―システム簡素化、複数インターフェース対応、低遅延データ転送を実現した3製品を追加―

東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 東芝デバイス&ストレージ株式会社は、Ethernet AVB注1規格に対応した車載情報通信システム向けブリッジICの製品ラインアップに、製品構成を最適化した「TC9562XBG」、複数のインターフェースに適用可能な「TC9562AXBG」、同製品の性能に加えTSN注2規格にも対応した「TC9562BXBG」の3製品を追加しました。「TC9562XBG」は、2019年2月からサンプル出荷し、2019年10月から量産する予定です。



Ethernet AVBは、リアルタイム性と信頼性の観点で優れた規格であり、車載通信ネットワークへの導入が増えています。当社は、Ethernet AVB規格のIEEE 802.1AS注3およびIEEE 802.1Qav注4に準拠し、ギガビットEthernet(10/100/1000 Mbps)に対応したブリッジIC「TC9560シリーズ」を量産しています。

一方、自動車の電動化や電子化を背景に、車載通信ネットワークは年々複雑化しており、ネットワークの最適化が求められています。また、車載ネットワークのバックボーンや車載、産業機器の制御用途ではデータをよりリアルタイムに処理することが必要であり、Ethernet AVB規格よりも低遅延でデータを転送できるEthernet TSN規格も注目されています。

当社は今回、EthernetブリッジICの製品ラインアップに「TC9562XBG」「TC9562AXBG」「TC9562BXBG」の3製品からなる「TC9562シリーズ」を追加し、車載機器および産業機器における通信ネットワークの高機能化と利便性向上に貢献します。

「TC9562XBG」は、搭載する機能を絞り込むことで製品構成を最適化し、システムを簡素化できます。「TC9562AXBG」は、従来製品のEthernetインターフェースであるRGMII、RMII、MIIだけでなく、SGMII注5にも対応しているため、より広範なシステム構成に適用できます。「TC9562BXBG」は、「TC9562AXBG」の仕様にEthernet TSN 規格のIEEE 802.1Qbv注6、IEEE 802.1Qbu注7およびIEEE 802.3br注7への準拠も追加しており、Ethernet AVB規格の製品よりも低遅延なデータ転送を実現します。

また、新製品は、市場が要求する水準である低消費電力モード時の電力0.5mW注8、低消費電力モードからの復帰時間100ms注8をターゲットとしています。
なお新製品は、車載ICの品質試験規格AEC-Q100 Grade 3注9に準拠予定です。

アプリケーション

車載インフォテインメント、テレマティクス、オーディオアンプ、及び産業機器

 

新製品の主な仕様

 
品番   TC9562XBG/TC9562AXBG/TC9562BXBG
CPUコア Arm® Cortex®-M3

HOST (外部アプリケーショ
ン) インターフェース

・PCIe® I/F : Gen2.0(5GT/s), Endpoint , Single lane
車載インターフェース ・Ethernet AVB対応MAC内蔵

インターフェースは、SGMII/RGMII/RMII/MIIから選択
(SGMIIはTC9562AXBG、TC9562BXBGサポート)
IEEE802.1AS、IEEE802.1Qav準拠

・Ethernet AVB/TSN対応MAC内蔵(TC9562BXBGのみ)
IEEE 802.1Qbv、IEEE 802.1Qbu、IEEE 802.3br準拠

オーディオインターフェース I2SまたはTDMからの選択
周辺インターフェース ・I2CまたはSPIからの選択

・Quad-SPI

・UART 2ch

・割り込みポート

・GPIO

電源電圧 1.8V/3.3Vからの選択(IO)

1.8V/2.5V/3.3Vからの選択(RGMII/RMII/MII)

1.8V (SGMII、PCIe)

1.1V(Core)

パッケージ   P-LFBGA 120ボール、9mmx9mm、0.65mmピッチ
 
注1   Ethernet AVB : IEEE802.1 Audio/Video Bridgingのこと。Ethernetの標準技術を使いオーディオやビデオデータを取り扱う規格。
注2 Ethernet TSN : IEEE802.1 Time-Sensitive Networkingのこと。AVB規格より低遅延データ転送を実現する規格。
注3 IEEE 802.1AS : 時刻/タイミングの同期に関する規格。
注4 IEEE 802.1Qav : トラフィックシェーピング(優先するパケットが帯域幅を超えないよう平滑化する機能)に関する規格。
注5 SGMII、RGMII、RMII、MII : Ethernetのインターフェース。SGMII = Serial Gigabit Media Independent Interface; RGMII = Reduced Gigabit Media Independent Interface; RMII = Reduced Media Independent Interface; MII = Media Independent Interface
注6 IEEE 802.1Qbv:スケジュールされたトラフィックに関する規格。
注7 IEEE 802.1Qbu/IEEE 802.3br : フレーム割り込み/超優先転送に関する規格
注8 20℃での結果。当社計測による代表値(typical値)
注9 AEC-Q100 Grade 3 : 自動車業界が策定する集積回路の信頼性認定試験基準
 

*Arm、Cortexは、米国および/あるいはその他の国におけるArm Limited(またはその子会社)の登録商標です。
*PCIeは、PCI-SIGの商標です。
*その他の社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

新製品のさらに詳しい仕様については下記ページをご覧ください。
http://toshiba.semicon-storage.com/jp/product/automotive/interface-bridge.html

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
システムLSIマーケティング第三部
Tel: 044-548-2422
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


Contacts

報道関係の本資料に関するお問い合わせ先:
東芝デバイス&ストレージ株式会社
デジタルマーケティング部
長沢千秋
Tel: 03-3457-4963
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp

情報提供元:
記事名:「東芝:車載情報通信システムおよび産業機器向けEthernetブリッジICのラインアップ拡充について