エクサグリッドは進展を見せるアメリカンスタンダードのIT環境に逐一対応

米マサチューセッツ州マールボロ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- バックアップ向けインテリジェント・ハイパーコンバージド・ストレージの大手プロバイダーであるエクサグリッド(ExaGrid®)は本日、当社が2009年から一貫してアメリカンスタンダードに高速で信頼性の高いデータバックアップ・復元機能を提供し、同社のIT環境の発展とデータの大幅な増加を支えてきたことを発表しました。



LIXIL(リクシル)の子会社であるアメリカンスタンダードは、140年以上にわたりキッチン・浴室向けの住居用・商業用製品の革新と開発を手掛けてきました。

アメリカンスタンダードは、10年近くにわたりエクサグリッドのシステムにデータをバックアップしてきました。アメリカンスタンダードが住宅・ビル用の資材、製品、サービスを提供する世界的リーダー企業で東京に拠点を置くリクシル・ウオーター・テクノロジー・アメリカズ(LWTA)によって買収された結果、IT環境の発展とデータ量の大幅な増加を経験する中、エクサグリッドは同社のバックアップの効率性と信頼性を維持してきました。アメリカンスタンダードの主席情報技術エンジニアであるテッド・グリーン氏は、「買収以来、当社のデータはほぼ年20%のペースで増加しています。LIXILはその後も他の企業の買収を続けており、そうした買収企業のデータも当社の環境に移行されるため、データ量の大幅増となっているのです」と述べています。

エクサグリッドのデータ重複排除技術により、アメリカンスタンダードのデータセンターではディスク領域が最大限に確保され、ラックスペースを削減できました。アメリカンスタンダードのITサービス担当マネジャーを務めるSteve Pudimott氏は、「エクサグリッドの製品はバックアップストレージの設置面積を削減する上で非常に効果があり、ディスク領域を最大限に確保することができています」と述べています。またグリーン氏は「それまではエクサグリッド製品用に専用ラック1台を使うのが常でした。それが今、本番環境のデータセンターでは半ラックに縮小しています。かなり大きな削減です。コロケーションで利用しているためデータセンターの電気代を支払うのですが、ラックを縮小できたおかげでコストを削減できました。重複排除技術がなければ、おそらく今頃は2ラックをゆうに超える分が必要になっていたでしょうが、実際には1ラックからわずか半ラックにまで削減することができたのです。エクサグリッドのアプライアンスの最近の機種はかなり小型で低背になっているため、そのこともラックスペースの削減につながりました」とも述べています。

先日、アメリカンスタンダードは同社環境の仮想化を決断し、多くの部分をヴイエムウェアに移行して、仮想バックアップ管理のためにヴィームをインストールしました。エクサグリッドの製品は、アメリカンスタンダードが仮想環境のバックアップに使用するヴィームや仮想化していない物理サーバーに使用するベリタスのNetBackupを含め、特によく使用されるバックアップアプリケーションすべてとシームレスに統合できます。グリーン氏は「仮想化を行ったとき、ヴィームに対応するようシステムを設定する作業をエクサグリッドの担当サポートエンジニアがサポートしてくれ、とてもスムーズに行うことができました。先日、当社サーバーのうちの1台にベリタスのNetBackup 16をインストールしたときには、エクサグリッドと連携させるための設定はわずか10分で完了しました。NetBackupのOSTと連携させるためのエクサグリッドのプラグインは、優れた機能で、おかげでバックアップが格段に高速になりました」と述べています。

最初のエクサグリッド製システムを初めて設置して以来、グリーン氏はエクサグリッドの下取りプログラムを活用してきました。旧機種のアプライアンスを割引価格で新機種と交換できるプログラムです。「最初にエクサグリッド製品を設置したときから本番環境サイトでも災害復旧用サイトでも容量が3倍とはいかないまでも2倍に増加したため、これまでに複数のアプライアンスを増設しました。エクサグリッドの営業チームおよび顧客サポートチームと一緒に仕事ができることが、私たちがエクサグリッド製品をかなり長期にわたって使用し続けている主な理由です。」

エクサグリッド製品を使用したアメリカンスタンダードの体験の詳細については、アメリカンスタンダード顧客成功事例の全文をご覧ください。

エクサグリッドが公開している顧客成功事例および企業導入事例は360件を超え、同分野の他の全ベンダーの合計数を上回っています。これらの事例は、エクサグリッド独自のアーキテクチャー手法、差別化製品、比類ない顧客サポートに対する顧客の満足度を示しています。顧客は一様に、製品がクラス最高であるというだけでなく、「とにかく仕事をしてくれる」と指摘しています。

エクサグリッドについて
エクサグリッドは、データ重複排除機能、独自のランディングゾーン、スケールアウト型アーキテクチャーを持つバックアップ向けインテリジェント・ハイパーコンバージド・ストレージを提供しています。エクサグリッドのランディングゾーンにより、最短の時間でバックアップと復元を行い、瞬時でVM起動が行えます。スケールアウト型アーキテクチャーには、スケールアウトシステムの完全なアプライアンスが含まれ、データが増大してもバックアップウインドウの長さを固定でき、高額なフォークリフトアップグレードが不要です。当社についてはexagrid.comをご覧になるか、リンクトインで当社と交流してください。エクサグリッドのお客さまによるエクサグリッド体験や、バックアップ時間を大幅に短縮できる理由について確認いただけます。

ExaGridはエクサグリッド・システムズの登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Stacey Foster
ExaGrid
sfoster@exagrid.com
508-898-2872 x0248

情報提供元:
記事名:「データ増加によりストレージ必要量が3倍近く増大する中、アメリカンスタンダードがエクサグリッドのスケールアウト型アーキテクチャーを活用