• 実際のプラントとプラントのエンジニアリング表現を同期して、最新の運用時状態を示すデジタルツインを実現し、プロセスプラントのオペレーション効率を向上
  • 種類の異なるデータソースを統合して、包括的なデジタルコンテキストを作成し、デジタルコンポーネントを整合のとれた状態に調整

英国ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --The Year in Infrastructure 2018カンファレンス – SiemensとBentley Systemsは、本日、両社の相補的なソフトウェアポートフォリオを基に共同開発したPlantSightの提供を開始することを発表しました。PlantSightは、プラントオペレーションの効率を向上することで、お客様に貢献するデジタルソリューションです。PlantSightは、物理的なリアリティデータとエンジニアリングデータを同期して、最新の運用時状態を再現したデジタルツインを実現します。稼働中のどのプラントであっても、異種データソースをまたいで包括的なデジタルコンテキストを作成し、矛盾のないデジタルコンポーネントを作成できます。プラント運営者は、非常に信頼性と品質の高い情報を利用して、運用上の即応性を常に確保し、信頼性を向上できます。



実際の稼働中のプラントは、例外なく、既存の物理的な状態についても、理論上対応するエンジニアリングデータの種類や形式についても、累積的に変化するという性質があります。そのため、運用時状態のデジタルツインは、包括的かつ正確に、信頼できる形で物理リアリティとその仮想エンジニアリング表現の両方が反映されるように同期させていく必要があります。また、同期後も必ず、変化は次々と発生します。PlantSightなら、既存の物理環境や仮想環境に干渉することなく、あらゆるプロセスプラントのオーナーオペレーター様に、運用時状態のデジタルツインを活用していただくことができます。

投資プロジェクトが継続して行われるという特徴を持つプロセス産業の場合、デジタルツインの有効性は、信頼された2D概略図と3Dモデル形式によって表現され、常時更新される運用時状態の情報にアクセスでき、統合できるかどうかによって決まります。PlantSightでは、すべての関係者が、クラウド/Webから状態を把握でき、既存のデータやツールのインターフェースにアクセスできるので、確実に変更をタイムリーかつ正確に取得および管理できます。

運用時状態のデジタルツインを実現するクラウドサービスのPlantSightでは、運用およびプロジェクト関連のエンジニアリングデータが、シームレスに、整合した状態に調整されます。すべての部門と関係者が、矛盾のない表現に瞬時にアクセスできます。特に既存プラントの場合は、プラントのドキュメントが最新の状態に維持されるため、資産情報を連携して完成させる時間と手間が大幅に削減されます。また、それに伴い情報の質も改善されます。

Bentley SystemsのCEOであるGreg Bentleyは、次のように述べています。「Bentley SystemとSiemensの戦略的アライアンスを締結した当初から、PlantSightの共同開発を、両者の市場において最も重要な意義を持つ可能性が高いものと捉えてきました。Siemensがディスクリートプラント向けとプロセスプラント向けのソリューションの統合を発表したことで、相補的なアプリケーションであるCOMOS、OpenPlant、MindSphere、Teamcenterを、クラウドサービスを介して統合できています。これで、PlantSightは、プロセス産業の"デジタル化"の最優先事項である、稼働中プラントエンジニアリングのデジタルツインを実現できるようになりました」

Siemens AGの常務取締役であるKlaus Helmrichは、次のように述べています。「PlantSightにより、SiemensとBentleyの協力関係はさらに深まり、他にもプロセス産業向けに、データを活用したサービスを提供できる可能性が広がっています。BentleyとSiemensの相補的なノウハウを基にしたこの共同ソリューションは、デジタルツインのさらなる効率向上と、一貫性をさらに高めるデジタルでの統合バリューチェーンの構築に向けた重要な一歩を表します。このようにして、将来提供される技術を取り入れて、デジタルエンタープライズポートフォリオを継続して拡充していきます」

ARC Advisory Groupの副社長のValentijn de Leeuw氏は、次のように述べています。「SiemensとBentleyが新しく開発したPlantSightサービスは、次世代の資産情報および資産パフォーマンス管理の基礎を築くと思います。運用時状態のデジタルツインについては、運用データと運用インテリジェンスダッシュボードの統合や、没入型のオペレータートレーニング用シミュレーションの提供、プロセスシミュレーションや資産戦略、信頼性などのアプリケーションとの連携が可能になり、実際のプラントに役立てることができます。この環境のメリットは、提供されるマイクロサービスの数に比例して増加するでしょう」

Siemens AG(ベルリン、ミュンヘン)は、170年以上にわたってエンジニアリングの卓越性、イノベーション、品質、信頼性、国際性を象徴してきた、世界的なテクノロジ企業です。電化、自動化、デジタル化の分野を中心に、世界中で事業を展開しています。省エネルギーと省資源に関するテクノロジを数多く保有しているシーメンスは、高効率な発電、送電ソリューションにおけるリーディングサプライヤーであると同時に、産業向けの自動化、運用、ソフトウェアのソリューション、さらにインフラソリューションの分野の先駆者でもあります。公開子会社のSiemens Healthineers AGを擁する同社は、CTシステム、MRIシステムなどの医療用画像診断装置でも世界屈指のメーカーであり、検査診断や臨床用ITの分野で業界をリードしています。2017年9月30日に終了した2017年の会計年度には、シーメンスの収益は830億ユーロに達し、62億ユーロの純利益を上げました。2017年9月末の時点で、全世界の社員数は約37万7,000人です。詳細については、www.siemens.comをご覧ください。

