ミラノ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ドイツの大手総合通信企業テレフォニカ・ドイツは、同社バックホールネットワークのDCN(データ通信ネットワーク)マイグレーションサービスに関し、無線伝送ソリューションで長年の戦略的パートナーであるSIAE MICROELETTRONICAとの間でターンキー契約を締結しました。Eプラス(E-Plus)の買収成功の結果、テレフォニカ・ドイツの新しいバックホールネットワークはSIAE MICROELETTRONICAを含む異なるベンダー3社による3万経路以上のマイクロ波無線リンクで構成されます。将来において可能性のある5Gサービスの準備として、テレフォニカは同社ネットワークの運用の簡素化、性能およびコヒーレンス性の最大化を進めています。


これらの活動により、テレフォニカは新しい共通DCNアーキテクチャーモデルを導入することで、同社のDCNを更新する計画です。SIAE MICROELETTRONICAに委託された本マイグレーションサービスには、プロジェクト管理、IPネットワークの設計、新しいモデルの導入・実施、運用サービスの提供が含まれます。このクラスターごとのマイグレーションプロセスは遠隔操作による設定とオンサイトサービスを組み合わせたもので、常に現場派遣できる状態を維持しながらコスト効率を求めます。

テレフォニカ・ドイツの経営委員で最高技術責任者(CTO)のCayetano Carbajo Martin氏は、次のように語っています。「テレフォニカは常時接続のネットワークを目指しており、質の高いサービスを運営することで顧客の満足を高めています。バックホールネットワークは毛細血管のように通信エリアをカバーしており、その運用はモバイルサービスを提供する上での鍵です。SIAE MICROELETTRONICAは当社のネットワークに精通しており、この新しいDCNで運用効率が改善されるでしょう。」

SIAE MICROELETTRONICAで付加価値サービス販売担当を務めるDaniele Fossatiは、次のように語っています。「当社はモバイルバックホールのトランスポート技術をめぐる専門的サービスの提供での経験が評価されており、特に5GやSDNが到来したことから、ネットワークの最適化/最新化プロジェクトで顧客を支援できるチャンスがあります。また当社は最近、テレフォニカ・ドイツと共に、SDNアプリケーションが高度なマルチベンダー分析や予防保守分析に使用できることを実証しました。」

テレフォニカ・ドイツについて

テレフォニカ・ドイツは個人および法人の顧客に通信サービスを提供するとともに、モノのインターネットやデータ分析の分野に革新的なデジタル製品/サービスを提供しています。加入者接続件数4960万(2018年9月30日現在)の当社は、ドイツ有数の総合通信企業です。

詳細情報:www.telefonica.de

SIAE MICROELETTRONICAについて

SIAE MICROELETTRONICAは無線通信技術のリーダー企業として、マイクロ波通信やミリ波通信の伝送・サービス・設計で利用する先進的な技術ソリューションを通信事業者に提供しています。SIAE MICROELETTRONICAは社内のRFラボとクリーンルーム施設を連携させながら自社独自のRF部品を設計・製造し、最新世代のSMTスマートマニュファクチャリング4.0施設で完成品の組み立てを行っています。
詳細情報:http://www.siaemic.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
SIAE MICROELETTRONICA
Fabio Gavioli
marketing@siaemic.com

情報提供元:
記事名:「テレフォニカ・ドイツがドイツにおけるターンキーDCNマイグレーションサービスでSIAE MICROELETTRONICAを選定