香港--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 大手金融情報・分析会社のムーディーズ・アナリティックスとSUMMiTアクチュアリーズ&コンサルタンツは、韓国の保険会社向けの保険数理コンサルティング・サービスとリスク管理ソフトウエアの提供で正式な協力契約を締結しました。


今回の提携の一環として、大手保険数理コンサルティング会社のSUMMiTはムーディーズ・アナリティックス・パートナーアライアンス・プログラムに加わり、ムーディーズ・アナリティックスのRiskIntegrity™ IFRS 17ソリューションに沿って国際財務報告基準(IFRS)第17号および韓国保険資本基準(K-ICS)のサービスを構築します。

本協力契約に基づき、ムーディーズ・アナリティックスはIFRS第17号とK-ICSの新報告基準を満たすためのソフトウエアとサービスを両社の顧客である保険会社に提供します。またムーディーズ・アナリティックスは、受賞歴のあるEconomic Scenario Generator(ESG)など、保険会社のリスク管理とモデリングを支援するソリューションも提供します。

ムーディーズ・アナリティックスの保険ソリューション担当マネジングディレクターのコリン・ホームズは、次のように述べています。「SUMMiTとの協力により、韓国のお客さまに付加価値と専門的知見を提供します。保険数理コンサルティングに関するSUMMiTの専門ノウハウにより、韓国の保険会社のニーズに対応できるムーディーズ・アナリティックスの一連の保険ソリューションが一段と強化されます。」

SUMMiTアクチュアリーズ&コンサルタンツのマネジングディレクターを務めるジェイソン・パクは、次のように述べています。「SUMMiTは、2000年から韓国の保険会社に保険数理に関する専門的知見を提供しています。今回のパートナーシップは、貴重な助言サービス、知見、業界トップクラスのソフトウエアの提供を通じて当社のお客さまと韓国の保険会社に利益をもたらすことになると確信しています。」

ムーディーズ・アナリティックスのIFRS 17ソリューションの詳細については、こちらをクリックしてください。

本提携は非独占契約であり、両社は顧客の利益を最優先して他者と協力関係を結ぶ独立性を維持しています。

ムーディーズ・アナリティックスについて

ムーディーズ・アナリティックスは、ビジネスリーダーがより賢明な意思決定をより迅速に行うことを支援するための金融情報と分析ツールを提供します。当社は、リスクに関する卓越した専門的知見、広範な情報資源、テクノロジーの革新的な活用を通じて、お客さまが変化する市場に確信をもって対応できるようサポートします。業界をリードする受賞歴のある当社のソリューションは市場で高く評価されており、リサーチ、データ、ソフトウェア、専門サービスを組み合わせて、シームレスなカスタマー・エクスペリエンスを提供しています。当社は、卓越したサービスに対する取り組み、オープンなアプローチ、お客さまのニーズに応えることを第一とすることにより、世界中の数千の機関の信頼を得ています。ムーディーズ・アナリティックスの詳細情報については、www.moodysanalytics.comをご覧ください。

ムーディーズ・アナリティックスは、ムーディーズ・コーポレーション(NYSE:MCO)の子会社です。MCOは、2017年に42億米ドルの売上高を計上し、世界各地に約12,300名の従業員を擁し、42カ国で事業を運営しています。

SUMMiTアクチュアリーズ&コンサルタンツについて

SUMMiTは、18年を超える経験を有する韓国有数の保険数理サービス企業です。SUMMiTは、純粋な保険数理コンサルティングに加えて、金融業界向けに事業戦略、システム導入、実務基準の刷新といった包括的なサービスを提供する企業に成長しています。詳細情報については、www.summitanc.co.krをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Moody’s Analytics Communications
Tracey Scott
044.207.772.5207
Moody’s Analytics Media Relations

情報提供元:
記事名:「ムーディーズ・アナリティックスとSUMMiTアクチュアリーズ&コンサルタンツがIFRS第17号およびK-ICS保険ソリューションを韓国で提供するための協力を発表