世界のあらゆる年代の人々から引き出します。マンチェスター・シティとの独自のパートナーシップをさらに発展させることをうれしく思っています。このパートナーシップは、サッカーの力を生かして、極めて重大なメッセージを拡散し、最終的には水問題を解決するという当社の使命をさらに推し進めることを目指しています。」

マンチェスター・シティの親会社であるシティ・フットボール・グループのパートナーシップ担当シニアバイスプレジデントであるダミアン・ウィロウビー氏は、次のように述べています。「マンチェスター・シティでは、サッカーを基盤として、世界の人々の生活を向上させることに取り組んでいます。このような重要なキャンペーンをサポートできることをうれしく思っています。」

ザイレムのシニアバイスプレジデント兼最高マーケティング責任者のジョセフ・ヴィシーは、さらに次のように述べています。「このキャンペーン『想像以上に身近な問題』は、水問題とその解決策に関する世界的な議論を推進し、次世代のファンの皆さまの水に対する考え方が変わるよう促すことに重点を置いています。マンチェスター・シティの選手の皆さま、マンチェスター・シティ女子チームの選手の皆さま、そしてニューヨーク・シティFCの支援を得て、私たちは世界の数百万人ものファンに情報を伝え、私たち全員に影響を及ぼす緊急の問題をより多くの人々に伝えるまたとないチャンスを得ました。」

ザイレムは、マンチェスター・シティとの多年にわたるパートナーシップの一環として、最近、同クラブと提携して、インドのバンガロールの地域社会に清潔水の給水塔、WASH教育、スポーツと指導力育成のトレーニングを提供しました。これは、今年5000人以上の子供たちを支援するイニシアチブの一環です。ザイレムが後援する「シティズンズ・ギビング(Cityzens Giving)」プロジェクトである「ウォーター・ゴールズ(Water Goals)」は、マンチェスター・シティの毎年恒例のシティズンズ・ギビング・グローバル・コミュニティー・イニシアチブの6つのプロジェクトの中でトップにランクされ、世界のサッカーファンから45万票以上の票を集めました。バンガロールのウォーター・ゴールズ・プロジェクトは、ザイレムの継続的な社会的影響イニシアチブの一環です。これは、当社のコーポレート・シチズンシップ・プログラムであるウォーターマーク(Waermark)、ならびにザイレムのパートナーであるプラネット・ウォーター財団が実施します。プラネット・ウォーター財団は、給水塔の建設を担当します。

ザイレムについて

ザイレム(XYL)は、世界有数の水技術企業として、世界の水問題に対する革新的な技術ソリューションの開発に取り組んでいます。当社の製品とサービスは、公益事業、工業、住居、商業ビルのサービス現場で水の移動、処理、分析、監視を行い、環境に戻しています。ザイレムは、水、電気、ガス用のスマート計測、ネットワーク技術、高度なインフラ分析ソリューションの主要ポートフォリオも提供しています。当社の約1万7000人の従業員は、包括的で持続可能なソリューションを特定することに特に重点を置いて、幅広い用途の専門知識を生かしています。ザイレムは、ニューヨーク州ライブルックに本社を置き、2018年には52億ドルの売上高を計上し、数多くの市場をリードする製品ブランドを通じて、150カ国以上で事業を展開しています。

ザイレムという名前は古典ギリシャ語に由来し、植物内部で水を運ぶ組織です。これは、自然界に存在する最も優れた水の搬送と当社の事業を結びつけることによって、当社の水を重視した事業のエンジニアリングの効率性を明確に表しています。詳細情報については、www.xylem.comをご覧ください。

ザイレム・ウォーターマークについて

ザイレムのコーポレート・シチズンシップ・プログラムであるザイレム・ウォーターマークは、世界の地域社会のために安全な水資源を保護・提供し、水に関連する問題について人々を教育することに重点を置いて、2008年に開始されました。2016年、ウォーターマークは、世界中で従業員のボランティア活動を中心とした3年間のプログラムを開始しました。これにより、当社コミュニティー内で社会的価値を提供する従業員エンゲージメントの急成長を推進します。

マンチェスター・シティ・フットボール・クラブについて

マンチェスター・シティFCは、1880年にセント・マークス・ウェスト・ゴートンとして創設された英国プレミアリーグのクラブです。1894年に公式にマンチェスター・シティFCとなり、それ以来、欧州カップ優勝杯、3つのプレミアリーグ・タイトル(2012年、2014年、2018年)など5つのリーグ・チャンピオンシップ・タイトル、5つのFAカップを獲得しています。マンチェスター・シティFCは、シティ・フットボール・グループを構成する7チームの1つで、姉妹クラブには、ニューヨーク・シティFCとメルボルン・シティFCがあります。

世界のフットボール界で最も優勝経験の多い監督の1人であるペップ・グアルディオラ監督の下で、当クラブは2003年からシティがホームと呼ぶ壮大な5万5000席のアリーナのエティハド・スタジアムで国内とUEFAチャンピオンズ・リーグのホームゲームをプレイしています。今日、このスタジアムはより広大なエティハド・キャンパス内に位置し、キャンパスにはイースト・マンチェスターの中心部に位置する最先端のパフォーマンス・トレーニングと青少年育成の施設であるシティ・フットボール・アカデミーも含まれます。7000人収容のアカデミー・スタジアムを備えるシティ・フットボール・アカデミーでは、マンチェスター・シティの女子フットボール・クラブとエリート・ディベロップメント・スクワッドも日々の練習とホームゲームの試合を行っています。

詳細については、www.mancity.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Jenny Rider
+1 (914) 246-7184
Jenny.Rider@xyleminc.com

Olivia Dempsey
+353 1 678-9333
Olivia.Dempsey@edelman.com

情報提供元:
記事名:「マンチェスター・シティのスター選手のセルヒオ・アグエロ、ダビド・シルバ、イルカイ・ギュンドアンが、世界の水問題を啓発するザイレムの「想像以上に身近な問題」キャンペーンを開始