東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 東芝デバイス&ストレージ株式会社は、サーバやストレージシステム、データセンターなどで使用される大容量の3.5型ニアラインHDDとして、CMR(従来型磁気記録)方式で業界最大容量16TB[1] [2]を達成したヘリウム充填HDD「MG08シリーズ」を開発しました。今月下旬から順次サンプル出荷を開始します。



近年、クラウドサービスの普及、動画コンテンツの配信拡大、膨大なデータが必要となるデータサイエンスの導入などにより、世界で生成・蓄積されるデータ量が加速度的に増加しています。それに伴い、データの保管先となるデータセンターでは、より効率的なシステム構築のために、従来よりも大容量なHDDが求められています。

「MG08シリーズ」は、東芝グループのレーザー加工技術を活用したヘリウム充填方式を採用し、当社独自の機構設計技術によりディスク9枚搭載を実現しています。また、ディスクの磁気記録層とヘッドの機能を向上させることで、記録密度を高めています。
これらの技術により、記憶容量は現在主流の12TBに比べ33%増、当社前世代品の14TBに比べ14%増となる16TBの大容量化を達成しました。バッファ容量は前世代品に比べ2倍の512MiB、MTTF(平均故障時間)[3]は250万時間です。また、CMR(従来型磁気記録)方式のため、従来型システムで使用されていたHDDとの置換にも適しています。なお、インターフェースは、SASとSATAをラインアップしています。

当社は今後も、大容量ニアラインHDDをはじめとした顧客のTCO[4]削減に寄与する製品群を積極的に展開し、情報化社会の基盤強化に貢献していきます。

[1] 2019年1月8日現在。当社調べ。
[2] 記憶容量: 1TB(1テラバイト)=1,000,000,000,000(10の12乗)バイトによる算出値です。1TB=1,099,511,627,776 (2の40乗)バイトによる算出値をドライブ容量として用いるコンピューターオペレーティングシステムでは、記載よりも少ない容量がドライブ容量として表示されます。ドライブ容量は、ファイルサイズ、フォーマット、セッティング、ソフトウェア、オペレーティングシステムおよびその他の要因で変わります。
[3] MTTF(平均故障時間)は製品寿命の保証や目安ではなく、製品の平均故障率から統計的に算出したものです(実際の稼働環境を必ずしも反映するとは限りません)。実際の稼働時間はMTTFとは異なる場合があります。
[4] TCO (Total Cost of Ownership): システムの導入、維持、管理などにかかる総所有コストのこと。

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

*本資料に記載されている社名・商品名・サービス名などは、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

新製品のさらに詳しい仕様については下記ページをご覧ください。
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/product/storage-products/enterprise-hdd/mg08.html

東芝のHDD製品については下記ページをご覧ください。
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/product/storage-products/enterprise-hdd.html

お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
ストレージプロダクツ事業部
Tel: 0570-005199
https://toshiba.semicon-storage.com/jp/contact.html


Contacts

本資料に関するお問い合わせ先:
東芝デバイス&ストレージ株式会社
企画部 広報・IR担当
味岡源大
Tel: 03-3457-3576
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp

情報提供元:
記事名:「東芝:CMR方式で業界最大容量16TBを実現したニアラインHDDのサンプル出荷開始について