• A-Nexのテクノロジー・プロバイダーであるCyber Advanced Technology(CAT)は、革新的な暗号取引プラットフォームを開発し、クリプト業界のセキュリティーと収益性を新たなレベルに引き上げることを計画
  • A-Nexは、CATが開発した安全な次世代インターネット技術のOperational Technology-Operation Centric Networks(OT-OCNTM)を使用

米カリフォルニア州バークレー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- サイバーコイン企業のA-Nexは本日、新規コイン公開(ICO)の実施を発表しました。この革新的なクリプト企業は、仮想通貨やスマートコントラクト、トークンなどの販売と取引を目的としています。米国以外の特に韓国のコミュニティーのクリプトマニアたちは、すぐに取引を開始できるようになります。参加を希望する人は、今後成長してクリプトエコノミーに多くの利益をもたらすと予想される新たなデジタルの発展に投資できます。これは、分散化された金融情勢に革命をもたらすと考えられます。


同社の技術を提供するCyber Advanced Technology(CAT)は、デジタルシーンにおけるリーダー企業の1つであり、クリプトビジネスの安全性を維持して十分に保護するハッキング不可能なクラウド技術を発明しました。これにより、投資家のお金は安全になります。

ハッキング不可能なクラウド技術の重要な要素は、Operational Technology-Operation Centric Networks(OT-OCNTM)の導入にあります。これは、現在のインターネットのあらゆる欠陥および不備をブロックチェーン標準の中で排除します。このブロックチェーン標準は、変更不可能で分散されており、取引に関わるユーザーによる追跡が可能です。

このプラットフォームは、分散型ソリューションを求める現代の市場ニーズに応えるもので、A-Nexはクリプトマニアのコミュニティーと将来の投資家にとっての勝利です。

ネットワーク・セキュリティーについて

経済のデジタル化は、ハッキングやサイバー犯罪などの問題をもたらしました。これらの問題は、フェイスブックやリンクトインのようなソーシャル・ネットワークから、eBayやアマゾンのようなeコマース・プラットフォーム、そしてアップルのような携帯電話会社まで、ウェブのあらゆる領域に広がっています。

バンキング・プラットフォームなどの伝統的な金融機関も同様に苦しんできました。オンライン・エコシステムの弱点を利用するハッカーやデータ市場に対処するために、特別な州の政策さえ設けられてきました。

同様に、従来の経済システムのデジタル領域への変換は、世界規模で社会に多数のメリットをもたらしただけでなく、多くの新たな障害も持ち込まれることになりました。一般的に行われていたのと同じ方法では、信用通貨の物理的で検証可能な資産の裏付けがなく、支払いが難しいことが、仮想ビジネスに対する疑念を生み出します。

これに対し、2008年以降、ブロックチェーンや流動性トークン(暗号通貨)による資金の表示に関する人気の高まりは、中央集権的な金融手法に代わるものとして、この状況を大きく改善することになりました。今度はユーザーが管理者となったのです。

公開管理された元帳の分散プロトコルは、ネットワーク上に分散したノードで取引データを分散し、支援します。最近では、イーサリアムによってもたらされたスマートコントラクト・テクノロジーにより、財務状況や互いのビジネス上の取引をデジタルで決済し、自動的に実行することが可能になりました。しかし、このシステムは不完全なアーキテクチャーで動作し続けたため、投資資本と専門家の一部は、このブロックチェーンが実行可能な代替案であるかどうか疑問視していました。利用者に強固な安全性を保証するオンチェーン・ツールの導入が必要でした。

CATのソリューションの詳細

15年以上の研究開発を経て、OT‐OCNは、優れたレベルのネットワーク・セキュリティーと安定性を提供する最初のインテリジェントで解読不能なクラウド・ソフトウエア・フレームワークとして出現しました。このインフラは、毎秒100万回以上のパケット検査を処理し、2千以上のルールを分析すると同時に、ユーザーの操作を中断することなくリアルタイムで悪意のある攻撃を無効にします。

CATは韓国で成功を収めた後、ブロックチェーン業界、特にクリプト・ファイナンスにおいて重要なベンチマークとなりました。

今月1日から3日に韓国で開催された釜山国際金融博覧会では、各国から集まったトップクラスのハッカーを選び、CATの技術とセキュリティー・システムを打ち破ることができるかを競うハッキング・コンテストが開催されました。参加者には、国際的なハッキング大会で2度も金メダルを獲得した韓国のハッキング・チームであるGONや、世界的に尊敬されている有名な3つのハッキング・チームが参加しました。

コンテストは早朝に始まりました。発表されているように、4つのハッキング・チームすべてが、10分以内に従来のファイアウォール・セキュリティーを備えた「制御システム」に侵入しました。

次に、参加者は午後5時まで1日かけてCATセキュリティー・インフラストラクチャーへの侵入を試みました。既存のあらゆるハッキング知識をすべて使いましたが、どのチームもCATセキュリティー・システムに入ることはできず、CATセキュリティーの第1段階のハッキングである「偵察」さえも通過できませんでした。

CATの技術とセキュリティー・システムは、ハッキングが不可能であることを証明しました。これは、CATが過去3年間に国際的なハッキング・イベントで一貫して達成した素晴らしい成果です。

また、各国はCATの暗号通貨技術の利用に関心を示しています。グローバル企業を目指す中、各国の主要事業所から歓迎の声が寄せられています。

韓国のサイバー・セキュリティーの専門家である韓国産業技術大学校の朴教授は、次のように考えています。「CATの創設者であり最高経営責任者(CEO)であるブルース・カバル氏は、サイバー世界のクリストファー・コロンブスのようです。」

A-Nexについての詳細や、A-Nexへの投資に興味のある方はwww.a-nex.ioをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

A-Nex
Grace Kim
grace.kim@unhackablecloud.com

情報提供元:
記事名:「A-Nexがインターネット・セキュリティーのためのハッキング不可能な暗号通貨技術を紹介する新規コイン公開(ICO)を開始