イベントの焦点は、破壊的技術を伴う世界において、人々の力を生かし、企業戦略を適合させ実行すること

フィラデルフィア--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 経営幹部が戦略の策定と実践の間の溝を埋められるよう支援する連合体のブライトライン・イニシアチブは、プロジェクトマネジメント協会(PMI)と共に、「Humans 2.0: Designing and Implementing a Future Proof Strategy」(人類2.0:将来に対応した戦略の策定と実施)と題されたエコノミスト・イベントのパネルディスカッションを主催します。


ダボスの包括的なテーマである「グローバリゼーション4.0:第4次産業革命時代のグローバル・アーキテクチャの形成」に沿って、パネリスト達は、ビジネスリーダーがどのように人々の力を生かして企業戦略を適合させて実行し、破壊的技術の影響に対応できるかについて議論します。このような破壊的技術の波により、市場の需要を満たすために前例のない範囲とスピードで新しい戦略の実現を成功させることが組織にとっていかに重要になっているかを考えると、このテーマは特に、ブライトラインの主要メンバーであるPMIとって興味深いものです。

ブライトライン・イニシアチブのエグゼクティブディレクターのリカルド・バルガスは、次のように述べています。「発想を戦略実行へ、さらには結果へと導くことに取り組む連合体として、エコノミスト・イベントと提携してこの議論を前面に打ち出すことができたことを、うれしく思っています。ダボスで議論されたアイデアに基づいて組織が未来のための戦略を策定し、実践できるよう支援する可能性を楽しみにしています。」

PMIの管理担当シニア・バイスプレジデント兼暫定役員のジョセフ・ケーヒルは、次のように述べています。「このような業界リーダーが、日進月歩の技術進歩の力を活用することを目指し、うまく構成された戦略計画の実施に関する専門知識を共有する場を提供できることを誇らしく思っています。このパネルは、リーダーが破壊的技術に対処するための戦略をどのように明確化して実行しているかについて重要な知見を提供するように構成されています。」

このパネルでは、PMIの管理担当シニア・バイスプレジデント兼暫定役員のジョセフ・ケーヒルがパネルを開始し、エコノミスト誌のビジネス問題担当編集長であるパトリック・フーリス氏が司会を務めます。パネル講演者は、さまざまな経歴と業界からの視点を伝えます。確定している講演者は以下の通りです。

  • アン・ケアンズ氏(マスターカード副会長)
  • ライナー・ストラック氏(ボストン コンサルティング グループのシニアパートナー兼マネジングディレクター)
  • バーナデット・ワイトマン氏 (BTのグローバル・リソース・製造・ロジスティクス担当プレジデント)
  • クリストファー・カトワール氏 (アデコ・グループのグローバル経営委員会委員兼フランス担当CEO)

文明、社会そして技術が進歩し続ける中で、経営幹部は破壊的技術の影響を管理することを学ぶ必要があります。どの組織もすべての可能性に備えることはできませんが、将来生じる不可避的な課題に対処する能力を高めることはできます。組織は、破壊的技術に対処するための戦略を明確にすることはできるでしょうが、重要なことはその戦略の実行を成功させることです。そのため、ブライトライン・イニシアチブは、組織が戦略の策定と実行の間の溝を埋める上で役立つ包括的な知識とネットワーキングの基盤を開発することに取り組んでいます。これにより、社会にプラスの利益をもたらします。

1月22日火曜日のパネルに参加できない方は、エコノミスト・イベントのフェイスブックのページからライブストリーミングに参加できます。あるいは午前7時30分から8時30分まで、#EconBusinessCaseのハッシュタグを用いて、@EconomistEventsまたは@PMInstituteからのライブ・ツイートをフォローしてください。

ブライトライン・イニシアチブについて

ブライトライン・イニシアチブは、プロジェクトマネジメント協会と世界的重要組織が主導する連合体であり、経営幹部が戦略設計と戦略実行の間の高負担で非生産的な溝を埋められるよう支援することに特化しています。詳細については、www.brightline.orgをご覧ください。

プロジェクトマネジメント協会(PMI)について

プロジェクトマネジメント協会(PMI)は、プロジェクト/プログラム/ポートフォリオ管理を専門職とする人々のための世界有数の協会です。1969年に設立されたPMIは、世界のほぼすべての国の300万人以上の専門職に、世界的な提唱、協力、教育、調査を通して、価値を提供しています。私たちは世界的に認められた基準、資格認定、コミュニティー、リソース、ツール、学術研究、刊行物、専門職開発コース、ネットワーキングの機会を通して、キャリアを強化し、組織的成功を向上させ、プロジェクト管理の専門職をさらに成熟させています。PMIファミリー傘下のProjectManagement.comは、より多くのリソース、優れたツール、大きなネットワーク、幅広い視点を提供するオンラインの世界的コミュニティーを形成しています。

www.PMI.orgwww.projectmanagement.comwww.facebook.com/PMInstitute、ツイッター(@PMInstitute)をご覧ください。

ボストン コンサルティング グループについて

ボストン コンサルティング グループ(BCG)は、世界的な経営コンサルティング会社であり、世界をリードするビジネス戦略アドバイザーです。当社は、あらゆる地域の民間、公共、非営利部門のクライアントと連携し、クライアントにとって最も価値の高い機会を見出し、最も重要な課題に取り組み、企業を変革します。当社の個別対応のアプローチにより、企業と市場のダイナミクスに関する深い洞察と、クライアント組織のあらゆるレベルでの緊密な協働が融合します。これにより、クライアントは持続可能な競争上の優位性を達成し、組織の能力を高め、永続的な成果を確実にすることができます。BCGは1963年に設立された非公開会社であり、50カ国の90を超える都市にオフィスを構えています。詳細情報については、bcg.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Mary Ortega, PMI Public Relations
610-356-4600, ext. 7030
Mary.Ortega@pmi.org

情報提供元:
記事名:「プロジェクトマネジメント協会が主導するブライトライン・イニシアチブがエコノミスト誌のダボス・パネルをサポート