ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --特別目的買収会社のユニオン・アクイジション(NYSE: LTN)(UAC)は、発表済みのバイオセレスとの事業統合に関して議決するための臨時株主総会(臨時総会)の日を2019年2月27日(水)に設定しました。臨時総会の日付は、2019年2月7日に証券取引委員会(SEC)に提出されたUACのフォームS-4による登録届出書の発効前修正第1号の中で既に開示されていました。臨時総会は、現地時間午前10時00分にアーノルド&ポーター・ケイ・ショーラーの事務所で行われます。事務所の所在地は、250 West 55th Street Avenue, New York, New York 10019です。臨時総会の通知受領と議決の権利を持つ人の基準日は、2019年2月7日です。UACは、事業統合および臨時総会に関する正式委任状説明書/目論見書と関係情報を2019年2月11日前後に郵送する見込みです。


議決権を確実に行使する方法

証券保有者の皆さまに対して、UACは、信用口座のような証券の貸し出しが認められている口座から、現物口座や分離口座のような証券の貸し出しが認められていない口座に証券を移すことを推奨いたします。そうすることで、株主が受益所有している普通株式に関する議決権が適切に認められるようにすることができます。貸し出されている普通株式(受益所有者が知らない間に貸し出されている場合もあります)の受益所有者は、その株式の議決権を行使することが認められません。

ユニオン・アクイジションについて

ユニオン・アクイジションは、企業や事業体の合併、株式交換、資産取得、株式取得、資本再編、組織再編、その他の事業統合を行うことを目的に設立されたブランクチェック会社です。UACによる有望な候補事業の発掘は、特定の業界または地域に限定されませんが、中南米の候補事業に重点を置いています。当社は、当社取締役会長でユニオン・グループ・インターナショナルの会長、創業者のファン・サルトーリ、および当社最高経営責任者(CEO)でアトランティック・パシフィック・キャピタルのパートナーを務めるカイル・P・ブランスフィールドが指揮します。

将来見通しに関する記述

本リリースには、1995年米国証券民事訴訟改革法の「セーフハーバー」条項の意味での「将来見通しに関する記述」が含まれています。将来の見通しに関する記述は、「予測する」、「意図する」、「努める」、「目標とする」、「見込む」、「考える」、「予想する」、「見積もる」、「計画する」、「見通しを立てる」、「推定する」などの語や、将来の出来事や動向を予測または示唆する、あるいは過去の事実の記述ではないその他の同様の表現で特定することができます。このような将来予想に関する記述には、見積財務情報が含まれます。UAC、バイオセレスまたは事業統合完了後の合併後企業の売上高、利益、業績、戦略、見通しおよびその他の側面に関するこのような将来予想に関する記述は、現在の予想に基づいたものであり、これは既知および未知のリスクと不確実性の影響を受け、実際の結果や成果がこのような将来見通しに関する記述で明示的または暗示的に示された予想と大きく異なるものになる可能性があります。これらの要因には、(1)事業統合案に関連して締結された株式交換契約(以下「本交換契約」)およびこれに基づく事業統合案の解消につながる可能性のある出来事、変更またはその他の状況の発生、(2)株主の承認が得られない、あるいは株式交換契約締結の他の条件が満たされてないために、本交換契約により企図された取引を完了できないこと、(3)ニューヨーク証券取引所の上場基準を継続的に満たすUACの能力、(4)本交換契約に記載された取引の発表および完了の結果、事業統合案によりバイオセレスの現在の計画と事業が妨害されるリスク、(5)事業統合案で予想される利益を生み出す能力(特に競争の影響を受ける可能性がある)、合併後企業が成長し、利益を上げながら成長を管理し、顧客およびサプライヤーとの関係を維持し、経営陣と重要な従業員を維持する能力、(6)事業統合案に関連する費用、(7)適用法令の変更、(8)バイオセレスが他の経済、事業、および/または競争の要因により悪影響を受ける可能性、(9)事業統合案に関連するUACの正式登録届出書およびこれに含まれる委任勧誘状/目論見書(「リスク要因」の項目を含む)、およびUACがSECに提出したあるいは今後提出するその他の文書に記載されたその他のリスクおよび不確実性などがありますが、これらに限定されるものではありません。投資家の皆さまは、将来見通しに関する記述を過度に信用しないように注意してください。これらは本リリースの発表時点での記述です。UACおよびバイオセレスは、新たな情報、今後の出来事などが発生した場合でも、将来見通しに関する記述を更新または改訂する義務を一切負いません。投資家の皆さまは、本書に記載されている想定について、自身で適正評価を行ってください。本リリースに記載された将来見通しに関する記述は、このリリース発表日のみでの記述です。UACは、以前の将来見通しに関する記述を自発的に更新することがありますが、適用証券法で義務付けられた場合を除き、新たな情報、今後の出来事、前提条件の変更などが発生した場合でも、将来見通しに関する記述を更新する義務を負いません。

追加情報および掲載場所

バイオセレスとUACの間の事業統合案に関連して、UACはSECにフォームS-4による登録届出書、仮委任状説明書/目論見書、正式委任状説明書/目論見書(その一部を構成)を提出しました。UACの株主とその他の利害関係者は、仮委任勧誘状/目論見書(その修正を含む)、ならびに本事業統合案の承認のために開催されるUACの臨時株主総会の委任状勧誘に関連する正式委任勧誘状/目論見書を読んでください。委任勧誘状/目論見書には事業統合案、UAC、バイオセレスに関する重要な情報が記載されています。正式委任状説明書/目論見書は、2019年2月11日前後に基準日付けでUACの株主に郵送されます。

また、株主は、仮および正式登録届出書の写しをSECのウェブサイト(http://sec.gov)から無料で入手できます。あるいは、Union Acquisition Corp., 444 Madison Avenue, Floor 34, New York, NY 10022まで請求してください。UACの株主は、これらの文書や、UACおよびバイオセレスに関する重要情報を含むその他の文書の写しを、SECへの提出が行われ次第、無料で入手できるようになります。

申し出および勧誘の否定

本発表は情報提供のみを目的としたものであり、本取引案や他の規定に従い、いかなる管轄区でも、いかなる証券の売出し申し出、買付申し出の勧誘や、議決権の勧誘に該当するものではありません。また、いかなる管轄区域においても、当該管轄区域の証券法により登録または認可前のこのような申し出、勧誘または売り出しが違法とされている場合、これらの証券を販売することはできません。1933年証券法第10条(修正を含む)の要件を満たす目論見書に基づいて行われる場合を除き、いかなる証券の売出しも行うことはできません。

勧誘への参加者

UACおよびその取締役、最高責任者、株式新規公開前の特定の株主、さらにはその経営陣、従業員、アフィリエート、バイオセレス、その取締役および経営陣の構成員は、事業統合案に関連するUAC株主からの委任状勧誘における参加者とみなされる可能性があります。株主の皆さまは、事業統合案に関する登録届出書を慎重に閲覧することが勧められています。これは、SECの規則に基づいて事業統合案に関するUAC株主の勧誘の参加者とみなされる可能性がある人に関する情報のほか、UACの経営幹部および取締役に関する情報を含む重要な情報を登録届出書が含んでいるからです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

UAC:
Kyle Bransfield, Chief Executive Officer, UAC
+1 212 981 0633
kbransfield@apcap.com

情報提供元:
記事名:「ユニオン・アクイジション、臨時株主総会の日付と基準日を発表