マントンが加わりアジア太平洋地域におけるフェデックスのサービス提供が拡大

米テネシー州メンフィス--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- フェデックス コーポレーション(NYSE:FDX)は本日、貨物輸送、通関ソリューションを含む物流大手マントン・エア・シーの買収で合意したことを発表しました。マントンは、急成長している世界の商取引市場に不可欠なフェデックスの業務を補完し、一層の拡大を促すことになります。買収取引は今年中に完了する予定で、一般的なクロージング条件を満たす必要があります。

オーストラリア全域で事業を展開しているマントンは、この地域の玄関口を通じ、複数の航空運送会社との関係を生かしてお客さまと世界の市場とをつないでいます。特にヘルスケア市場と自動車市場に関する専門ノウハウを有するマントンは、航空・海上貨物輸送ソリューションおよび通関業務における実績のあるリーダー企業です。

オーストラリアのシドニーに本社を置くマントンは、フェデックス トレード ネットワークスの事業会社の子会社となります。

フェデックス トレード ネットワークスのリチャード・W・スミス社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「マントンの事業がフェデックス トレード ネットワークスひいてはフェデックス・グループ全体に加わることで、力強いGDP成長を誇り、アジア太平洋地域の重要な市場であるオーストラリアで一段と業務を拡大させることが可能となります。フェデックス エクスプレスとTNTがすでにアジア太平洋地域とオーストラリアで基盤を確立しており、今後、マントンとフェデックス トレード ネットワークスのとの連携により生じる事業機会に大きな期待を寄せています。マントンのチームメンバーをフェデックスのグループ企業に迎え、両チームの人材を融合することにより、継続的な成功を実現していきます。」

マントンのマネジング・ディレクターを務めるマイケル・ロールズは、次のように述べています。「過去数年間、成長と拡大を達成してきたフェデックス トレード ネットワークスのチームには、以前から敬服していました。フェデックスに加わり、オーストラリアおよびその他の市場において力を合わせて事業を拡大していくことを大変うれしく思います。」

フェデックス・コープについて

フェデックス・コープ(NYSE: FDX)は世界のお客さまと企業に、幅広い輸送、Eコマース、ビジネスの各サービスを提供しています。年間670億ドルの売上高を誇る当社は、評判の高いフェデックス・ブランドの下、共同で競争し協力して運営している事業会社を通して、統合的なビジネス・ソリューションを提供しています。常に世界で最も高い評価を受け信頼される雇用主にランクされているフェデックスは、42万5000人を超えるチームメンバーが、常に安全性、最高水準の倫理・職業基準、お客さまと地域社会のニーズに注力できるよう促しています。当社ウェブサイト(about.fedex.com)で、フェデックスが世界の人々に可能性を届ける様子をご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

FedEx Corp.
Asia Pacific Media Contact:
Corinna Lam, +852 3940 0601
or
U.S. Media Contact:
Patrick Fitzgerald, +1-901-818-7300

情報提供元:
記事名:「フェデックスがマントン買収により貨物輸送能力を拡大