韓国ソウル--(BUSINESS WIRE)--lt;a href="https://twitter.com/hashtag/Hyosung?src=hash" target="_blank"gt;#Hyosunglt;/agt;--(ビジネスワイヤ) -- マサチューセッツ工科大学(MIT)教授陣とグローバルスタートアップ企業6社が麻浦にある暁星(KRX:004800) 本社を訪問し、産業学際会(Industrial Liaison Program)の「MIT ILP セミナー」を開催した。



セミナーで MIT材料科学工学部ポーリナ・アニキバ(Polina Anikeeva)教授は神経系疾患の治療に使用できるナノ光ファイバーについて講義した。また、ラファエル・ゴメス・ボムバレリ(Rafael Gomez-Bombarelli)教授はビッグデータとAIを活用して新素材を開発する方法について発表した。グローバルテックスタートアップ企業のプリボ・テクノロジーズ(Privo Technologies)、アフェクティバ(Affectiva)、リキッドピストン(Liquid Piston)、オサロ(Osaro)、シルバースレッド(Silverthread)、カタログ(Catalog)など6社は各社を成長に導いた先端技術を紹介した。

MIT産業学際会とセミナーは趙顕俊(チョ・ヒョンジュン)会長の技術経営哲学を基にして実施されることになった。趙会長は既存の主力事業分野とビッグデータを中心としたITソリューションなどの先端技術を結合させて、新しい未来成長動力を育成するために努力してきた。特に、顧客満足を高めるためには最終製品の源泉である技術部門において継続的な革新が必要であると強調してきた。

昨年、暁星TNC(株)は系列社のIT専門企業である暁星ITXとIoT(モノのインターネット)技術やビッグデータ分析、スマートセンサーなどICT 技術を融合させた製造工程の効率化プログラムを開発した。暁星重工業(株)でもICT技術を融合させた変電所資産管理ソリューション(AHMS:Asset Health Management Solution)を開発し、ビッグデータ技術によって設備の異常兆候を事前に捕捉することができるようにした。

趙顕俊(チョ・ヒョンジュン)会長は「暁星は源泉技術の確保と技術革新を目標に掲げてきた企業である。未来には技術革新と共に境界線を引かずに技術を融合することが成長動力の重要な軸になるであろう」と述べた。「世界最高の大学者及び研究陣と定期的なセミナーを開催して趨勢を牽引することができる技術交流を継続して、暁星の源泉技術と協業によって暁星を百年企業とする責任を担うために新たなビジネスモデルも創出する計画である」と付け加えた。


Contacts

Hyosung Corporation
HEESEON CHLOE PYO, +82-2-707-7337
chloe.pyo@hyosung.com

情報提供元:
記事名:「暁星チョ・ヒョンジュン会長、米国MITの革新的技術による新規ビジネスの発掘を模索