映画芸術科学アカデミーが映画制作技術に貢献した3Dモーション・グラフィック・モジュールの初期開発の功績でPer-Anders Edwardsを表彰

独フリードリヒスドルフ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 業界屈指のプロフェッショナル3Dモデリング、ペインティング、アニメーション、レンダリングのソリューション開発会社であるMAXONは、当社の主力プロフェッショナル3Dアプリケーション「Cinema 4D」のMoGraphモジュールが、映画芸術科学アカデミーの技術賞(アカデミー認定証)を受賞したと発表しました。MAXONの主席アーキテクトで受賞代表者であるPer-Anders Edwardsが、2月9日にビバリーヒルズのビバリー・ウィルシャーで開催された本年の科学技術賞授賞式で賞の授与を受けました。


アカデミーの科学技術賞は、映画に多大かつ長期的な形で貢献した発見やイノベーションを成し遂げた個人や企業を称える賞です。コンピューター・グラフィックスの分野でイノベーションを成し遂げてきたEdwardsは現在、MAXONのソフトウエア・アーキテクト兼主席開発者兼デザイナーとしてCinema 4Dの定評あるモーション・グラフィック・ワークフローを手がけています。今回、MoGraphツールセットの初期のデザインと開発に対するEdwardsの貢献が認められ、アカデミーから科学技術賞を授与されました。MoGraphツールセットは「・・・モーションデザイナーが映画のタイトルデザインや作中のユーザー・インターフェースなどに使用される3Dアニメーション・グラフィックを作成するための高速かつスムーズで直感的に操作できるワークフローを備えている」と評されています。

Edwardsは、次のように述べています。「このたび科学技術賞をいただき光栄の至りです。MoGraphツールセットが好評を得ることができたのは、元々私自身の実務上のニーズを満たすものを作ろうという思いがあったことと、モーション・グラフィック・アーティストとしての自身の経験を活かしたことの結果だと思います。それを実現できたのは、MAXONがそのビジョンを揺るぎなく信じ、信頼し、サポートしてくれたおかげです。私のコンセプトの一部はまったく新たなものでしたが、常にCinema 4Dの環境の中にしっかりと根ざしたものであり、異なる環境では実現できなかったでしょう。」

Edwardsは次のようにも述べています。「今回の受賞は、MAXONのすばらしく優秀な開発者たちと熱意に満ちたチームの努力の賜物です。この仲間がいなければ、これほどの高みに到達することはできなかったと思います。とはいえやはり、MoGraphの継続的な成長と成功の真の要因は、いつも私たちを驚かせ、限界に挑戦しようという気にさせてくれる映画制作技術コミュニティーの皆さまの勢いある才能と強い情熱だといえるでしょう。」

MAXONが2006年にMoGraphを発表して以来、MoGraphは、世界中のVFXやアニメーションの制作者にとって、3Dアニメーションやモデリングのコンセプトからプロダクションに至る要求が厳しくスピードが求められる工程に欠かせないツールと評されています。これまでに最高水準の評価を得ている映画の制作を支えており、たとえば2018年のアカデミー視覚効果賞受賞作「ブレードランナー2049」、視覚効果賞ノミネート作品「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、「レディ・プレイヤー1」、作品賞ノミネート作品「ブラックパンサー」など、非常に多くの作品がMoGraphの定評ある信頼性と高速で直感的に操作できるワークフローを頼りに制作されてきました。

イノベーションは当社のソフトウエア開発理念を体現する信頼の印であり続けると、MAXONのデビッド・マクギャヴラン最高経営責任者(CEO)は述べています。

マクギャヴランは次のように述べています。「アーティストが現在の制作現場における複雑な映画視覚効果ワークフローの課題を解決できるよう支援する技術的貢献として当社のMoGraphツールセットが認められ、アカデミーの科学技術賞を受賞したことを非常にうれしく思います。Per-AndersがCinema 4DのMoGraphツールセットについて成し遂げたすばらしい仕事に対して祝福と感謝の言葉を贈るとともに、この栄えある表彰に貢献した会社全体の成果を称えたいと思います。」

画像リンクには以下のページからアクセスできます。
http://bit.ly/2RTkQjp
http://photos.presslist.oscars.org/

MAXONについて

ドイツのフリードリヒスドルフに本社を置くMAXON Computerは、プロフェッショナル3Dモデリング、ペインティング、アニメーション、レンダリングソリューションの開発会社です。MAXONのソフトウエア製品のCinema 4DとBodyPaint 3Dは、さまざまな賞を受賞しており、大ヒット映画の驚くようなVFX、TV番組やCM、最新のAAAゲームのゲームシネマティック、医療用イラスト、建築、工業デザインなど、幅広い分野で使用されています。MAXONは、ドイツ、アメリカ、イギリス、カナダ、フランス、日本、シンガポールにオフィスを持っています。MAXON製品は、直接ウェブサイトと各国の代理店から提供されています。MAXONは、Nemetschek Groupの一員です。

MAXONに関する詳細情報は、以下のページで入手できます。
ウェブサイト:http://www.maxon.net/
シネバーシティー:http://www.cineversity.com/
フェイスブック:https://www.facebook.com/maxon3d
ツイッター:https://twitter.com/maxon3D
ユーチューブ:https://www.youtube.com/user/MaxonC4D
リンクトイン:https://www.linkedin.com/company/791366
インスタグラム:https://www.instagram.com/maxonc4d/

ここに含まれるすべての商標は、それぞれの所有者の財産です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact
Vicky Gray-Clark / Ambient PR
408-318-1980 / vicky@ambientpr.com

情報提供元:
記事名:「MAXONのCinema 4D MoGraphツールセットがアカデミー科学技術賞の認定証を獲得