東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ビジネスワイヤは、アジア太平洋地域担当ゼネラルマネージャーとして、情報産業界での幹部経験を有するパスカル・ロズィエ(Pascal Rosier)を迎えたことをお知らせいたします。ロズィエは、営業担当副社長スチュアート・ディーン(Stuart Dean)の指揮の下、東京・香港・シドニーオフィスを統括するほか、同地域のニュース配信会社との連携強化に努めます。



ロズィエは、東京を拠点とした18年のキャリアにおいて、金融情報サービス業の営業責任者および運用管理職を務め、高い実績を挙げてきました。過去5年は、ダウ・ジョーンズのリージョナル・セールス・ディレクターとして、10人のスタッフを指揮し、同社の商品を金融機関、一般企業、政府機関に販売してきました。ロズィエが実行した戦略は、競争の激しい日本市場で3桁成長の実現をもたらしました。

それ以前は、ブルームバーグの日本オフィスにて、一般企業、投資会社、世界的金融機関を対象とした法人営業を統率してきました。

日本語、フランス語、英語、マンダリン(標準中国語)、ドイツ語の5ヶ国語を操るロズィエは、この地域の有する大きな潜在力を認識しており、新たな役割に挑む強い意欲を持っています。

ビジネスワイヤ最高経営責任者(CEO)のジェフ・スコット(Geff Scott)は、「ロズィエはニュース産業とアジア太平洋地域で、豊富な経験と輝かしい経歴を持っており、この重要な役割の適任者は、ほかにはいません。ロズィエがビジネスワイヤのチームに加わったことは、この地域における高水準のカスタマーサービスと成長に当社が力を入れていることを再確認するものです。」と述べています。

ロズィエは、次のように述べています。「このような素晴らしい時期にビジネスワイヤに入社できることを嬉しく思います。多様性、エネルギーと創造性、熱意と開放性を持つアジアは、圧倒的なペースで成長を続けており、事業の創出と拡大のための機会が豊富に存在しています。ビジネスワイヤは、このダイナミックなエコシステムを最大限に活用できるよう、各社を支援するユニークな立場にあります。」

ビジネスワイヤについて

ビジネスワイヤは、バークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)の子会社であり、プレスリリース配信法定開示サービスのグローバル・リーダーです。市場に影響を与えるニュースやマルチメディアを正確に配信するだけでなく、オンライン・ニュースルームIRサイトのウェブホスティング、コンテンツ・マーケティング・プラットフォームの構築、ソーシャル・エンゲージメントの創出、特定のターゲット市場との関わりを向上させるための読者分析などのサービスを提供し、多くのIR、PR、公共政策、マーケティング担当者に活用されています。1961年の創業以来、報道機関、ジャーナリスト、投資家、規制当局から信頼される情報源となっています。複数の特許を取得しているプラットフォーム「NX」は、編集システムや主要オンラインメディアへのダイレクト配信を行っています。ビジネスワイヤは世界28ヵ所にオフィスを構え、コミュニケーション業務担当者やニュース読者の多様なニーズに対応しています。

services.BusinessWire.comTempo(業界トレンドについてのBusiness Wireのリソース)、Twitter(@businesswire)、Facebookもご覧ください。

ビジネスワイヤのモバイル・アラートを購読するには、こちらをクリックしてください。


Contacts

Business Wire
Neil Hershberg, +1 212-752-9600, Ext. 1434

情報提供元:
記事名:「ビジネスワイヤ:アジア太平洋地域のゼネラルマネジャーにパスカル・ロズィエが着任