アラブ首長国連邦ラアス・ル・ハイマ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ラアス・ル・ハイマ・アメリカン大学(AURAK)の教員および研究者が発表した文献が合計403本Scopusに登録されていることから、AURAKはアラブ首長国連邦(UAE)のScopus所属機関103機関のうち第12位となっています。



Scopusは、世界最大級の査読済み文献データベースです。科学ジャーナル、書籍、学会論文集など広範な文献を収録しており、科学、芸術・人文科学、社会科学、医学、技術を含む幅広い世界的な学術研究が索引化されています。Scopusで文献登録数の上位にランクされることは、世界的に見て研究に秀でた機関であることを示す重要な指標だと考えられています。

AURAKは公営による男女共学の独立系非営利高等教育機関で、北米スタイルの総合教育を提供しています。UAE教育省認定校として、幅広い分野を対象とする22の学部課程と大学院課程プログラムを有します。2017年9月、AURAKのScopus登録文献数は249本に上り、UAEのScopus所属機関98機関のうち第24位となりました。その後1年間で教員が発表したScopus登録文献数は62パーセント増加して403本に達し、2018年のランキングでは103機関のうち第12位へと飛躍的な上昇を見せ、競争力の向上を示しました。質の高い論文を驚くべきペースで発表しているAURAKは、学術分野での競合相手が増えているにもかかわらず、順位の上昇を達成しました。

プロボストを務めるスティーブン・ウィルハイト教授は、教員の研究への注力は、最も高い水準の教育と研究を行う場としての大学の使命を全うするための根幹であると考えています。「教員は優秀な研究者として、専攻分野で知識を発展させようという学生の意欲的な取り組みの模範となるべき存在です。」

AURAK学長のハッサン・ハムダン・アル・アルキム教授は、教員の懸命な努力と順位の上昇に気持ちを高揚させながら、次のように述べています。「この種の結果は、本学が認定校であるだけでなく、本学の教員が現代の研究の最前線にいる非常に優れたプロフェッショナルで構成されており、アラブを率いるUAEの教育機関の中で本学が強い競争力を持っていることを示すものです。本学は昨年よりも順位を上げただけでなく、さらに範囲を広げ、競争が激しくなった分野でこうした成績を残すことができました。本学の学生は、学術界で意欲的に活動を行い、最先端の革新的な研究に取り組んでいる一流の教員から一流の教育を受けていると言えるでしょう。」

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

AURAK
Jessica Zani, +97172210900 Ext: 1325
jessica.zani@aurak.ac.ae

情報提供元:
記事名:「AURAKがScopusデータベースで上位に