XYOのチームが概念実証段階のテクノロジーを発展させて完全に分散化された位置情報ネットワークを構築

サンディエゴ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ブロックチェーンを実世界にもたらす技術企業のXYOネットワークは本日、数カ月間の統合テストを経て完全統合されたローカル・テスト・ネットワークを完成させたと発表しました。

自らdAppを作り出している本格的な開発者、ジオマイニングを始めようとしているアマチュア技術者、XYO HODLerなどのために、このネットワークの概要とこれまでの進展についてご説明します。

テスト・ブリッジがテスト・アーキビストとデータを共有
データは現在、テスト・センチネルによって収集され、XYOネットワーク・プロトコル経由で共有され、そのデータはテスト・ブリッジにオフロードされています。ブリッジもセンチネルも、現在は特別に設定されたアンドロイド搭載携帯電話が使用されています。

テスト・ブリッジはテスト・アーキビストとデータを共有することに成功しており、アーキビストはグラフ・データベースでデータのインデックス作成と蓄積を行っています。グラフ・データベースの構造により、データの高度な相互接続が可能になっており、同時に更に多様なデータ・タイプを導入する柔軟性と拡張性が維持されています。

アーキビストとディバイナーのインターフェース・アーキテクチャーが準備完了
APIは、GraphQL API経由でアーキビストへのクエリを行い、アーキビストはクエリに対して「ナイーブ」に維持されています。これは、クエリを受けた時に検証されつつある両方の当事者についてデータを提供することを意味します。アーキビストをクエリに対してナイーブに維持することにより、アーキビストに大量のデータを蓄積することが可能になり、同時にディバイナーへのデータの提供にプロセッサ能力を集中させることができます。

ディバイナーが重要
現時点において、データはセンチネルのメッシュ内での相互作用によって集められ、最終的にアーキビストに蓄積されています。このネットワークは、本質的に分散的なデータ・ストレージ・ネットワークです。このネットワークにおいて、テスト・ディバイナー・アーキテクチャー(現在ノード内で記述されています)が社内開発されたdApployユーティリティーを活用して当社がシンプル・コンセンサス・スマート・コントラクト(SCSC)と呼んでいるものを開始します。SCSCは、スマート・コントラクトをサポートするどのようなブロックチェーン・プラットフォームにも導入でき、真の意味でプラットフォームを問わないオラクルの柔軟性と拡張性を提供します。ディバイナー・アーキテクチャーは、GraphQL API、ユーザー・インターフェース、スマート・コントラクトABIで構成され、これにより、XYOネットワークは、2つのセンチネルが相互作用したか否かという基本的クエリを解決することができます。

現在、更なる複雑さの高いクエリとテストが進められており、完全統合テスト・ネットワークで稼働します。XYOネットワークのエンジニア・チームは、概念実証段階を終え、現在は位置情報オラクル・ネットワークのテストを活発に行っています。

XYOネットワークの消費者製品責任者のJustin Fortierは、このように述べています。「私たちが作り上げたものは、完全なネットワークと革新的なモデルであり、これにより分散型の位置証明技術を発展させることができます。エンドポイントのセンチネルから重要なディバイナーまで、当社は、真の意味でプラットフォームを問わないオラクルとなることが可能になっています。私たちが構築したものは多くの産業に応用可能であり、私たちの能力とネットワークを毎日さらに拡大させていくことを楽しみにしています。」

私たちの驚くべきコミュニティーのおかげで、2011年11月9~11日にサンディエゴで開催されるSpatial Summit 2018は、現在完売しています。Spatial 2019のウェイトリストに参加するには、こちらをクリックしてください。

認定メディアの方は、無料のイベント・チケットをご利用いただけます。メディア関係者の方で、出席をご希望の方は、ご連絡をお願いいたします。

XYO Devsハブをご訪問ください。また、当社チームの情報を得るために当社Devsのツイッター・アカウントのフォローをお願いします。

XYOネットワークについて

XYOネットワークは、自動車からスマートフォンまで、あらゆるものの正確で確実性を重視した位置データの提供を目的に現在開発中のブロックチェーンを使った巨大な地理空間の位置情報ネットワークです。位置ビーコンをIoTおよびモバイル端末と結びつけることにより、XYOネットワークのエコシステムはスマート契約の実行、スマートシティの運営、金融取引の促進、さまざまな位置情報アプリケーションに不可欠な検証済座標およびデータを提供することを目指しています。詳細情報については、https://xyo.networkをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact:
XYO Network
Larry Smalheiser
Head of Communications
925-413-3137
larry@xyo.network

情報提供元:
記事名:「XYOネットワークが完全統合ローカル・テスト・ネットワークを完成