米カリフォルニア州サンノゼ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 先進的4Gモバイル半導体ソリューションの設計・供給大手GCT®セミコンダクターは本日、GCTのLTE IoTチップGDM7243iがベライゾンから認定され、同社の認定Cat-M1チップポートフォリオに仲間入りしたと発表しました。今回の承認により、認定と設計時間の短縮が可能となり、ベライゾンのLTE Cat-M1ネットワークへのIoTデバイスの導入が以前にも増して容易・迅速・低コストになります。



GCTのGDM7243iは完全統合型で充実機能のマルチモードCat-M1ベースバンド/RFチップであり、ベライゾンのLTE Cat-M1ネットワークをサポートします。このマルチバンドソリューションは他にも15種のLTEバンドをサポートしており、商用デバイスの市場投入において最大限の将来性を実現します。

GCTセミコンダクターの営業・マーケティング担当副社長を務めるアレックス・サムは、次のように述べています。「当社は、ベライゾンと緊密に協力しながら、重要な節目となる今回の成果を達成したことで、ベライゾンのネットワーク向けIoTデバイスへの当社製IoTチップの導入を促進できることをうれしく思います。GCTは一貫してIoTの付加価値機能を求める顧客ニーズに着眼しており、GDM7243iにはGPSエンジン、Bluetooth LE4.2、CANインターフェース、VoLTEなど多くの機能を搭載してあります。」

GCTは現在、ベライゾンのLTE Cat-M1モデム機能の搭載を迅速化するためのツールを備えたGDM7243i開発キットを提供中です。GCTは、商用配備に向けてGDM7243iベースのモジュールの見積もりと供給を行う世界の大手モジュールベンダー数社と協力しています。

GCTセミコンダクターについて

GCTセミコンダクターは、4G/5G LTEの先進的半導体ソリューションをファブレスで設計・供給する有数の企業です。市場実績のあるGCTのLTEソリューションは、スマートフォン、タブレット、ホットスポット、USBドングル、ルータ、M2M等の用途向けに数多くの商用デバイスで高速・高信頼性の LTE接続を実現し、世界トップクラスのLTE事業者に利用されています。またGCT は、あらゆる物のインターネット化(IoT)向けに最適化された新しいLTEソリューションも提供しています。GCTのシステムオンチップソリューションは、無線、ベースバンド・モデ ム、デジタル信号処理機能が統合されている為、小型、低消費電力、高性能、高信頼性、費用対効果を達成した完全な4Gプラットフォームとなっています。詳細情報については、www.gctsemi.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

GCT Semiconductor, Inc.
Alex Sum
VP of Sales and Marketing
Tel: +1-408-434-8022
Mobile: +1-408-835-9686
alexsum@gctsemi.com
or
Daniel Lee
Sr. Director of Business Development
Mobile: +1-714-312-8827
daniellee@gctsemi.com

情報提供元:
記事名:「GCTセミコンダクターのマルチモードCat-M1 IoTチップがベライゾンの4G LTE Cat-M1ネットワークでの使用が認定される