韓国ソウル--(BUSINESS WIRE)--#チョ・ヒョンジュン--(ビジネスワイヤ) -- 暁星ITX(KRX: 094280)の子会社型障害者標準事業所であるHAPPY DODREAMIが10月17日に訪韓したロシア社会福祉雇用支援部の公務員団を迎え、安定した体系的な障害者雇用事業所と運営システムを紹介した。



モスクワ社会支援及び雇用部の公務員による韓国訪問は両国の障害者支援政策を共有し、韓国障害者雇用システム及び支援政策を理解するためにロシア大使館が主催し、社団法人コイックス(KOICS)が主管して行われた。

社会福祉雇用支援部局長を含む20人余りの訪問団は暁星ITX本社にあるHAPPY DODREAMI 1号店を訪問して、暁星ITXの子会社型障害者標準事業所の運営に関する説明に耳を傾け重度聴覚障害者や発達障害者の勤務現況及び環境を視察した。

幸福ドドリミーは暁星の趙顕俊(チョ・ヒョンジュン)会長の障害者雇用拡大に対する意志を基にして暁星ITXが2013年に設立した障害者標準事業所である。現在約60余名の重度聴覚障害者や発達障害者がカフェテリアや社内業務支援サービスの委託運営に従事している。2017年度には障害者雇用創出の功労が認められ雇用労働部と韓国障害者雇用公団から障害者雇用促進褒賞と障害者雇用優秀事業主の認証書を受けた。

暁星の趙顕俊(チョ・ヒョンジュン)会長は「HAPPY DODREAMIを障害者雇用事業所の模範事例として紹介することができるようになって誇りに思う」と述べ、「継続して障害者雇用創出と安定した勤務環境を提供するために努力する」と明らかにした。


Contacts

Hyosung Corporation
HEESEON CHLOE PYO, +82-2-707-7337
chloe.pyo@hyosung.com

情報提供元:
記事名:「暁星の趙顕俊会長、HAPPY DODREAMIで障害者経済活動領域を拡大