EY、フォード、楽天、柔宇科技、フォルクスワーゲンなどが新たに出展を確定、MWC19バルセロナの登録を受け付け中

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --GSMAは本日、新たな基調講演者、参加企業、プログラム、イベントなど、MWC19バルセロナ(旧称:モバイル・ワールド・コングレス)のさらなる詳細を発表しました。2019年2月25~28日に開催され、フィラ・グランビア、フィラ・モンジュイック、ラ・ファルガ・ロスピタレでイベントを行うMWC19バルセロナには、200を超える国・地域から専門家10万7000人以上が参加する見込みです。


GSMAのマイケル・オハラ最高マーケティング責任者は、次のように述べています。「2月には見本市の驚くべきラインアップを用意しています。展示会、4日間の会議プログラム、MWC19で開催されるその他多くのイベントやアクティビティーには、2400社以上が参加します。5G、人工知能、モノのインターネット、コンテンツ、セキュリティーなど多くのテーマを詳細に検証するMWCバルセロナは、これまで以上に「必ず参加すべき」業界イベントとなっています。」

ARM、ファーウェイ、KT、オレンジの幹部が基調講演者として確定

GSMAは、MWC19バルセロナで基調講演を行うことが新たに確定した方々について発表しました。とりわけ、モバイル事業者、技術企業、インターネット企業、マーケティング技術企業の幹部の方々です。新たな講演者は以下の通りです。

  • サイモン・シガース氏、ARM、最高経営責任者(CEO)
  • 郭平氏、ファーウェイ(華為技術)、取締役会副会長兼輪番最高経営責任者(CEO)
  • 黄昌圭氏、KTコーポレーション、会長兼最高経営責任者(CEO)
  • デイブ・グラナン氏、ライト、共同創業者・最高経営責任者(CEO)
  • ステファン・リシャール氏、オレンジ・グループ、会長兼最高経営責任者(CEO)
  • Anastasia Leng氏、ピカソ・ラボ、創業者・最高経営責任者(CEO)
  • ヴィヴィアン・チャン氏、Sparrho、最高経営責任者(CEO)・共同創業者

これらの幹部は、以前に発表した以下の講演者の方々に加わります。

  • ジェームズ・フォリス氏、シティ、社長
  • ブライズ・マスターズ氏、デジタル・アセット・ホールディングス、最高経営責任者(CEO)
  • リッチ・ウィリアムズ氏、グルーポン、最高経営責任者(CEO)
  • マッツ・グランリド、GSMA、事務局長
  • シェール・ワン氏、宏達国際電子(HTC)、創業者・最高経営責任者(CEO)
  • Anjali Sud氏、ヴィメオ、最高経営責任者(CEO)
  • ニック・リード氏、ボーダフォン・グループ、最高経営責任者(CEO)

議題や基調講演者など、会議に関する詳細情報については、www.mwcbarcelona.com/conference-programmes/をご覧ください。

最新のモバイル技術革新を紹介する展示会

GSMAは、クラウドマインズ、EY、フォード、カザフテレコム、楽天、リメイド、柔宇科技、フォルクスワーゲン、ウィングス・モバイルなど、MWCバルセロナに出展するいくつかの企業を発表しました。これらの企業は、アクセンチュア、阿里雲(アリババクラウド)、ARM、AT&T、BMW、シスコシステムズ、ドイツテレコム、エリクソン、フェイスブック、グーグル、宏達国際電子(HTC)、ファーウェイ、インテル、KTコーポレーション、レノボ、LG、メルセデス・ベンツ、マイクロソフト、ノキアソリューションズ・アンド・ネットワークス、NTTドコモ、ウーレドゥー、オラクル、オレンジ、クアルコム・インコーポレーテッド、SAP、SEAT、SKテレコム、テレフォニカ、ベライゾン、ボーダフォン、小米科技(シャオミ)、ZTEといった以前に発表したブランドなど、MWC19に参加する2400社以上の組織に加わります。

MWCバルセロナでは再び、来場者向けにフィラ・グランビアで焦点を絞った展示会のトピック・ツアーを実施します。業界の専門家が率いる2019年のトピック・ツアー・プログラムには、5G・NFV、サイバー・セキュリティー、モノのインターネット、モバイル広告・アプリ、リテール&デジタル・コマース、持続可能なスマートシティ、トランスフォーマティブAI、MWCのホットなテーマが含まれます。GSMAは、来場者の特定のビジネス目的・要件に対応する独自のカスタム・エクスペリエンスも提供します。

GSMAは、MWCバルセロナのいくつかの新規スポンサーも発表しました。VMウェアは「コネクティビティ・イベント・テーマ・スポンサー」として確定し、シティは「インダストリー4.0イベント・テーマ・スポンサー」となっています。これらのイベント・テーマをサポートするために、両社はホール4で会議出席者が参加できるネットワーキング・レセプションを開催します。MWC19のテーマのさらなる詳細については、www.mwcbarcelona.com/about/event-themes/をご覧ください。

