Splunk初のIoTソリューションでコネクテッドデバイスを強化するデータアクセスを拡大し、
産業系企業のコスト削減とパフォーマンスの向上を実現

サンフランシスコ & オーランド--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- .conf18 – あらゆるデータのアクションと成果を提供するSplunkは本日、Splunk初のIoTソリューションであるSplunk for Industrial IoTの提供開始を発表しました。Splunk for Industrial IoTは、Splunk® Enterprise、Splunk Machine Learning Toolkit、および Splunk Industrial Asset Intelligence (IAI)の機能を搭載し、複雑な産業データをわかりやすく表示し、組織のダウンタイムを最小限に抑え、よりプロアクティブな運用とコスト削減を実現します。



急速かつグローバルに展開するビジネスのデジタル化により、あらゆる業界の企業は、マシンデータ分析による課題解決の必要性に迫られています。Splunk for Industrial IoTは、ITおよびセキュリティ分野での実績を礎に、製造、石油・ガス、電力、輸送、エネルギー、ユーティリティといった産業におけるOT(運用技術)チームと組織に対して、産業アプリケーション、データおよびアセットの監視と最適化、安全性確保を提供します。

SplunkのIoTマーケット部門シニアバイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーのアマール・マラガ(Ammar Maraga)は、次のように述べています。「Splunk for Industrial IoTは、OTチームによる工場の稼働、生産の活性化、問題の予測および運用上の安全確保を支援することにより、製造業に進化をもたらします。製造業ではこれまで、機械学習を活用したダウンタイムの予測や異なるシステム間でのアラートの優先順位付け、そして使いやすいリアルタイムのデータ分析が不足していました。」

Shaw Industries社プロセス・エンジニアのエリカ・シュワルツ(Erika Swarts)氏は、次のように述べています。「リアルタイム解析は、どのメーカーも成功する上で欠かせない要素です。 世界最大のフローリングメーカーの1社として、事業を成功へと導くデータに弊社社員がアクセスできるようになることで、工場のフローリング性能を向上させることが重要で、Splunkはそれを様々な形でサポートしてくれています。私たちはSplunkとの今後に向けたパートナーシップに期待し、IoTの継続的な革新を楽しみにしています。」

Splunk for Industrial IoTは、機械学習によるデータアナリティクスやレポート作成などのSplunk Enterpriseの機能と、年間最大3万8千ドル1にも及ぶコストが生じる予期せぬダウンタイムなどの業界特有の課題をサポートする新しいドラッグ・アンド・ドロップ機能を備えて、カスタマーベネフィットを提供します。 また、Splunk for Industrial IoTには、以下の機能も含まれます。

1. 産業用制御システム(ICS)のセキュリティとコンプライアンス- Splunk Enterpriseにより、Splunk for Industrial IoTはICSシステムに根強く継続しつづけるサイバー脅威から保護し、OT環境が分析主導のセキュリティへのアプローチを受け入れることを可能にします。

2. 高度な監視と診断 – 産業オペレーターは、タービン、ポンプ、コンプレッサーなどの産業資産の操作上の問題をよりよく監視し診断するために、センサやその他のマシンデータへの期待を高めています。Splunk for Industrial IoTは、顧客にこれらの資産の健全性をリアルタイムで可視化し、複数のデータソースにわたる監視、アラート、診断を提供します。 Splunk for Industrial IoTは、ICS、SCADAシステム、分散制御システム、プロセス制御ソフトウェアの稼働時間と可用性の監視にも役立ちます。

3. 即時利用可能なIIoT用の機械学習モデル -装置のダウンタイムにより、年間数千万ドルの損害が生じる場合があります。 SplunkのMachine Learning Toolkitにより強化されたSplunk for Industrial IoTは、予測、異常検知、クラスタリング、実績豊富なアルゴリズムを活用して、早期警告サインを識別し、ICSと重要な資産のダウンタイムを予測する機能を提供します。

国際エネルギー会社のSeadrill社とSapura Energy社の合弁会社であるブラジルの運送会社Sapura Brazil社のCEO、アンドレ・メーリノ(André Merlino)氏は次のように述べています。「当社では、Splunk Industrial Asset Intelligenceをデータに基づくアプローチの一環として使用しています。 Splunk IAIは、安全基準を強化し、運用パフォーマンスを向上させ、より良いソリューションを顧客に提供するために、組織全体のデータのさらなる有効活用を可能にする強力なソリューションです。」

ドイツの産業エンジニアリング会社であるESE社のデータ分析担当ディレクター、ウルリッヒ・ボッホ(Ulrich Bock)博士は次のように述べています。「業界団体は、業界での競争力を維持するために、コスト削減、パフォーマンスの向上そして絶えず拡大するコネクテッドデバイスの足跡の把握に日々取り組んでいます。Splunkとのパートナーシップは、これらの顧客の成功のために不可欠であり、運用技術環境に関する知識と、すべてのユーザーがアクセスして使用できるようにするSplunkの強力な機能を融合しています。 Splunk for Industrial IoTは、膨大な量のマシンデータをインサイトとエネルギーに変換し、デジタル変革のイニシアチブを強化し加速することを容易にします。」

Splunk for Industrial IoTは、2018年10月30日より提供が開始されます。詳細については、SplunkのWebサイトにてご覧いただくか、10月16日から18日までバルセロナで開催されるカンファレンスIoT Solutions World Congressにてご覧ください。

Splunk Inc.について

Splunk Inc.(NASDAQ:SPLK)は、お客様が持つデータをもとに、質問と回答を引き出し、実行に移して事業成果を達成する支援をします。お客様は、市場をリードする Splunk の機械学習ソリューションを通じて、あらゆる事業活動やIT 、セキュリティ、IoT (モノのインターネット)のデータをモニターし調査して、行動を起こすことができます。何百万というユーザーが積極的に利用している Splunk で、「ひらめき」や「気付き」を見つけてみませんか。http://www.splunk.com/ja_jp

Splunk、Splunk>、Listen to Your Data、マシンデータ向けのエンジン「the Engine for Machine Data」、Splunk Cloud、Splunk Light および SPL は、Splunk Inc. の米国およびその他の国における商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。© 2018 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。

1 https://www.bhge.com/sites/default/files/2017-12/impact-of-digital-on-unplanned-downtime-study.pdf


Contacts

報道関連のお問い合わせ先
担当: 渋谷・築山
フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社
TEL: 03-6204-4330・4324
kuniko.shibuya@fleishman.com / hana.tsukiyama@fleishman.com

情報提供元:
記事名:「Splunk for Industrial IoTでIoTデータを実行可能に