Bentley Systemsについて

Bentley Systemsは、エンジニア、建築家、地理空間のプロフェッショナル、建設業者、オーナーオペレーターにインフラストラクチャの設計、建設、運用のためのソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業です。BentleyのMicroStationベースのエンジニアリングとBIMアプリケーション、およびデジタルツインクラウドサービスは、輸送やその他の公共事業、公共設備、製造プラントおよび資源プラント、商業施設や業務施設のプロジェクトデリバリ(ProjectWise)と資産パフォーマンスのデジタルツインと(AssetWise)を推進します。

Bentley Systems、170カ国以上に3,500人以上の従業員を擁し、年間売上高は7億ドルにのぼります。また、2012年以来、研究、開発、企業買収に10億ドル以上を投資してきました。1984年の会社創設当初から、5人のBentleyの創設メンバーが同社の過半数を所有しています。Bentleyの株式は、招待を受けてNASDAQ Private Marketで取引されています。戦略的パートナーのSiemens AGは、議決権なしの過半数未満の株を累積しています。www.bentley.com

PlantSight Visionについて

PlantSightでは、現在、プロジェクトのデジタルツインと、コントロールシステムのデジタルツインの統合が可能です。パフォーマンスのデジタルツインと、コンポーネント製品のデジタルツインにも、すぐに対応する予定です。

PlantSightは、"継続的な"測量とリアリティモデリングクラウドサービスにより、物理プラントを再現します。UAVと地上レベルの画像から得た、オーバーラップ写真と(必要に応じて)補完情報となるレーザースキャンを処理し、空間的に区分された、エンジニアリング可能なリアリティメッシュを生成します。このリアリティメッシュは、プラントのデジタルコンテキストになり、このメッシュ内にタグ付きの各コンポーネントを地理空間的に配置できます。

変化し続けるプラントのエンジニアリングデータと同期できるよう、BentleyのチームとSiemens COMOSのチームが協力して、PlantSightのコネクトデータ環境(CDE)を作成しました。この環境には、エンジニアリングモデルと統合ハブの情報ブリッジも含まれ、デジタル コンポーネント(各コンポーネントのタグ指定を含む)に必要な意味的な調整を行います。PlantSightのCDEは、プロジェクト成果物やコントロールシステムの入力など、他のソースからの関連データも、デジタルコンポーネントタグにより参照される範囲で、追加されます。

稼働中のプラントのエンジニアにとっては、運用時状態のデジタルツインの価値は、信頼できる概略図と3Dモデルの形式で、表記および編集できる情報の整合性とアクセスの可否によって決まります。PlantSightでは、新しいクラウドサービスとWebインターフェースを介して、相補的な機能や、COMOSとOpenPlantの実績ある確かなエンジニアリングとインテリジェンス、完全に統合された機能モデリングと空間モデリングを利用できます。初めて、オンサイトのエンジニアが、既存のデータとツールインターフェースにアクセスできるようになりました。PlantSightの変更元帳を利用して、確実に運用時の変更をタイムリーかつ正確に取得および管理し、現状に忠実な状態を維持できるようになりました。

運用時状態のデジタルツインと同様に重要なのが、CDEのクラウドによるアクセスと安全なオープンアーキテクチャです。これにより、稼働中のプラントのライフサイクルを通じて、全情報の複合現実の可視化などの没入型の可視化と、さらに機会学習と解析のためのデジタル可視化が可能になっています。

PlantSightのデジタルツインクラウドサービスは、SiemensとBentleyの両社から個別に販売されます。現在、早期導入ユーザーの選定中です。両社は現在、SiemensのMindSphere IoTオペレーティングシステムを基盤とするサービスの真価を余すところなく引き出すべく、PlantSightの最先端の資産管理パフォーマンスモデリング(APM)機能の追加に取り組んでいます。製造デジタルコンポーネントについては、SiemensのTeamcenter PLMによって、製品デジタルツインへの没入型アクセスを提供しシミュレーションと改善に活用できます。

関連する画像

PlantSightは、リアリティメッシュを含め、複数の3Dモデルのデータを1つのポータルビューにまとめて、以前はアクセスできなかった情報への高速アクセスを実現

Bentley、Bentleyのロゴ、AssetWise、MicroStation、OpenPlant、ProjectWiseは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。PlantSightはSiemens AGおよびSiemens PLMS Inc.の商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。


Contacts

Jennifer Maguire
+1 610 458 2695
jennifer.maguire@bentley.com
Follow us on Twitter:
@BentleySystems

情報提供元:
記事名:「SiemensとBentley Systems、デジタルツインクラウドサービスを発表