一流の動画/コネクテッドTV広告プラットフォーム企業が資金を活用して、パブリッシャーと広告主をつなぎ、唯一のエンドツーエンドCTVソリューションを創出

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界をリードする動画広告プラットフォームを提供するInnovidは本日、ゴールドマン・サックスのプライベート・キャピタル・インベスティング・グループからプレIPO資金3000万ドルを調達したと発表しました。Innovidはこの追加資金を活用し、コネクテッドTV(CTV)広告技術市場におけるイノベーションとリーダーシップをさらに追求するとともに、世界における展開規模を拡大します。


Innovidの最高経営責任者(CEO)で共同創設者のZvika Netterは、次のように述べています。「Innovidは特にCTVのすべてのスクリーンにおいて、動画広告の可能性の限界を押し広げ続けています。当社の技術プラットフォームによってアドレサブル広告とインタラクティブ広告を含む新しい広告モデルを実現しており、これによりCTV視聴者にとっての個別化と関連付けを実現する新時代を切り開いています。Innovidはこの調達資金により、エンドツーエンドのCTVプラットフォームをさらに発展させ、ワークフローの効率を向上させると同時に、業界が評価において直面する課題を解決し、世界での展開規模を拡大して、国際的顧客層としてのブランド、メディア、クリエイティブエージェンシー、パブリッシャーの進展を見せるニーズを満たします。」

Innovidは現在、ロレアル、トヨタ、バンク・オブ・アメリカ、グラクソ・スミスクライン、キャンベルなどの世界最大手ブランドの動画広告を制作・配信し、その効果を評価しています。消費者のCTV視聴が急増していることから、Innovidは特にフールー、ロク、フォックスなどの重要顧客としてのパブリッシャーと緊密に協力して、消費者にとっての広告体験のあり方を変革します。顧客であるパブリッシャーと提携して、消費者の選択に基づくエンゲージメント広告とライブインターネットTVキャンペーンの2つを業界で初めて生み出す活動を主導しました。

5年前にCTV広告技術という市場初のカテゴリーを導入したInnovidの広告は現在、7500万軒以上の世帯に届いており、ロク、Amazon Fire、Apple TV、サムスン製TVなどとの統合分を含め、最大の展開規模のコネクテッドデバイスおよびストリーミングデバイスで機能しています。Innovidは最近、CTV市場を牽引するリーダーとしての地位をさらに固めるために、コネクテッドTV広告の体験を制作・公開するための有力セルフサービス型オーサリングツールであるOTT COMPOSERを発表しました。このオーサリングツールは、広告主が動的クリエイティブの規模をうまく調整できるようにすることで、今日の断片化したCTV状況における重大な問題を解決します。CTV環境における動画広告評価の業界基準の順守によってMRC認定を受けたのもInnovidが業界初となりました。

ゴールドマン・サックスのプライベート・キャピタル・インベスティング・グループ責任者を務めるHillel Moerman氏は、次のように述べています。「定評ある在庫供給パートナーと共にCTV分野の最初の立役者となったInnovidは、CTV視聴への大規模な長期的シフトのチャンスをつかむ上で有利な位置にいます。Innovidは動画広告のソフトウエアと技術で差別化を実現しており、フェイスブック、インスタグラム、ユーチューブ、スナップなどのプラットフォームを含め、CTV以外の相当量の供給を利用することで、成功するための規模とリーチを手にしています。」

今回の資金調達は2018年の成功に続くものとなります。Innovidは2018年、デロイトの「2018年テクノロジー500」において北米で最も成長著しい企業に挙げられ、ガートナーからはアドテックで注目すべき企業として認められました。資金調達に加えて、ゴールドマン・サックスのプライベート・キャピタル・インベスティング・グループのHolger Staudeがセコイア、ニュースプリング、ジェネシスという、Innovidの従来の投資企業からの代表に並び、当社の取締役会に加わることになります。

Innovidの詳細については、www.innovid.comをご覧ください。

Innovidについて

Innovidは世界をリードする動画広告プラットフォーム企業として、モバイル、デスクトップ、コネクテッドTV、ストリーミングデバイス、ソーシャルプラットフォームの分野において、他社よりも多くの動画を配信しています。Innovidはブランド、代理店、パブリッシャーと提携して、視聴者にもより多くの価値を提供する方法で、エンゲージメントを向上させ、広告視聴時間を増やす新しい広告モデルを提供します。当社の動画プラットフォームは、クリエイティブのパーソナライゼーション、シームレスなクロススクリーン配信、総合的な評価を実現することで、次世代の動画体験を促進し、収益を成長させます。ニューヨーク、シカゴ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ロンドン、テルアビブ、シドニー、シンガポールにオフィスを構えています。詳細については、www.innovid.comをご覧ください。

ゴールドマン・サックス・プライベート・キャピタル・インベスティングについて

プライベート・キャピタル・インベスティング(「PCI」)は、北米の成長企業と中堅企業に対するジュニアキャピタルの提供を専門とするゴールドマン・サックスの投資プラットフォームです。PCIは、普通株、優先株、ストラクチャードエクイティの形で1回の取引につき2000万~1億5000万ドルを投資します。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press contact: (FOR MEDIA ONLY)
Rachel Conforti
pr@innovid.com

情報提供元:
記事名:「Innovid、ゴールドマン・サックスから3000万ドルの資金を調達