東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ヤマハ発動機株式会社(東証:7272):


□第2四半期連結業績について
ヤマハ発動機株式会社の当第2四半期連結累計期間の売上高は8,513億円(前年同期比233億円・2.8%増加)、営業利益は822億円(同1億円・0.1%増加)、経常利益は793億円(同42億円・5.0%減少)、親会社株主に帰属する四半期純利益は570億円(同38億円・6.3%減少)となりました。なお、当第2四半期連結累計期間の為替換算レートは米ドル109円(前年同期比3円の円高)、ユーロ132円(同10円の円安)でした。
売上高は、新興国二輪車事業およびマリン事業、ならびに産業用機械・ロボット事業の販売好調により、増加しました。
営業利益は、売上高の増加に加え、新興国二輪車事業や産業用機械・ロボット事業の商品ミックス改善が、先進国二輪車事業の減益を吸収して前年並みとなりました。

□セグメント別の業績について
【二輪車】
売上高5,154億円(前年同期比62億円・1.2%増加)、営業利益312億円(同25億円・7.5%減少)となりました。
新興国では、インドネシア、インド、フィリピンなどにおける販売台数の増加や商品ミックスの改善などにより、増収・増益となりました。先進国では、欧州での販売台数の減少などにより、減収・減益となりました。

【マリン】
売上高1,887億円(前年同期比90億円・5.0%増加)、営業利益382億円(同13億円・3.5%増加)となりました。
北米でのウォータービークルとスポーツボートの販売台数が増加し、増収・増益となりました。

【特 機】
売上高713億円(前年同期比43億円・6.5%増加)、営業利益11億円(同2億円・18.6%増加)となりました。
四輪バギー、ゴルフカーの販売台数が増加し、増収・増益となりました。

【産業用機械・ロボット】
売上高353億円(前年同期比45億円・14.6%増加)、営業利益88億円(同25 億円・40.3%増加)となりました。
サーフェスマウンターの商品ミックス改善などにより、増収・増益となりました。

【その他】
売上高406億円(前年同期比8億円・1.8%減少)、営業利益29 億円(同14億円・32.6%減少)となりました。
電動アシスト自転車の商品ミックス悪化などにより、減収・減益となりました。

□連結業績の見通しについて
2018年12月期の通期連結業績予想につきましては、マリン事業、新興国二輪車事業、産業用機械・ロボット事業の増収・増益要因が、先進国二輪車事業の減収・減益要因を吸収する見通しであることから、通期の連結業績予想は当初予想(売上高1兆7,000億円、営業利益1,500億円、経常利益1,550億円、親会社株主に帰属する当期純利益1,030億円)から変更していません。

□利益配分に関する基本方針および当期の配当
当社は、株主の皆様の利益向上を重要な経営課題と位置付け、企業価値の向上に努めております。
配当につきましては、「安定的財務基盤を維持・強化し、新しい成長投資・株主還元を増やす」ことを主眼に、親会社株主に帰属する当期純利益の30%を配当性向の目安としております。
当期の配当につきましては、2018年12月期通期連結業績予想を当初予想より変更していないことを踏まえ、年間配当予想は配当性向30%の1株当たり90円(当初予想から変更なし)とさせていただき、中間配当は1株当たり45円と決議しました。


Contacts

ヤマハ発動機株式会社
コーポレートコミュニケーション部
広報グループ
岩崎 慎
TEL: 03-5220-7211

情報提供元:
記事名:「ヤマハ発動機:2018年12月期 第2四半期の連結業績の概要について