ジュネーブ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 10月18日、セーフ・グループはセーフ・クロナイト(Safe Cronite)事業部門を売却しました。この中にはスイスの持ち株会社Cronite SAとその製造工場・販売拠点のすべてが含まれており、売却先は、Pierre Wittmannと幹部らがCiclad主体の投資ファンドと提携することで集められた新しい株主です。


セーフ・クロナイト事業部門は1983年から段階的にセーフ・グループに統合され、耐熱鋼工具や耐高温・熱衝撃部品の設計製造の世界的大手となっています。セーフ・クロナイトは、2017年に7400万ユーロの連結売上高を記録し、約800人を雇用しています。セーフ・クロナイトはフランス、英国、ドイツ、中国、インド、メキシコで7つの工場を運営し、チェコに研究開発・設計センターを持っています。同社は米国、日本、韓国、スウェーデンに販売拠点を構え、自動車、航空宇宙、焼却炉、鉄鋼の市場で全世界2000社の顧客に対応しています。

今回の売却は、最近当社の資金強化を行った株主の推進するセーフ・グループの新戦略遂行の一環です。セーフ・グループはセーフ・メタルおよびセーフ・デモ事業部門に再度焦点を絞り、買収を通じて発展を加速し、全世界における地位強化を目指します。このプロセスは革新と新技術統合の4.0プログラムを補完し、画期的産業ソリューションを顧客に提供するハイテク・サプライヤーとしてのセーフ・グループを確固たるものにします。

セーフ・グループはジュネーブに本社を置き、2017年の連結売上高は2億8800万ユーロを達成し、3大陸14カ国で3200人の従業員を雇用しています。

セーフ・グループは現在、下記2つの事業部門の株主となっています。

  • セーフ・メタルは鋳造鋼部品の共同設計・製造の大手企業であり道路走行用トラック、オフロードおよび土木作業用トラック、鉄道、風力発電市場の装置・車両のメーカーと利用企業を顧客としています。セーフ・メタルの7つの工場は年間8万1000トンの鋳造鋼を生産する能力を持っています。
  • セーフ・デモは自動車用プラスチックの有力サプライヤーとして8つの工場を持ち、そこで稼働する140台の射出成形機と11本の塗装ラインから、エアバッグ・カバー(全世界で35%の市場シェア)やさまざまな装飾部品、精密技術部品が生産されています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Safe Group
Vincent Sorgues, +33 6 07 05 70 16
vincent.sorgues@wrsconseil.com
www.safe-industry.com

情報提供元:
記事名:「セーフ・グループがセーフ・クロナイト事業部門を売却し、セーフ・メタルとセーフ・デモに集中へ