ジュネーブ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界の航空輸送セクターが6550万人の職と2兆7000億ドルの経済活動を創出していることが、航空輸送アクショングループ(ATAG)が本日発表した新たな調査によって明らかになりました。調査報告書「Aviation: Benefits Beyond Borders」は、www.aviationbenefits.orgでダウンロードでき、現代社会において民間航空が果たしている基本的役割についての分析と、この世界的産業が経済・社会・環境に及ぼす影響についての検討が行われています。


この報告書をジュネーブで行われたATAGグローバル・サステナブル航空サミットで公表したATAGエグゼクティブディレクターのMichael Gillは、このように述べています。「少し大きな視点から、航空輸送の進歩が個人や企業が相互につながる状況を変えてきた様子について考えてみてください。私たちが達成した成果は、尋常なレベルを超えています。世界のこれまでになく多くの地域の多くの人々が、安全、高速で、効率的な移動手段の利点を享受するようになっています。」

「毎日12万便のフライトと1200万人の乗客が安全に行程をこなすことができるよう導くために、業界では1000万人以上の人々が働いています。航空輸送によって実現している幅広いサプライチェーン、観光業への波及的影響と観光関連雇用について見ると、少なくとも6550万人の職と世界の経済活動の3.6%が私たちの業界によって支えられていることが分かります。」

この報告書はまた、航空輸送と関連雇用や経済効果の拡大について、2つの将来のシナリオを検討しています。オープンな自由貿易の姿勢が維持されれば、航空輸送の拡大により、2036年には、およそ9780万人の雇用と5兆7000億ドルの経済活動が創出されます。しかし、各国が孤立的・保護主義的政策を取ることで世界の分断が進んだ場合、航空輸送産業が支える雇用は1200万人分、経済活動は1兆2000億ドルが減少することになります。

「互いに協力し、相互の文化から学び、オープンな貿易を行うことができれば、私たちは、強力な経済見通しを確保することができるだけでなく、世界全体の平和的な交流に必要な環境を維持することができます。航空産業は、この好ましいつながりを拡大する鍵を握っています。」

「Aviation: Benefits Beyond Borders」で概説されている主な情報:

  • 航空輸送は6550万人の職と2兆7000億ドルの世界経済活動を創出しています。
  • 航空産業で直接働く人々は、1000万人を超えています。
  • 航空輸送は世界の貿易額の35%(2017年は6兆ドル)を輸送していますが、輸送数量は1%を下回ります(2017年は6200万トン)。
  • 航空運賃は現在、1950年と比較して、同じ行程でも約90%低下しています。これにより、より多くの層の人々が飛行機移動を利用できるようになりました。
  • 業界の広がり:1303社の航空会社が3万1717機の航空機を4万5091路線に就航させ、3759港の空港を結んでいます。空域は、170の管制業務提供機関によって管理されています。
  • 世界の旅行者の57%が、航空機によって目的地に移動しています。

以上

航空輸送アクショングループは航空セクターの全体を代表し、航空会社、空港、管制業務提供機関、航空機やエンジンのメーカーの代表組織となっています。当組織は、航空輸送の持続可能な未来に向けて業界共通の立場を調整しています。www.atag.org

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Air Transport Action Group (ATAG)
Media enquiries:
Haldane Dodd +41 79 429 8710
doddh@atag.org

情報提供元:
記事名:「航空輸送は6550万人の職と2兆7000億ドルの経済活動を創出