英ミルトンキーンズ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界的仮想通貨のFuturoCoin(FTO)は、アストンマーティン・レッドブル・レーシング(RBR)フォーミュラワン・チームのパートナーとなる2年契約を締結しました。



このパートナーシップは、国際的モータースポーツの頂点にあるフォーミュラワンのチームで仮想通貨がスポンサーを務める初めての出来事となり、仮想通貨業界の発展における新たな大きな一歩となります。

FuturoCoinのブランドは、ドライバーのMax VerstappenとPierre Gaslyが運転するアストンマーティン・レッドブル・レーシングRB15 F1車に表示されます。当社のロゴは、ドライバーのオーバーオールとチームの移動車にも表示されます。

2017年にRoman ZiemianとStephan Morgensternによって設立されたFuturoCoinは、オープンソースのコードをベースとした脱集中化暗号通貨です。最大供給数は1億FTOとなっており、全数のマイニングが終わるには約10年がかかると推定されています。

この取引は、設立者のRoman Ziemianがモータースポーツに対して持っている情熱が原動力となっており、2019年と2020年のF1シーズンが対象となります。Ziemianは、こう語っています。「仮想通貨とフォーミュラワンはよく似たところがあり、価値観もかなり似ています。つまり、スピード、テクノロジー、そして時代の先を歩むということです。」

「私はモータースポーツの大ファンであり、F1には常に気を引かれていました。このスポンサーシップは、当社にとって期待のかかる新たな段階であり、当社がFuturoCoinの認知度を高めていくための世界的プラットフォームとなります。」

アストンマーティン・レッドブル・レーシング・チーム・プリンシパルのChristian Horner氏は、このように述べています。「近年におけるブロックチェーン技術と仮想通貨の盛り上がりには、実に見事なものがあります。私たちは、FuturoCoinとのパートナーシップを通じてその流れを認知する初のフォーミュラワン・チームとなることをうれしく思います。安全なデジタル通貨は技術的発展の最先端にあり、この変革に参加できることに大きな期待を感じています。」

FuturoCoinの運営会社の最高経営責任者(CEO)を務めるPaulina Woźniakは、こう語っています。「当社は、FuturoCoinがF1自動車に表示される世界初の仮想通貨になることに大きな誇りを感じます。さらに、世界的に認められている高名なブランドであるアストンマーティン・レッドブル・レーシングに協力できることを楽しみにしています。」

アストンマーティン・レッドブル・レーシングは、2010年から2013年まで4年連続でF1コンストラクターズ・チャンピオンシップとドライバーズ・チャンピオンシップで優勝しました。グランプリ優勝59回という記録は、コンストラクターの中でF1史上第6位です。

2019年の21ラウンド・フォーミュラワンのシーズンは、3月14日~17日のオーストラリアGPで始まります。

https://www.youtube.com/watch?v=Rm10e_hT06Q&feature=youtu.be

以上

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Szczepan Radzki
szczepan.radzki@devgrucomms.pl

情報提供元:
記事名:「FuturoCoinがF1初の仮想通貨スポンサーとしてアストンマーティン・レッドブル・レーシングのパートナーに