印ニューデリー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- インドの完全統合型の有力コールベッドメタン(CBM)企業であるグレート・イースタン・エナジー・コーポレーション・リミテッド(LSE:GEEC)は本日、当社のラニガンジ(南)ブロックの資源のアップグレードを発表しました。この評価は、貯留工学の独立系企業アドバンスト・リソーシズ・インターナショナル(ARI)によって行われたものです。


インド政府は、シェール資源を含むあらゆる種類の炭化水素の探査と開発を既存のCBM契約の下で行うことを許可しています。

ARIは、ラニガンジ(南)ブロックにあるCBM資源およびシェール資源について、以下の評価を行いました。

                         
分類     カテゴリー     シェール
資源
(TCF)
    CBM
資源
(TCF)
    資源合計
(TCF)
原始埋蔵量
(OGIP)
    保守的算定量     1.40     2.62     4.02
  最適算定量     3.51         6.13
    楽観的算定量     6.63         9.25
           
                         
分類     資源の種類   カテゴリー     可採ガス総量
(BCF)
    今後の総売上高
(百万ドル)
値引きなし     値引き
年間10%
                   
埋蔵量 CBM     1P     336.00     $2,037.00     $675.50
    2P     510.80     $3,073.00     $965.90
        3P     594.70     $3,535.10     $1,076.70
条件つき資源量 CBM     1C     397.10     $2,463.90     $253.20
    2C     600.30     $3,786.80     $385.20
        3C     704.40     $4,464.40     $448.70
想定資源量 シェール     1U     347.20     $1,250.10     $764.00
    2U     883.00     $3,118.50     $1730.90
        3U     1,689.30     $5,775.50     $2,782.90
  • OGIPは6.13 TCF(最適算定量)/ 9.25 TCF(楽観的算定量)
  • 3P+3C+3Uは2,988.40 BCF(2.99 TCF)
    • 値引き前の価値は137億8000万ドル
    • 値引き後価値は43億1000万ドル

グレート・イースタン・エナジー・コーポレーションのマネジングディレクター兼最高経営責任者(CEO)プラシャント・モディは、次のように述べています。

「私たちは、当社のラニガンジ(南)ブロックのOGIPが最大9.25 TCFに大きく上昇し、値引き前価値が137億8000万ドル、値引き後価値が43億1000万ドルとなったことをご報告でき、うれしく思います。地表施設をはじめとするインフラ設備を共有することで、当社が成功させている現行のCBM開発プログラムと並行して、シェールガス資源を費用効果の高い方法で探査および開発できると考えています。私たちは現在、当ブロック内でシェールを開発するための初期探査プログラムを計画しており、プログラムを開始する際にはいずれ改めて発表します。これは当社が非従来型エネルギー分野で次のレベルに飛躍するための素晴らしい機会です。私たちは一貫して、ラニガンジ(南)ブロックの将来については自信と大きな期待を持っています。

私たちは、インド政府がE&P 分野の変革政策を継続させていることを称賛します。この政策は今後、長期にわたり、この分野への投資を呼び寄せ、それによってインドのエネルギー安全保障を高め、輸入への依存を低減させることになるでしょう。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Adfactors PR
Aabhas Pandya
aabhas.pandya@adfactorspr.com

情報提供元:
記事名:「グレート・イースタン・エナジー・コーポレーション、シェールガス探査に進出