シリコンで実績のあるベリシリコン製Vivante VIP8000/VIPNanoファミリーのAIプロセッサーIPは、特許出願中の帯域幅最適化技術で家庭に「スマート」機能をもたらす


ラスベガス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ベリシリコンは本日、業界リーダー企業のブロードコムが同社の次世代セットトップボックス向けシステムオンチップ(SoC)に使用するために、Vivante VIP8000/VIPNanoファミリーの人工知能(AI)プロセッサーIPを選択したと発表しました。非常に低い出力のTOPS未満から高性能の100 TOPS超までの完全な拡張性を備えたVivante VIP8000/VIPNano IPは、スマートホーム、監視カメラ、車載ADASアプリケーション、エッジサーバーなどなど複数の市場区分で次世代インテリジェントデバイスを支えてきました。Vivante VIPプロセッサーのOCL/OVXプログラマブルアーキテクチャーにより、新しいニューラルネットワークを迅速に採用できるようになります。

今回の発表はCES 2019に際して行いました。会場ではショーの期間中に新デバイスが展示されますが、ブロードコムがVivante VIP8000/VIPNano AIの IPを採用したインテリジェント・セットトップボックス(STB)ソリューションを発表するなど、ベリシリコンの市場有数の技術も注目を集めることになります。

ブロードコムのセットトップボックス&ケーブルモデム部門担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのリッチ・ネルソン氏は、次のように語っています。「AI機能を採用することにより、当社のセットトップボックスソリューションは消費者がエンターテインメントデバイスとやり取りする際に期待する高度なサービスをサポートできると私たちは考えます。私たちは、AIの急速な使用拡大により、今後も当社のソリューションが消費者のエンターテインメント体験の中心に位置し続けると期待しています。本日の発表は、高品質コンテンツの提供を支え続けながら当社のソリューションを発展させるという、当社がお客さまに約束したことの履行を実証するものです。」

ベリシリコンの知的財産部門担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めるウェイジン・ダイは、次のように語っています。「ブロードコムが同社のセットトップボックス製品ファミリー用としてベリシリコンのVivante VIP8000/VIPNanoファミリーの人工知能プロセッサーIPを選択したことは、私たちにとって大きな喜びです。当社は既に、一般的なニューラルネットワークフレームワーク以外にもグーグルのテンサーフローとテンサーフローライトをサポートするアンドロイド/リナックスベースの両AIを展開しています。当社は、多くの市場区分で多様なデバイスへのAI適用の動きが大きく高まっているとみています。生産実績のあるAI IP製品と広範なSDKエコシステムにより、当社はAI対応のデバイスを短期間で市場投入できるよう顧客を支援しています。ブロードコムのような業界リーダー企業との密接な協業により、当社はAIビジョンAIボイスAIピクセルの技術を新たな高みへとさらに引き上げるとともに、当社のエコシステムを拡大していきます。」

ベリシリコン社長兼最高経営責任者(CEO)のウェイン・ダイ博士は、次のように語っています。「ベリシリコンはAI技術の発展のために大きな投資をし、また業界リーダー企業との密接な協力を通じ、最終製品へのAI機能を搭載することでAIの利点を提供してきました。私たちはスマートホームやセットトップボックス製品でブロードコムと協力できることに感激しています。」

ベリシリコンについて

ベリシリコンはサービスとしてのシリコンプラットフォーム(SiPaaS®)を手掛ける企業として世界クラスのSoC/SiPソリューションを提供しており、モバイルインターネットデバイス、データセンター、モノのインターネット(IoT)、自動車、各種産業、医療用電子機器などの広範な市場に対応できるよう、シリコンで実績がある極めて包括的なIPスイートを提供している一流IP企業でもあります。

当社のターンキーサービスは、概念から完成されたテスト済みのパッケージチップに至るまでを記録的な短期間で仕上げ、新興企業と既存の企業の両方、OEM、ODM、大手のインターネット/クラウドプラットフォーム企業などの顧客にとって、性能効率とコスト効率の高いサービスとなります。

ベリシリコンの包括的で拡張可能なVivante®インテリジェント画素処理IPは、カメラ入力からディスプレー出力までの完全なソリューションであり、ISP、NPU、GPU、GPGPU、Hantro®ビデオコーデック、ディスプレーコントローラーを含み、デバイス、エッジ、クラウドにおいて非常に差別化されたPPAおよびQORを実現します。ベリシリコンの拡張可能なZSP®ベースのソリューションは、HDオーディオ/音声アプリケーションと、BLE5.0、Wi-Fi、NB-IoTの接続アプリケーションで広く応用されています。

2001年に設立され、中国上海に本社を置くベリシリコンは、700人を超える従業員を擁し、米国と中国に5カ所の研究開発センターと世界各地に10カ所の販売拠点を有しています。

詳細情報についてはwww.verisilicon.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

VeriSilicon
Miya Kong
press@verisilicon.com

情報提供元:
記事名:「ベリシリコンの人工知能プロセッサーIPが次世代の大型スクリーンスマートホームシ向けシステムオンチップ(SoC)に使用される