ADFDは1979年以来、約2億5300万UAEディルハムを教育、医療、水道、エネルギー、インフラ部門の開発プロジェクトに配分

アラブ首長国連邦アブダビ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アブダビ開発基金(ADFD)は本日コモロ政府との間で、コモロ政府が進める各種の開発プログラムとプロジェクトに対するADFDによる1億8400万UAEディルハム(5000万米ドル)の資金提供を定めた覚書を正式なものにしました。



コモロのアザリ・アスマニ大統領が署名式に出席し、ADFDのムハンマド・サイフ・アル・スウェイディ総裁とコモロのモハメド・エル・アミン・スエフ外務・国際協力・仏語圏・在外コモロ人担当大臣閣下が署名しました。署名式には、両国の政府高官と上級代表者も出席しました。

署名式はコモロの首都モロニへのUAE代表団の訪問に合わせて行われました。訪問は、経済・貿易・投資・開発に関するあらゆる領域での二国間の相互協力を促進する方法についての議論を目的としたものです。

署名式で、UAEエネルギー産業大臣でUAE代表団長のスヘイル・モハメド・ファラージ・アル・マズルーイ閣下(Eng.)は、次のように述べました。「UAEの賢明な首脳陣の指示によるこの覚書は、コモロにおける重要な開発プロジェクトへの資金提供、および持続可能な社会・経済的発展の実現に取り組むコモロ政府の支援を目的としています。」

ADFDのムハンマド・サイフ・アル・スウェイディ総裁は、基金の最優先事項は、コモロの持続可能な成長の実現を支える開発資金の提供であり、これまでにコモロ政府が医療・教育・輸送・水道・電気などの主要分野で経済・開発上の課題を克服するための支援として多額の助成金を支出してきたことを述べました。

モハメド・エル・アミン・スエフ閣下は、UAEのコモロに対する継続的な支援に感謝を述べ、この助成金により政府は国内の経済と社会の発展を推進することが可能になると強調しました。

アブダビ開発基金(ADFD)のコモロでの活動は1979年に遡り、基金は戦略上重要な分野での複数の開発プロジェクトに、およそ2億5300万ディルハムに及ぶ資金を提供してきました。

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

UAE Ministry of Interior’s General Secretariat
Security Media Department

Raed Al Ajlouni, +971504702790
Or
Amanda Ayass, +971567225338
press@securitymedia.ae
Follow us on: Twitter | Facebook | YouTube | Instagram

情報提供元:
記事名:「アブダビ開発基金がコモロの開発プロジェクトに1億8400万ディルハムを確保