世界的な美容ブランドがチョーン・ハーパーとルーシー・ギルダ博士を経営陣に任命

ダラス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- トップ美容ブランドとして約40の市場で直販を行なってきたメアリー・ケイは、創業55周年を迎え、チョーン・ハーパーを上級副社長兼最高製造責任者に、ルーシー・ギルダ博士を上級副社長兼最高科学責任者に任命したと発表しました。ハーパーとギルダはこの新しい役割において、世界的な化粧品会社の経営陣に加わります。



上級副社長兼最高製造責任者として、チョーン・ハーパーはグローバルな製造業務および在庫管理、供給計画、輸送、グローバル品質に責任を負います。ハーパーは2014年に、生産オペレーション担当取締役としてメアリー・ケイに入社しました。任期中、ハーパーは、メアリー・ケイの製造施設で継続改善の文化を構築する上で中心的役割を果たしました。生産効率を劇的に高めたほか、従業員が技術スキルを引き上げてキャリアを前進させるための重要な能力開発機会を導入しました。この象徴的な美容会社に入社する前に、ハーパーはロレアルに勤務しており、運営と品質の両部門で複数の役職を歴任しました。

上級副社長兼最高科学責任者として、ルーシー・ギルダ博士は、メアリー・ケイの研究開発業務を引き続きリードします。2017年にこの象徴的な美容会社に入社して以来、ギルダ博士は、そのグローバルな製品戦略とイノベーション・パイプラインの実行に取り組んできました。製品、テクノロジー、包装システムで1,400件を超える世界的特許ポートフォリオを持つメアリー・ケイは、革新の文化を醸成し、年間数百万ドルを研究開発に投資しています。ギルダ博士は今後、革新的に会社を次世代に導く上で重要な役割を担っていきます。メアリー・ケイに入社する前はプロクター・アンド・ギャンブルに15年間勤務し、ヘルスケア、オーラルケア、美容技術、美容・肌の開発に携わっていました。

メアリー・ケイのデボラ・ギビンズ最高執行責任者(COO)は次のように述べています。「ハーパーとギルダは比較的短期間で大きな貢献を果たし、メアリー・ケイの研究、開発、サプライチェーン業務に不可欠であることを証明しました。ハーパーとギルダは、当社の経営陣の一員としての新たな役割において、メアリー・ケイ製品の戦略と計画を世界的・地域的に整合させるよう努めます。直接販売および化粧品業界のトップ・イノベーターの1社として、メアリー・ケイは世界で700種類以上の製品を持つ大手化粧品会社です。業界最高水準の製品を製造し続ける上で、ハーパーとギルダをこれらの役職に任命することを誇りに思っています。2人のリーダーシップと専門知識は、世界中の女性の生活を豊かにするための私たちの努力を強化する上で、非常に有益なものになると確信しています。」

ハーパーは、アーカンソー州ラッセルビルにあるアーカンソー工科大学で化学の理学士号を取得した後、ミズーリ州セントルイスにあるウェブスター大学で経営管理学修士号を取得しています。ギルダ博士は、ケンタッキー州ジョージタウンのジョージタウン・カレッジで生物学の理学士号を、シンシナティ大学で細胞および分子生物学・免疫学・感染症の博士号を取得しています。

メアリー・ケイについて

メアリー・ケイでは、魅力的な製品、やりがいのある機会、地域社会へのプラスの影響への注力が成功の鍵です。55年間、メアリー・ケイは約40カ国で起業家としての目標を達成するよう女性たちを鼓舞してきました。数十億ドル規模の企業として、私たちは最新の最先端スキンケア、大胆な色使いの化粧品、香水を提供しています。www.marykay.comでメアリー・ケイを愛するさらに多くの理由を発見してください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Mary Kay Inc. Corporate Communications
marykay.com/newsroom
972.687.5332 or media@mkcorp.com

情報提供元:
記事名:「メアリー・ケイがサプライチェーン業務で2人の幹部の任命を発表