新しいHoloParkingシステムが駐車に当っての時間を節約し、煩わしさを軽減

北京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- ベロダイン・ライダーは、HoloMatic(禾多科技)の新しい自律運転技術に業界有数のライダーセンサーを供給し、時間のかかる駐車スペース探しという負担から利用者を解放します。HoloMaticのHoloParkingと呼ばれるシステムは、中国初のスマート・バレーパーキング・ソリューションで、どのような天候条件下でも年中24時間体制で運用できます。



HoloParkingは、駐車支援システムとは異なり、車を駐車スペースのそばまで運転する必要がありません。ドライバーはその代わりに、駐車場の入り口で停車して降車できます。そうすると、車はHoloParkingを使って駐車スペースを探し、人間の指示なしに、駐車の作業を完了します。受け取りの際は、戻ってきたドライバーが遠隔からシステムを始動させると、車が駐車スペースから乗車場所まで、自動走行します。このプロセスの間、ドライバーは駐車場に入る必要がありません。

HoloParkingは、周囲環境について高解像度の三次元情報を提供するベロダイン製スマートライダーセンサーを使用して、幅広いシナリオで秀でた性能を発揮します。低照度環境、人と車で混雑する複雑な駐車場、悪天候に関係なく機能することで、HoloParkingは安全で信頼性に優れた自律駐車サービスを利用者に提供します。

HoloMaticの創業者で最高経営責任者(CEO)のKai Ni博士は、次のように述べています。「ほとんどすべてのドライバーが、駐車スペースを延々と探して、時間のプレッシャーを感じたり、約束の時間に間に合うか不安になったりという、ぞっとする経験をしています。HoloParkingによって、駐車プロセスが簡単になり、ドライバーはストレスから解放されます。ベロダインの業界有数のライダーセンサーのおかげで、HoloParkingシステムは複雑な構造の駐車場や悪天候、車の周りにある人や物体という条件を切り抜けることができます。」

今年から上海での本格展開を皮切りに、HoloParkingの商用化を中国の一部都市で開始します。2020年までに、HoloParkingを20以上の都市で展開し、各都市で少なくとも20以上の駐車場で導入する計画です。

ベロダイン・ライダーのアジア太平洋地域担当エグゼクティブディレクターのWei Wengは、次のように語っています。「HoloMaticは、降車から受け取りまで、あらゆる天候下で24時間運用できる革新的な自律運転ソリューションを開発しました。HoloParkingシステムは、ベロダインの充実したコンピューター認識データをフル活用し、車が駐車スペースまでの最も安全な道筋を決定できるようにしています。」

ベロダイン・ライダーについて

ベロダインは、自律性と運転支援のための最もスマートで強力なライダーソリューションを提供しています。1983年に設立され、カリフォルニア州サンノゼに本社を構えるベロダインは、画期的なライダーセンサー技術のポートフォリオで世界的に知られています。2005年にベロダインの創業者で最高経営責任者(CEO)のデビッド・ホールが、リアルタイム・サラウンドビュー・ライダー・システムを発明し、自動車、新しいモビリティー、マッピング、ロボット工学、セキュリティーなどの分野で認知と自律性の機能に革命をもたらしました。ベロダインの高性能製品ラインには、コスト効果の高いPuck™、汎用のUltra Puck™、L4-L5レベルの自律性に対応したAlpha Puck™、超広視野角のVelaDome™、ADAS向けに最適化されたVelarray™、画期的なドライバー支援ソフトウエアのVella™を含め、広範な検知ソリューションがあります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

David Cumpston
Landis Communications for Velodyne Lidar, Inc.
(415) 902-4461
velodyne@landispr.com

情報提供元:
記事名:「HoloMaticがベロダインの技術を活用して新しい自律的バレーパーキング・ソリューションを発表