米カリフォルニア州サンタクララ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- Apache Cassandra™を基盤とする、ダウンタイムなく全系統をアクティブに運用することが可能な分散型ハイブリッドクラウドデータベースを提供するリーディングカンパニーのDataStax(データスタックス)は 、DataStax Enterprise(データスタックス・エンタープライズ:DSE)について、日立製作所とOEM契約を締結したと発表しました。この提携により、モノのインターネット(IoT)データによって製造プロセスを最適化する日立のソリューション「IoTコンパス」を通じて、DSEを日本に展開していきます。


日立のLumadaソリューションの一つであるIoTコンパスは、製造業界でのIoTを活用したデジタル変革に向け提供されています。本ソリューションはDSEとDSE Graphを活用して、製造プロセスと業務プロセスのサイロ化されたさまざまなデータを統合します。また、DSE Graphを活用して、工場や倉庫のIoTデータを活用するため、製造プロセスとデータの関係を示すデジタル複製を構築します。

また日立は日立独自のデータモデルを構築し、DSE Graphを基に、製造業務を視覚化・合理化できるようにしました。これらの技術により、生産順序最適化、サプライチェーン最適化、製品トレーサビリティー、製品計画最適化などのソリューションの実現を支援します。

DataStaxのグローバルビジネス開発担当バイスプレジデントのマット・ローレンダーは、次のように述べています。「日立と提携し、DSEの力をさらに多くの日本企業に提供できることをうれしく思います。日立のIoTコンパスのように強力なソリューションは、タウンタイムなくリアルタイム運用が可能な分散型クラウドデータベースが必要ですが、最も重要なのはDataStaxが提供する専門技術と支援体制です。当社は日立と協力し、製造業界のデータベースのニーズに取り組むことに、期待を感じています。」

日立のIoTコンパスは、人工知能(AI)による分析やシミュレーションを継続的かつタイムリーに実施できるようにして、製造における生産プロセスの最適化を支援します。本ソリューションは鋳造、プレス加工、溶接、塗装、組み立てなどさまざまな製造生産プロセスのサイロ化されたデータを定義してつなぐことで、データの抽出と分析を行い、データの関係性を見つけられるようにします。

DSEは、ダウンタイムなく全系統をアクティブに運用することが可能なクラウドデータベースであり、Apache Cassandraを基盤としています。検索、分析、開発者向けツール、運用管理がすべて、統一的なセキュリティーモデルのもとに統合化されています。企業は、 DSEの追加機能であるDSE Graphにより、つながっているデータ同士の隠れた関係性を特定して、分析し、強力なアプリケーションを開発できます。DSE Graphは、大規模かつ複雑で多数の関係性を持つエンタープライズ規模のデータセットを処理できます。

日立のIoTコンパスは、DSEとDSE Graphをデータ層として持ち、企業が以下のことを行えるように支援します。

• 製造活動の業務ステータスに関するリアルタイム情報と環境情報にアクセス

• サイロ化されたデータをつなぎ、製品計画と在庫管理を効率化

• 大規模で複雑な多数の関係性を持つエンタープライズ規模のデータセットを管理

ローレンダーはさらに、次のように述べています。「製造業界は、デジタル環境と大量のIoTデータが容易に利用可能になったことで、急変しました。これらの情報すべてを処理するには、大規模に対応できる手段を考えなくてはなりません。当社が日立と提携することで、製造業界のデジタル変革を加速できると確信しています。接続されたデータ間の隠れた関係性を特定して、分析できれば、メーカーが素早くデータドリブンな意思決定を行う方法を、まさに一変できるでしょう。」

日立は同社のIoTコンパスソリューションを通じて、DataStaxの正式なOEMパートナーおよび再販業者になります。

DataStaxの提携に関する詳細は、https://www.datastax.com/partnersをご覧ください。

DSEの詳細についてお知りになりたい方は、2019年5月21~23日にワシントンDCで開催されるカンファレンス「DataStax Accelerate(データスタックス・アクセラレート), The World’s Premier Apache Cassandra Conference」にぜひご参加ください。登録については、https://www.datastax.com/events/datastax-accelerateをご覧ください。

DataStaxについて

DataStaxは、Apache Cassandra™を基盤とする、ダウンタイムなく全系統をアクティブに運用することが可能な分散型ハイブリッドクラウドデータベースを提供しています。DataStax Enterpriseは、パーソナライズされたリアルタイムの大規模なアプリケーションを支えており、企業がシームレスなデータ層を介してハイブリッド環境とマルチクラウド環境を容易にフル活用できるようにします。これにより、オンプレミスの複数のデータセンターや、複数のパブリッククラウドにアプリケーションを導入する際につきものの問題を排除できます。また当社製品は、企業に完全なデータの可視化、移植性、管理性能をもたらし、ハイブリッド/マルチクラウド環境で最も重要なデータ資産の戦略的オーナーシップを維持できるようにします。当社は、データのサイロ化とクラウドベンダーのロックインを回避しつつ、最新の基幹アプリケーションを支えるデータ層を通じて、世界のさまざまな業界の世界有数のブランド企業がビジネス変革を行えるようにしています。詳しい情報は、www.DataStax.comをご覧になるか、当社を@DataStaxでフォローしてください。

© 2017 DataStax, All Rights Reserved. DataStax、Titan、TitanDBは、米国および/またはその他の国々におけるDataStaxおよびその子会社の登録商標です。

Apache Cassandra、Apache、Tomcat、Lucene、Solr、Hadoop、Spark、TinkerPop、Cassandraは、カナダ、米国および/またはその他の国々におけるアパッチ・ソフトウェア財団またはその配下組織の商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を 資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Francisca Fanucchi
Public Relations
DataStax
+1 415-299-1558
Francisca.Fanucchi@DataStax.com

情報提供元:
記事名:「DataStax Enterprise、日立との提携で日本での導入拡大