GSMAがピンセント・メイソンズやシンクロノス(Women4Techサミット・サポーティング・スポンサー)、レッド・ハット(Women4Tech円卓会議スポンサー)、シスコ(Women4Techスピード・コーチングおよびネットワーキング・イベント・スポンサー)、CBSiとウォール・ストリート・ジャーナル(Women4Tech公式パートナー)を含むいくつかの新規スポンサーと契約する中で、Women4Techプログラムへのサポートは拡大を続けています。最終的に、ウィプロ・リミテッドが最新のネットワーキング・ガーデン・スポンサーとして加わりました。

出展企業やスポンサーなど、展示会の詳細については、www.mwcbarcelona.com/exhibition/をご覧ください。

4YFN:スタートアップ・コミュニティーが支える未来

2月25~27日にバルセロナで開催するMWCの技術革新プラットフォームのフォー・イヤーズ・フロム・ナウ(4YFN)は、その6回目のイベントに2万1000人の来場者を迎える予定です。4YFNの来場者は、イノベーション・マーケットに出展する600社以上の新興企業など、成長を続ける世界的な新興技術企業コミュニティーに出会う機会を得ます。

4YFNプログラムには、シティのトレジャリー&トレードソリューションズ担当グローバルヘッドのナヴィード・スルタン氏、コンシャスリー・デジタル創業者のAnastasia Dedyukhina氏、ロジテックのブラッケン・ダレル社長兼最高経営責任者(CEO)、スタートアップブースキャンプ・フィンテックのマネジングディレクターのNektarios Liolios氏、Y&Rのデビッド・セーブル非常勤会長など、著名な講演者が登場します。壇上での刺激的な講演やワークショップに加えて、4YFNではデジタル・ヘルス、スポーツ技術、一連のWomen4Techアクティビティーなどのテーマに焦点を当てた刺激的なサミットも実施します。新たに契約した4YFNイベント・スポンサーには、マスターカード、リベッツ、ビザが含まれます。詳細については、www.4yfn.com/event/4yfn-barcelona-2019/をご覧ください。

GSMAが新たなWomen4Techアクティビティーを立ち上げ

GSMAは、MWC19のWomen4Techプログラムの一環として、インサイド・トラックとWomen4Tech円卓会議という2つの新たなアクティビティーを導入しました。インサイド・トラックでは、来場者はフォーチュン500企業の専門家から重要な知見を得て、スキルを磨いてモバイル業界でより効果的に競争できるようにします。招待者限定のWomen4Tech円卓会議の議論では、有力なリーダーを招いて率直な対話を行い、技術・通信業界での女性の育成を取り巻く問題を探ります。詳細については、www.mwcbarcelona.com/experiences/gsma-women4tech/をご覧ください。

MWCの新しいパートナー・プログラム

MWC19パートナー・プログラムは拡大を続けており、業界リーダーと関わり、知見を得るさらなる機会を来場者に提供しています。5Gオートモーティブ・アソシエーション、グーグル、GTI、ファーウェイ、MEF(モバイル・エコシステム・フォーラム)が最近、パートナー・プログラムの開催を確認し、アフィリアス、オートモーティブ・エッジ・コンピューティング・コンソーシアム、IESEビジネススクールがパワー・アワー・セッションを開催します。7年目となる今回のイベントで、アワード・ソリューションズは2日間の技術研修セッションを行います。詳細については、www.mwcbarcelona.com/conference-programmes/partner-programmes/をご覧ください。

GLOMOへの応募は11月21日に締め切り

10カテゴリーで42個の賞を贈呈し、モバイル業界全体の最大の成果と技術革新を表彰する2019年GLOMO賞の応募締め切りまであと1週間となりました。2019年の賞への応募は、11月21日(水)まで受け付け、受賞者はMWC19で発表します。応募規則などGLOMOに関する完全な情報は、www.mwcbarcelona.com/conference-programmes/global-mobile-awards/でご入手いただけます。

MWC19への参加登録

現在、MWC19バルセロナへの登録を受け付け中です。来場者は、パスの種類の比較、MWC19経験のカスタマイズ方法の検索、登録処理を、www.mwcbarcelona.com/attend/register/で行えます。

MWC19バルセロナの出展や後援の方法など、詳細については、www.mwcbarcelona.comをご覧ください。MWC19の最新情報は、ツイッター(@GSMAEvents、#MWC19)やリンクトインのMWCのページ(https://www.linkedin.com/showcase/mwcbarcelona/)、フェイスブック(https://www.facebook.com/mobileworldcongress/)をご利用ください。GSMAのその他のニュースや活動は、ツイッター(@GSMA)をフォローしてください。

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、750社を超えるモバイル事業者を結集しています。そのうち350社以上は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAは、バルセロナ、ロサンゼルス、上海で毎年開催する業界有数のMWCイベントのほか、地域カンファレンスのモバイル360シリーズを実施しています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For the GSMA
Beau Bass
+44 79 7662 4962
beau.bass@webershandwick.com
または
Pau Guerrero / Gloria Almirall
+34 93 236 09 00
または
PGuerrero@webershandwick.com
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

情報提供元:
記事名:「GSMAがMWC19バルセロナの新たな進展を発表