東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 東芝デバイス&ストレージ株式会社は、このたび、車載ボディ系ネットワークであるLIN 2.0(Local Interconnect Network)のマスターと通信可能なLINスレーブ機能を搭載した、DCモータドライバ「TB9058FNG」のサンプル出荷を開始しました。2019年12月から量産出荷を開始する計画です。



新製品は、外部からのLIN信号によりモータの回転目標の位置データを受信し、回転目標までモータを駆動します。

拡張チェックサム対応[注1]のLIN通信機能と、H-Bridgeモータドライバをハードウェアのロジック回路で制御するため、ソフトウェア開発が不要です。さらに、過電圧、過電流、過熱の検知機能を搭載しているため、異常状態での動作継続を回避できます。

動作温度は-40~125℃を確保し、車載用電子部品認定規格「AEC-Q100」への適合を予定しています。

新製品の特長

  • フルハードウェア構成による簡単な制御
    - ソフトウェア開発不要、LIN通信によるモータ制御可能
  • 業界最低レベル[注2]のオン抵抗と消費電流
    (車載HVACダンパー調整用ドライバ基準)
    - オン抵抗(上下和):2.2Ω(typ)、消費電流:10μA以下(スリープモード)
  • 1BUS上に16個のスレーブ接続
    - 端子切り替えにより16個のNode IDを設定可能
  • 各種異常検出機能、フラグ出力機能付き
    - 過電圧検出、過熱検出、過電流検出

主なアプリケーション

  • 車載HVACダンパー調整用
 

新製品の主な仕様

 
品番  

TB9058FNG

通信方式

LIN1.3+拡張チェックサム

通信速度 19,200 / 9,600 / 4,800 / 2,400 bps (端子切り替え)
ドライバ DCモータドライバ(H-bridge) 1ch
オン抵抗

上下和=2.2Ω(typ)@25℃

出力電流 0.3A
消費電流 10μA以下(スリープモード)
異常検出機能 過電圧検出、過熱検出、過電流検出
動作電圧範囲

7V~18V(絶対最大定格:40V)

動作温度

-40~125℃

パッケージ SSOP24-P-300-0.65A

7.8mm x 7.6mm

信頼性 AEC-Q100に準拠予定
予定量産時期   2019年12月
 

[注1] 拡張チェックサム:LIN2.0以上のチェックサム方式
[注2] 2019年1月31日現在、当社調べ。

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
システムLSIマーケティング第三部
Tel: 044-548-2190
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


Contacts

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:
東芝デバイス&ストレージ株式会社
デジタルマーケティング部
長沢千秋
Tel: 03-3457-4963
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp

情報提供元:
記事名:「東芝:車載用LIN搭載のDCモータドライバICサンプル出荷開始について