インフラデジタルツインへの没入型の接続を確立するためのオープンソースJavaScriptライブラリ

英国ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- インフラの設計、建設、運用を推進するための包括的なソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業Bentley Systems, Incorporatedは本日、iModel.jsライブラリの初期リリースを発表しました。これは、視覚化と解析による可視化を行なうために、インフラデジタルツインのアクセシビリティを向上することを目的としたオープンソースイニシアチブです。開発者やITプロフェッショナルは、iModel.jsを使用することで、インフラデジタルツインとデジタル環境内のその他のコンポーネントとを連携する没入型のアプリケーションを迅速かつ容易に作成できます。Bentleyは、Connected Data Environment(CDE)内でiModelHub、リアリティモデリング、Web対応ソフトウェア技術を組み合わせてインフラエンジニアリングを支援するiTwinServicesを新たに発表しましたが、このiTwinにとってiModel.jsは不可欠なライブラリです。



BentleyのiModelsは、デジタルエンジニアリングモデルの可視性を得るための事実上の業界標準になっています。iModelHubは、組み込みの変更履歴レッジャー(デジタルコンポーネントのアライメント、アカウンタビリティ、アクセシビリティを確保するために使用)がある分散型データベースとしてiModelを管理し、これがインフラデジタルツインの基盤となっています。

iModel.jsライブラリは、最新のクラウドおよびWeb開発で最もよく利用される、オープンで柔軟性の高い規格に基づいたJavaScriptパッケージの包括的なコレクションです。TypeScriptで作成されており、HTML5とCSSはもちろんのこと、SQLite、Node.js、NPM、WebGL、Electron、Docker、Kubernetesなどのオープン技術を利用します。同じコードベースから、クラウドサービスやWeb、モバイル、デスクトップアプリケーションを生成できます。ソースコードはGithubにホストされており、MITライセンスの下で配布されています。

iModel.jsを使うと、BIMファイルや他のデジタルエンジニアリングモデルや、iModel.jsを使って直接作成されたデータから組み立て、同期される、iModelsの対話型“nD”ビュー(1D、2D、3D、4Dなど)を容易に作成できます。同じビューにデジタル(リアリティ)コンテキスト、リアルタイムのセンサーデータ、会社のデータソースや解析からのデータを含めることもできます。iModelはiModelHubと同期されるため、プロジェクトの全参加者の最新の更新が常に反映されます。したがって、参加者全員が、経時やバージョン間の変化を視覚化および解析できます。重要なことは、iModelの所有者がiModelHubを使用して承認されたユーザーとアプリケーション以外には、iModel.jsを介したアクセスは許可されません。

Hatchのデジタルプロジェクトデリバリ担当プログラムマネージャのJohan Palm氏は、次のように述べています。「HatchではiModel.jsのおかげで、先見的なテクノロジーのiModelHubを拡張して、関係者のエンゲージメントを促すテクノロジを実装できました。複雑なプロジェクト情報を、3Dモデルのコンテキストでクラウドを介して、アクセス、使用、拡張可能なレベルにして公開できています。最も重要なことは、プロジェクトの進行に伴う変化を吸収できる形で実行できていることです。iModel.jsは最新で移植性が高いWeb技術を基盤としているため、Hatchの社内開発戦略に合います。Hatchのプロジェクトはお客さまの資産と運用に良い影響をもたらすことを最大の目的としていますが、Bentleyは世界中のHatchのプロジェクトにおいて重要なソフトウェア技術パートナーとなっています」

Shenzhen Expressway Consulting Groupの代表兼統括マネージャのCai Chengguo氏は、次のように述べています。「iModelHubを使ったデジタルツインによって、効率的にプロジェクト管理が改善され、用地の問題が原因の資源の無駄が大幅に削減されています。プロジェクトの完成後は、デジタルデータを引き継いで、視覚化された情報を使った運用や保守を実施できるでしょう」

Bentley Systemsの創設者兼CTOのKeith Bentleyは、次のように述べています。「iModel.jsと、もちろんその基盤になる技術は、投資プロジェクトおよびインフラ資産向けの開発環境として、これまでで最もオープンで生産性が高く、直感的で強力な環境であると確信しています。ユーザー組織、戦略的パートナー、サードパーティ開発者の皆様と協力して、iModelsのオープンなエコシステムを構築し、インフラデジタルツインの持つ大きな可能性を活用していきたいと意気込んでおります。iModel.jsがあれば、洗練された主流のクラウドおよびWeb開発手法によって、ほとんど障害なく、デジタルツインの物理リアリティと仮想リアリティを活用できます。iTwin™クラウドサービスの開発に使用したライブラリをオープンソース化しているので、イノベーションが次々に生まれる活発なエコシステムが醸成されるものと期待しています」

iModel.jsの詳細については、こちらをご覧ください。iModeljs.org

iModelsとiModelHubについては、こちらをご覧ください。iModelHub.com

Bentley Systemsについて

Bentley Systemsは、エンジニア、建築家、地理空間のプロフェッショナル、建設業者、オーナーオペレーターにインフラストラクチャの設計、建設、運用のためのソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業です。BentleyのMicroStationベースのエンジニアリングとBIMアプリケーション、およびデジタルツインクラウドサービスは、輸送やその他の公共事業、公共設備、製造プラントおよび資源プラント、商業施設や業務施設のプロジェクトデリバリ(ProjectWise)と資産パフォーマンス(AssetWise)を推進します。

Bentley Systems、170カ国以上に3,500人以上の従業員を擁し、年間売上高は7億ドルにのぼります。また、2012年以来、研究、開発、企業買収に10億ドル以上を投資してきました。1984年の会社創設当初から、5人のBentleyの創設メンバーが同社の過半数を所有しています。Bentleyの株式は、招待を受けてNASDAQ Private Marketで取引されています。戦略的パートナーのSiemens AGは、議決権なしの過半数未満の株を累積しています。

Bentley、Bentleyのロゴ、AssetWise、Connected Data Environment、iTwin、MicroStation、ProjectWiseは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。


Contacts

本件のお問い合わせ先:
Jennifer Maguire, +1 610 458 2695
jennifer.maguire@bentley.com
Follow us on Twitter: @BentleySystems

情報提供元:
記事名:「Bentley Systems、オープンソースライブラリをリリース: iModel.js