• 現場でのITサポートが限定的な複数の店舗を持つ小売企業に理想的な共同ソリューション
  • スケーラブルな最新ソリューションは管理が容易でコスト効果が高く、複雑で高価なオンプレミスのインフラを置き換える
  • 店舗インフラを近代化することで小売会社によるITとOTの統合が可能に

米ノースカロライナ州リサーチ・トライアングル・パーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- グローバル・フォーチュン500企業でインテリジェント・トランスフォーメーションのテクノロジー・リーダーであるレノボ(HKSE: 992)(ADR: LNVGY)とインテリジェント・エッジ・ソリューションのマーケット・リーダーであるスケール・コンピューティングは本日、グローバル・パートナーシップと新たな共同製品について発表しました。これにより、エッジ・インフラストラクチャーのソリューションを世界的小売企業、拠点が分散された大企業、中小企業に提供いたします。

このソリューションは、小売店や銀行の支店など、分散化が進んでいるオンプレミス環境で複数の拠点が企業の1つの中心的拠点から管理されている場合に最適です。レノボの幅広いサーバーがスケール・コンピューティングの効率的なインテリジェント・エッジ・インフラストラクチャー・ソフトウェアと組み合わされることで、エッジやハイブリッド・エッジ・アンド・クラウドでのアプリケーション運用に適したシンプルで自己修復的な可用性の高いプラットフォームが実現します。レノボのサーバーで稼働するスケール・コンピューティングのHC3エッジ・プラットフォームでは、従来の複雑で高価なオンプレミスのインフラストラクチャーが近代的なソリューションに置き換えられます。アプリケーションの稼働率が重要でありながらオンプレミスのITリソースが限定的な環境で最適なソリューションです。

レノボ・データセンター・グループのIoT担当副社長兼ゼネラルマネジャーのWilfredo Sotolongoは、このように述べています。「現在のグローバルな経済において、企業と政府はエッジに一層高いインテリジェンスを持たせることを試みています。そのため、信頼性と拡張性が高く機敏さのあるエッジ・インフラストラクチャー・ソリューションに対する需要が高まり続けています。スケール・コンピューティングと協力して、レノボはこの市場に対応していきます。そのために、ITとOTのさまざまなワークロードを実行できる能力を持ち、大きな空間を要求せず、各現場で普通の社員が管理できるエッジ・インフラストラクチャーを用意します。これにより、テクノロジー管理に必要な時間と費用が削減され、企業は自社のビジネスの成長や顧客への対応に集中することが可能になります。」

ITニーズを満たすためにレノボとスケール・コンピューティングのエッジ・インフラストラクチャー・ソリューションを選択した顧客企業は増加しており、その1社として、オランダのザーンダムに本社を置く国際的食品小売グループのアホールド・デレーズがあります。同社は、35ブランドでスーパーマーケットとeコマース事業を運営しており、11カ国の6600店を超える店舗に36万9000人以上の従業員を擁し、毎週5000万人を超える顧客に対応しています。

複数の国で大規模に小売事業を展開するアホールド・デレーズは、エッジITインフラの展開と管理にかかる時間を削減したいと考え、同一のハードウェアで従来のアプリケーションとIoTアプリケーションの両方を動かすことのできるソリューションを必要としていました。同社は最終的に、レノボとスケールのソリューションを選択し、ベルギーの800店舗に導入しました。2019年には追加の導入が予定されています。

アホールド・デレーズのインフラ革新責任者のRolf Vanden Eynde氏は、このように述べています。「私たちは、市場を幅広く評価し、どこかの新しいIT環境が私たちのアプリケーションと将来のニーズに効果的に対応できるかどうかを確かめるために十分な時間をかけました。私たちは、国際的に優れた顧客サービスを提供することを常に目指しており、そのためにエッジ・コンピューティングは中心的役割を果たします。レノボのサーバーおよびスイッチと組み合わされたスケール・コンピューティングのHC3ソフトウェアは、私たちが必要としている安定性、サポート、簡素性を提供するものでした。このソリューションは、総所有コストと簡素性で競合ソリューションを上回っていました。」

この新しいレノボとスケール・コンピューティングのソリューションは、現在世界各地で入手・導入可能です。ソリューションの詳細については、こちらをご覧ください。

将来のIoT発表、ソートリーダーシップ記事、レノボDCGのその他の情報については、http://www.LenovoXperience.comをご確認ください。

レノボについて

レノボ(HKSE:0992)(ADR: LNVGY)は、フォーチュン・グローバル500社に選ばれている売上高450億米ドルの世界的な技術リーダー企業であり、最高のユーザー体験を生み出すスマートデバイスとインフラを通して、インテリジェント・トランスフォーメーションを推進しています。レノボは、世界で最も幅広いコネクテッド製品ポートフォリオを製造しています。これには、スマートフォン(モトローラ)、タブレット、PC(ThinkPad、Yoga、Lenovo Legion)、ワークステーション、AR/VRデバイス、スマートホーム/オフィス・ソリューションが含まれます。レノボのデータセンター・ソリューション(ThinkSystem、ThinkAgile)は、ビジネスと社会を変革する接続のために、容量と計算能力を生み出しています。レノボはすべての人の優れた力を呼び起こし、誰もが発展するよりスマートな未来を築くことを目指しています。リンクトインフェイスブックツイッターインスタグラムウェイボーで当社をフォローしてください。また、当社のストーリーハブで最新の情報をご覧ください。あるいは当社ウェブサイト(http://www.lenovo.com/)をご覧ください。

スケール・コンピューティングについて

スケール・コンピューティングは、エッジ・コンピューティングとハイパーコンバージド・ソリューションの世界各地のお客さまのためのリーダー企業です。スケールのHC3ソフトウェアでは、従来の仮想化ソフトウェア、災害復旧ソフトウェア、サーバー、共有ストレージは不要となり、アプリケーションを稼働させるための完全統合された可用性の高いシステムに置き換えられます。特許技術であるHyperCore™技術を使用したHC3の自己修復的プラットフォームは、インフラストラクチャー内の問題をリアルタイムに自動的に発見、軽減、是正しますので、現場のITリソースやスタッフに限りがある場合でもアプリケーションの稼働率を最高度に維持することができ、拠点が分散された企業、世界的な小売企業、中小企業などにとって理想的なアプリケーション・プラットフォームとなっています。詳細については、www.scalecomputing.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Lenovo Press Contacts
Ashley Kusowski - akusowski@lenovo.com, +1 919 339 2819
David Hamilton - dhamilton1@lenovo.com, +1 864 979 0024
Zeno Group - LenovoWWDCG@zenogroup.com
or
Scale Computing Press Contacts
Dusty Koekenberg - dkoekenberg@scalecomputing.com
Emily Gallagher - egallagher@touchdownpr.com, +1 512 571 9020
Kylle OSullivan - scale@touchdownpr.com, +1 512 373 8000

情報提供元:
記事名:「レノボとスケール・コンピューティングの協業が、小売店のエッジ・インフラの課題を解決