英国ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)--デジタル変革の世界的リーダー企業であるAtosと、インフラの設計、建設、運用を推進するための包括的なソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業Bentley Systems, Incorporatedは、本日、戦略的提携を結び、産業資産やインフラ資産のオーナーのためにデジタルツインを作成および運用する包括的なソリューションを提供することを発表しました。



国際的にデジタル変革を手がけてきたAtosの経験と専門技能に、Bentleyのインフラ、エンジニアリング、リアリティモデリング、資産パフォーマンスのソフトウェアポートフォリオを組み合わせて、完全に統合管理されたデジタルツインを利用できる法人向けクラウドベースサービスを提供します。

この新サービスは、以下の機能により、オーナーオペレーターがビジネスKPIを達成できるようサポートします。

実物を忠実に再現したモデルで資産を把握 – ドローンも利用したスキャンで、資産の 最新の3Dモデルを利用

リアルタイムの監視 – 資産パフォーマンスの予測、障害の予防

パフォーマンス解析 – 資産の可用性の最大化、生産性の向上、資産パフォーマンスの最適化、さらに最終的には資産の運用寿命の延長

資産の遠隔操作 – 危険な資産やアクセスできない資産の場合

運用トレーニング(没入型VR環境のトレーニング)

• 資産運用戦略についての意思決定のサポート

Atosのグローバルビジネスおよびプラットフォームソリューション担当CTO、Markus Schaffhauserは、次のように述べています。「Bentleyのソフトウェアの機能に感銘を受けています。Bentleyのソフトウェアは当社のデジタル変革技術と非常にマッチし、こうして産業資産やインフラ資産のオーナー様向けの革新的なサービスを提供する運びとなりました。このAtosとBentleyの提携事業は、短期間でスタートさせることができました。このデジタルツインサービスは、オーナー企業様にとって、非常に価値あるサービスになることを確信しております」

Bentley SystemsのCEO、Greg Bentleyは、次のように述べています。「BentleyとAtosとの共同事業は、没入型ビジュアライゼーションと解析による状態把握の両方を実現し、活用することで、オーナーオペレーター様が"デジタル化"構想の大きな一歩を踏み出す一助になるものと思います。デジタルデータ統合に精通し、国際的に事業を展開しているAtosは、デジタルツインクラウドサービスの理想的なパートナーです」

BentleyとAtosは、これまで何度か製造関連のクライアントのプロジェクトで協力し、Atosの持つシステム統合とデータ取得/解析の専門技能と、Bentleyのリアリティモデリングソフトウェアを組み合わせた実績があります。

この提携は、AtosとSiemensのグローバル戦略アライアンスに端を発します。このアライアンスにより両社は、Siemensの製品およびソリューションとAtosの経験および専門技能の相乗効果を最大限引き出しつつ、IoTサービス、人口知能、サイバーセキュリティの分野を対象とした、デジタル変革を支援するITサービスを実現しています。Bentley SystemsもSiemensと、エンドカスタマーのために両社のインフラおよび産業向けソリューションを拡充する戦略的アライアンスを2016年に締結しています。それ以来、BentleyとSiemensは、ディスクリート型製造とプロセス型製造、送配電、鉄道エンジニアリング、発電のデジタル化など、新しいソリューションの開発に共同で投資をしています。

Atosについて

Atosは、世界73カ国に従業員約100,000人を擁し、年間売上120億ユーロのデジタルトランスフォーメーションのリーディング企業です。Atosは、ビッグデータ、サイバーセキュリティ、ハイパフォーマンスコンピューティング、デジタルワークプレイスにおいてヨーロッパでナンバーワンの企業であり、クラウドサービス、インフラストラクチャ&データ管理、ビジネスソリューション&プラットフォームソリューション、ならびにヨーロッパにおけるペイメント業界のリーダーである Worldlineを通じトランザクションサービスを提供しています。その最先端のテクノロジ、デジタルの専門知識、業界の知識を活かし、Atosは、防衛、金融サービス、保健、製造、メディア、エネルギー、公共施設、公共部門、小売り、電気通信、輸送などさまざまなビジネス分野においてクライアントのデジタルトランスフォーメーションをサポートします。Atosグループは、オリンピックとパラリンピックのワールドワイドITパートナーであり、Atos、Atos Consulting、Atos Worldgrid、Bull、Canopy、Unify、Worldlineのブランドで事業に取り組んでいます。Atos SE(Societas Europaea)は、CAC40パリ株価指数の構成銘柄に名を連ねています。Atosの詳細

Bentley Systemsについて

Bentley Systemsは、エンジニア、建築家、地理空間のプロフェッショナル、建設業者、オーナーオペレーターにインフラストラクチャの設計、建設、運用のためのソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業です。BentleyのMicroStationベースのエンジニアリングとBIMアプリケーション、およびデジタルツインクラウドサービスは、輸送やその他の公共事業、公共設備、製造プラントおよび資源プラント、商業施設や業務施設のプロジェクトデリバリ(ProjectWise)と資産パフォーマンスのデジタルツインと(AssetWise)を推進します。

Bentley Systems、170カ国以上に3,500人以上の従業員を擁し、年間売上高は7億ドルにのぼります。また、2012年以来、研究、開発、企業買収に10億ドル以上を投資してきました。1984年の会社創設当初から、5人のBentleyの創設メンバーが同社の過半数を所有しています。Bentleyの株式は、招待を受けてNASDAQ Private Marketで取引されています。戦略的パートナーのSiemens AGは、議決権なしの過半数未満の株を累積しています。www.bentley.com

関連する画像:

AtosとBentleyが、産業資産やインフラ資産のオーナー向けの、"デジタルツイン"を作成運用する包括的ソリューションを提供

Bentley、Bentleyのロゴ、AssetWise、MicroStation、ProjectWiseは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。


Contacts

本件のお問い合わせ先
Bentley Systems
Jennifer Maguire
電話番号: +1 610 458 2695
電子メール: jennifer.maguire@bentley.com
または
Atos
Laura Fau
電話番号: +33 (0) 6 73 64 04 18
電子メール: laura.fau@atos.net

情報提供元:
記事名:「AtosとBentley Systems、産業/インフラ資産のオーナーオペレーターのための"デジタルツイン"を作成する戦略的提携を発表