シンガポール--(BUSINESS WIRE)--BHEXは、ブロックチェーンのスタープロジェクトとなることを目的として設立されました。


BHEXはHuobiやOKexなどのトップクラスの機関投資家からエンジェルラウンドにて1,500万ドルを資金調達し、トークンラウンドでは4倍の応募超過となる70を超えるトークンファンドの関心を集めました。

BHEXは、DHVC、Dfund、BlockVC、Genesis Capitalなどトークンラウンドに参加する40機関を選定しました。

BHEX創設者のJames Ju氏は起業家として成功しました。BHEX設立以前は、X Financialでテクノロジー担当部長を務め、HuobiではCTOの職に就いていました。

在職中、X Financial(XYF)はニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場し、Huobiは世界最大級の仮想通貨取引所へと進化しました。

彼は、ブロックチェーン技術開発、取引システム設計、製品革新に関する豊富な経験を持っています。

BHEXのグローバル・マネージング・ディレクターであるTyler Wu氏は、以前、ゼロからスタートしたHuobiシンガポールでマネージング・ディレクターを務め、東南アジア事業運営を担当していました。

彼は取引所運営を専門とし、BHEXのシンガポール、米国、英国オフィスを指揮し、グローバル展開を実現しました。

BHEX創設のコアメンバーは、Google、Alibaba、Tencent、Baidu、Barclays Capital、Société Généraleなど最大手のテクノロジー企業や金融機関の出身者で、金融、ブロックチェーン、テクノロジー業界での経歴を持つトップクラスの人材です。

グローバルで多様なチーム構成により、近い将来、BHEXはブロックチェーン業界でグローバルなレベルでの競争力のある存在となるでしょう。

BHEXは、仮想通貨取引分野に、画期的なテクノロジー制御の概念および暗号化のグラフィックデザインを導入し、既存の取引プラットフォームモデルを中央集権型取引所から分散型取引所へと大幅に変更しました。

BHEXは、仮想通貨やブロックチェーン技術を活用した保管と決済のインフラストラクチャサービスを提供するとともに、業界エコシステムの標準化、そして真に分散化されたブロックチェーン資産の流動化および保管・決済プロセスの実現に取り組んでいます。

James Ju氏は、Bluehelix技術が完成した暁にはオープンソースプロジェクトになると述べています。

分散暗号化アルゴリズム、ブロックチェーン技術、および革新的なBluehelix技術に対応するBHEXは、マルチノードDAOを採用し、コミュニティ主体で管理される独立した資産の保管・決済プラットフォームを構築することができます。

また、BHEXは独自の取引のコア技術を活用し、世界の仮想通貨取引所やブローカーに対して最高クラスの取引ソフトウェアサービスを提供するため、SaaSオープンプラットフォーム製品「BHOP」を開発しました。

現時点で、Bluehelixは分散暗号化保管のプロポーザルを作成し、エンジニアリング・コードの検証を完了しています。また 関連技術特許も取得しています。

BHEX.COMは2018年11月末に正式に開始し、世界中の顧客に対し、安全で、専門性の高い、効率的な仮想通貨取引サービスの提供に努めてまいります。


Contacts

お問い合わせ先:
BHEX
Sherry xiao
2025060168
sherryxiao25@gmail.com

情報提供元:
記事名:「NYSE上場企業およびHuobiグローバル元CTOがBHEXを設立