仏コロンブ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 拡張された本人確認技術の世界的リーダー企業であるアイデミアは、当社の生体認証セキュリティーに関する専門知識を電子機器メーカーにもたらすアイデミア3Dフェースを発表します。これは3D顔認識技術を使って、スマートフォンを素早く簡単にロック解除できるソフトウエアです。



カウンターポイント・リサーチの調査によると、現在機器メーカーの66%が指紋センサーを選択していますが、生体顔認識技術を採用するメーカーが増加傾向にあります。2020年には、新しいスマートフォンのすべてが生体認証センサーを搭載する見通しです。このため顔認識が標準となり、より安全で人間工学的なユーザー体験が実現するでしょう。

アイデミアが、2018年モバイル・ワールド・コングレスで発表した顔認識ソリューションのアイデミア3Dフェースは、3D情報取得技術の先駆けとなるもので、簡単かつ効率的なセキュリティー機能に対するスマートフォン・ユーザーの需要を反映しています。

アイデミアは今や、世界中のあらゆる業界で生体認証ソリューションのリーダーとなりました。当グループは、主として人工知能に基づき、あらゆるユーザー・グループを対象にテストした最も高度なアルゴリズムを利用しています。この点において、アイデミア3Dフェースは最先端の技術であり、赤外線カメラの不可視光を使用して三次元の顔面形状を正確に計算し、最高レベルのセキュリティーを実現しています。また本ソリューションは、利便性、高信頼の認識技術、包括的なセキュリティーを組み合わせて、最適なユーザー体験を提供します。

アイデミア3Dフェースの顔認識技術は、撮影機能を持つすべてのスマートフォンに適合します。このソリューションは、将来のためにさまざまな可能性を生み出しています。例えば、車載技術に統合して、車の所有者の顔を認識したり、運転中のドライバーの居眠りなど、異常な行動を特定したりするといった用途が考えられます。

アイデミアのコネクテッドオブジェクト事業担当エグゼクティブバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーを務めるYves Portalierは、次のように語っています。「アイデミア3Dフェースが、当社の高度な技術ソリューションに加わることを喜んでいます。アイデミア3Dフェースは、製品セキュリティーおよび利便性に、高度な3D顔認識技術を組み合わせており、当社が最も秀でていることを体現しています。スマートフォンは日用品となりましたが、私たちのライフスタイルに合わせて適応させることが重要です。アイデミアが、標準的かつ効果的で簡単に使用できる高セキュリティーの時代を先取りしたソリューションを提供しているのは、そのためです。」

アイデミアについて

OT-モルフォは、アイデミアという名称になりました。アイデミアは拡張された本人確認技術の世界的リーダーとして、市民や消費者が日常の重要行為(支払い、接続、旅行、投票など)を物理的な世界でもデジタル空間でもセキュアに行える環境を提供することを大きな目標としています。

私たちが暮らす現代の社会において、アイデンティティの保護は、今や欠くことのできない重要な事柄となっています。拡張された本人確認を支持する立場に立ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、この資産を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。IDEMIAでは、全世界の金融、通信、アイデンティティ、セキュリティー、IoT分野の顧客のために、プライバシーと信頼を確保すると同時に、認証済みの、安全で検証可能な取引を保証します。

アイデミアは、OT(オベルチュールテクノロジーズ)とSafran Identity & Security(Morpho:モルフォ)の合併により誕生しました。売上高が30億ユーロ近くに上り、世界で1万4000人の従業員を擁するアイデミアは、180カ国の顧客にサービスを提供しています。

詳細については、www.idemia.comをご覧ください。ツイッターで@IdemiaGroupをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Press:
Havas Paris
Hanna Sebbah
idemia@havas.com

情報提供元:
記事名:「アイデミアが最先端の顔認識技術を利用したアイデミア3Dフェースを発表