ContinuitySAが標準の市場参入戦略としてエクサグリッドを選定

米マサチューセッツ州ウェストボロー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- バックアップ向けハイパーコンバージド・セカンダリー・ストレージの大手プロバイダーであるエクサグリッド(ExaGrid®)は本日、アフリカの事業継続管理(BCM)/障害回復サービスの大手プロバイダーであるContinuitySAが、バックアップ環境の確立やアップグレードを必要としている同社顧客のために、エクサグリッドのディスクベースのバックアップシステムを標準製品および市場参入戦略として選定したと発表しました。



ContinuitySAの完全管理型サービスは、基幹業務データを脅かすイベントが増えている時代において、顧客がリスクプロファイルを理解し、適切なリスク軽減戦略の策定を通じて、業務回復力を強化できるように支援するもので、情報通信技術(ICT)の回復、企業リスク管理、作業エリアの復旧、BCM上の助言が含まれます。

ContinuitySAのBradley Janse van Rensburg 最高技術責任者(CTO)は、次のように述べています。「私たちは、当社のお客さまが自社環境を保護できるように、完全管理型ソリューションを提供しています。当社のサービス型バックアップとサービス型障害回復の製品において、エクサグリッド製品の利用は極めて重要です。当社は仮想バックアップソリューションを幾つも評価しましたが、エクサグリッドの製品を見るまで、顧客が求めるレベルの価格と性能を提供しているソリューションは見つけることができず、エクサグリッドの性能とデータ重複排除機能には感銘を受けました。システムを実に効率的に拡張できるほか、暗号化に対応したアプライアンスも魅力的な価格帯で提供されています。他社製技術からエクサグリッドに乗り替えましたが、そうしたことを喜んでいます。」

ContinuitySAの顧客で、エクサグリッドのソリューションに切り替える企業が増え続けており、その大半はバックアップアプリケーションにヴィーム製品を運用しています。Janse van Rensburg氏は、「当社が保護するワークロードの90%以上は仮想化されているため、ヴィーム製品を使ってエクサグリッドにバックアップするというのが当社の主要戦略です。エクサグリッドおよびヴィームのソリューションは、いずれも重複排除機能を備えているため、お客さまは長期バックアップ保持が可能になります。稼働停止時に顧客のデータを素早く確実に復旧する上で、ソリューションの信頼性と一貫性は、当社にとって非常に重要です」と述べています。

ContinuitySAと同社の顧客は、エクサグリッドのソリューションを追加したことで、下記を含む多数の点でバックアップ環境が向上したことに満足しています。

  • エクサグリッド/ヴィーム製品の重複排除機能により、ストレージ消費量を全体的に低減。
  • 顧客の1社は従来のバックアップソリューションと比べて、バックアップウインドウを2日間から1時間へ、サーバー復旧を4日間から4時間へと短縮。
  • ランサムウエア攻撃が何件かあったにもかかわらず、バックアップは影響を受けなかった。

Janse van Rensburg氏は、次のように語っています。「顧客データに対して、ランサムウエア攻撃が何件かありましたが、当社のバックアップは安全でクラック不可能でした。当社は常に顧客データを復元でき、完全なデータ損失やランサムウエアに対する身代金の支払いからお客さまを守ることができます。この間、エクサグリッドのソリューションを使用中、データ損失はゼロでした。」

エクサグリッド製品を使用したContinuitySAの体験については、ContinuitySA顧客成功事例の全文をご覧ください。

エクサグリッドが公開している顧客成功事例および企業導入事例は360件を超え、同分野の他の全ベンダーの合計数を上回っています。これらの事例は、エクサグリッド独自のアーキテクチャー手法、差別化製品、比類ない顧客サポートに対する顧客の満足度を示しています。顧客は一様に、製品がクラス最高であるというだけでなく、「とにかく仕事をしてくれる」と指摘しています。

ContinuitySAについて
ContinuitySAは、事業継続管理(BCM)/障害回復サービスを公共/民間組織に提供するアフリカの一流企業です。高度なスキルを持つ専門家が提供する完全管理型サービスには、ICTの回復、企業リスク管理、作業エリアの復旧、BCM上の助言が含まれます。これらはすべて、脅威が増す時代において、業務回復力を強化できるように設計されています。ContinuitySAは、顧客がリスクプロファイルを理解し、適切なリスク軽減戦略を策定できるように支援することで、あらゆる関係者に安心感をもたらしています。

ContinuitySAはアフリカ大陸で最大の復旧センターネットワークを運営しており、ハウテン州(ミッドラント、ランドバーグ)、ウェスタンケープ州(タイガーバレー)、クワズールナタール州(マウントエッジコーム)のほか、ボツワナ、モザンビーク、ケニア、モーリシャスにある施設面積は2万平方メートルを上回ります。ContinuitySAは事業継続協会(BCI)のゴールドパートナーで、2016年に名誉あるBCI殿堂入りを果たしました。

ContinuitySA. Our business is keeping you in business. (ContinuitySAの仕事は、お客さまの事業継続を保証することです。)

ContinuitySAの詳細情報については、www.continuitysa.comをご覧ください。グーグルプラスリンクトインツイッターフェイスブックで当社の情報を入手いただけます。

エクサグリッドについて
エクサグリッドは、データ重複排除機能、独自のランディングゾーン、スケールアウト型アーキテクチャーを持つバックアップ向けハイパーコンバージド・セカンダリー・ストレージを提供しています。エクサグリッドのランディングゾーンにより、最短の時間でバックアップと復元を行い、瞬時でVM起動が行えます。スケールアウト型アーキテクチャーには、スケールアウトシステムの完全なアプライアンスが含まれ、データが増大してもバックアップウインドウの長さを固定でき、高額なフォークリフトアップグレードが不要です。当社についてはwww.exagrid.comをご覧になるか、リンクトインで当社と交流してください。当社のお客さまによるエクサグリッド体験や、バックアップ時間を大幅に短縮できる理由について確認いただけます。

ExaGridはエクサグリッド・システムズの登録商標です。その他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

ExaGrid
Christine Murphy, 508-898-2872 x248
cmurphy@exagrid.com

情報提供元:
記事名:「アフリカ有数のBCMサービスプロバイダーがエクサグリッド製品の使用で顧客データのセキュリティーを確保