「未来の工場」はブルックリン・ネイビー・ヤードに基盤を築く

ニューヨーク市ブルックリン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- AI強化型工業検査・自動化技術の革新企業ナノトロニクスは本日、ブルックリン・ネイビー・ヤードの由緒あるビルディング20にナノトロニクスの主力製品センターを拡張する計画について発表しました。今回の拡張により、国内市場と国際市場の両方において、ナノトロニクスのAI強化型工業検査システムと新たな工場管理製品に対する需要増加に対応できるようになります。ネイビー・ヤードが都市部の製造拠点として活性化する中、ナノトロニクスは支え役になりたいと考えています。3万4000フィートの施設は1140万ドルの建設費が予想され、200人近くの工場関連雇用を生み出します。



ナノトロニクスの創業者で最高経営責任者(CEO)のマシュー・パットマンは、次のように述べています。「当社の製品は今日の技術の融合を生かして、明日のインフラを支えます。この新施設はニューヨーク市の中心に位置しますが、ナノトロニクスの創意の伝統をさらに積み重ねるものであり、産業と製造を私たちのブルックリン地区の基盤として再び組み入れることに貢献します。」

ビルディング20はライフサイエンス、半導体およびMEMSデバイス、航空宇宙、自動車、積層造形、量子コンピューターの分野における提携産業を引き付けることで、成長と雇用を促進するためのエコシステムを発展させていきます。ナノトロニクスは地域の教育、技術、職業訓練のプログラムに参画して、コミュニティーアクセスを確保します。

ニューヨーク市中小企業局の製造・産業革新協議会のミケーラ・クレイター事務局長は、次のように述べています。「ナノトロニクスが生み出すツール、機会、技能は、新世代の人材に対して、産業4.0時代に都市部のコミュニティーがどのように変革するかのモデルを提示します。私たちは、Apprentice NYCの活動との連携を継続することで、この非常に大きな機会を活用して成功するための跳躍台を地域社会の皆さまに提供していきたいと思います。」

このビルディングは「未来のアクセス」を確保するための真剣な活動に一貫して取り組むナノトロニクスの象徴となるでしょう。AIとコンピューターの科学者、化学者、物理学者が熟練職人と一緒に働きます。製品は1つの建屋で発明・設計・製造していきます。ビルディングのデザインはニューヨークを拠点とする建築・都市計画事務所のロジャース・パートナーズが主導し、工場の小規模化、廃棄物の削減、研究開発から生産までのルートの迅速化、生産力の向上を取り混ぜた産業理念を形にします。

ヨーク・インスツルメントの会長でナノトロニクスへの投資家のクレイグ・シャペロ氏は、次のように述べています。「ナノトロニクスは極めて独創的な技術とパートナーの磁石としての役割を果たしています。この新施設は間違いなく旗艦工場として機能し、まったく新しい製造の理念と次世代の工場プラットフォームの到来を告げ、あらゆる産業がこれらを見習うことになるでしょう。」

ナノトロニクスの工場は都市それ自身を映したものとなり、対話・協業・自発的活動を通じて発明を育みます。建設は2019年第1四半期に開始することになり、竣工は2019年第4四半期の見込みです。

ナノトロニクスについて

ナノトロニクスは、1つの建屋で製品を発明・設計・製造する未来の工場を実現するための産業プラットフォームを実現します。ナノトロニクスはAIその他の先進技術を活用しながら、研究開発から生産までを迅速化しながら、廃棄物を削減し、小規模化した工場を創出します。そこではコンピューター科学者、化学者、物理学者が熟練職人と一緒に働きます。ナノトロニクスはナノテクノロジー、半導体、航空宇宙、医療の分野における最も先進的な製造業者のための工業検査法の革命に取り組んできた伝統を基盤に、製造プロセスのあり方を塗り替える活動の最前線に位置しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For Press Inquiries:
Gaston Terrones Dimant
press@nanotronics.co
+1 (347) 244-9866

情報提供元:
記事名:「ブルックリン・ネイビー・ヤードがナノトロニクス拡張の場所に選ばれる