受賞者はロンドンで10月15日~18日に開催されるBentleyの Year in Infrastructure 2018カンファレンスにて発表されます

米国ペンシルベニア州エクストン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- インフラストラクチャ強化のための包括的なソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業Bentley Systems, Incorporatedは本日、The Year in Infrastructure 2018 Awardsプログラムのファイナリストを発表しました。年に一度のこの催しでは、インフラストラクチャの設計、建設、運用において優れた業績を上げた世界各地のBentleyユーザーに賞が授与されます。今年は、世界中の340を超えるBentleyのユーザー企業・団体から420件のプロジェクトの応募がありました。その中から、業界の著名な専門家で構成される12グループの第三者審査員団により、ファイナリスト57組が選出されました。



インフラストラクチャにおける「going digital」(デジタル化)の推進に対して賞が授与されるYear in Infrastructure 2018 Awardsのファイナリストは、次のとおりです。

橋梁

  • GS E&C Corporation – Jungkun~Jinjeong Bypass Road (Sueo-chon Bridge) – Gwangyang, Jeolla-Namdo, South Korea
  • Indian Railways – Reality modeling facilitates efficient planning, construction and monitoring of Chenab Bridge – Reasi District, Jammu & Kashmir, India
  • PT. WIJAYA KARYA (Persero) Tbk – Design and Build of Road Bridge at Teluk Lamong Port Project – Gresik-Surabaya, East Java, Indonesia

ビルディング・キャンパス

  • Anil Verma Associates, Inc. – Regional Connector Transit Corridor (RCTC) – Los Angeles, California, United States
  • Shalom Baranes Associates – Cannon House Office Building Renewal – Washington, District of Columbia, United States
  • Voyants Solutions Private Limited – Station Development plan for Gwalior Railway Station – Gwalior, Madhya Pradesh, India

通信ネットワーク

  • iForte Solusi Infotek – iForte Fiber Management System – Jakarta, Indonesia
  • PT. Linknet – Linknet Operation Center – Jakarta, Indonesia
  • SiteSee – Advancing Telecommunications – Brisbane, Queensland, Australia

建設

  • AAEngineering Group, LLP – Phase II of Pustynnoe Gold Plant: modernization and capacity increase – Balkhash, Karaganda region, Kazakhstan
  • Lendlease Engineering – New bridge over the Richmond River at Broadwater – Ballina, New South Wales, Australia
  • Tianjin Tianhe-Cloud Building Engineering Technology Co., Ltd. and China State Construction Bridge Co., Ltd. – Main Channel Road Project of Ningbo-Zhoushan Port (Zhoudai Bridge) – Zhoushan, Zhejiang, China

都市システム

  • Avineon India Pvt. Ltd. – Digital 3D Building Model of Rotterdam – Rotterdam, Netherlands
  • CCCC Water Transportation Consultants Co., Ltd. – BIM Technology Application in the Municipal Infrastructure Phase I Project of Zhong-Guan-Cun Science and Technology Town – Baodi District, Tianjin City, China
  • Yunnan Yunling Engineering Cost Consultation Co., Ltd. – New Municipal Road Construction PPP Project of the Municipal Public Facility Construction Project of Guandu Culture New City – Kunming, Yunnan, China

環境エンジニアリング

  • China Water Resources Pearl River Planning Surveying & Designing Co., Ltd. – Jiangxi Xinjiang Bazizui Navigation-Power Junction Project – Shangrao, Jiangxi, China
  • PT. WIJAYA KARYA (Persero) Tbk – Landslide Disaster Protection Project on the National Road Network – Cianjur, West Java, Indonesia
  • Setec-Terrasol – Extension L11 – Adaptation of the Mairie des Lilas Station – Paris, France

製造

  • Brownfield Engineering Sdn. Bhd. – Propose 48MW Large Scale Solar (LSS) Project – Kudat, Sabah, Malaysia
  • Digital Engineering (BIM) Center of Shenyang Aluminum & Magnesium Engineering & Research Institute Co., Ltd. – Alumina Refinery Project Cooperated between CHALCO and Indonesia – Bukit Batu, West Kalimantan, Indonesia
  • Toshiba Transmission and Distribution Systems Asia Sdn. Bhd. – Integration of SCADA System with Electrical Panels for Brunei National Control Center – Brunei Darussalam

鉱業・洋上エンジニアリング

  • CADDS Group Pty Ltd – Rio Tinto Iron Ore Sentry Guarding Project – Dampier, Western Australia, Australia
  • Northern Engineering & Technology Incorporation, MCC – SINO Iron Ore Mine – Perth, Western Australia, Australia
  • POWERCHINA Huadong Engineering Corporation Limited – Jiangsu Offshore Wind Farm – Jiangsu Province, China

発電

  • JSC ATOMPROEKT – Hanhikivi 1 Nuclear Power Plant – Northern Ostrobothnia Region, Finland
  • Northwest Electric Power Design Institute Co., Ltd. of China Power Engineering Consulting Group – Huaneng Ningxia Dam Power Plant Stage IV project – Qingtongxia, Ningxia Hui autonomous region, China
  • Sacyr Somague – Hydroelectric use of the Foz Tua Dam – Foz Tua, Alijó- Vila Real, Portugal

プロジェクトデリバリ

  • AECOM – Gaining New Perspective through ProjectWise Insights – United Kingdom
  • Arup – Arup Australasia Project Systems Team – Brisbane, Queensland, Australia
  • Dragados SA & Transport for London – Bank Station Capacity Upgrade – London, United Kingdom

鉄道・運輸

  • China Railway Engineering Consulting Group Co., Ltd. – BIM Project for the Beijing-Zhangjiakou High-speed Railway – Beijing, China
  • Italferr S.p.A. – Naples-Bari Route, Apice-Orsara Double Railway Line, Hirpinia-Orsara Operational Lot – Provinces of Avellino and Foggia, Italy
  • Skanska Costain Strabag Joint Venture (SCS) – Hs2 Main Works Lots S1 and S2 – London, United Kingdom

リアリティモデリング

  • Hong Kong Science & Technology Parks Corporation & Chain Technology Development Co. Limited – Smart Campus of the Hong Kong Science Park – Hong Kong, China
  • Skand Pty Ltd – Building Envelope Inspection Powered by Machine Learning and Reality Modeling for RMIT University Brunswick Campus – Victoria, Australia
  • Transport for London - Major Projects Directorate – Deep Tube Upgrade Programme - Piccadilly Line Upgrade – London, United Kingdom

道路・鉄道資産パフォーマンス

  • CSX Transportation – Annual Patch Rail Capital Planning – Jacksonville, Florida, United States
  • Illinois Department of Transportation – Oversize-Overweight Truck Permitting System – Springfield, Illinois, United States
  • Maharashtra Metro Rail Corporation Ltd. – Nagpur Metro Asset Information Management System – Nagpur, Maharashtra, India

道路と高速道路

  • Alabama Department of Transportation – Birmingham, AL I-59/I-20 Corridor Project – Birmingham, Alabama, United States
  • Henan Provincial Communications Planning & Design Institute Co., Ltd. – BIM-based Further Design and Digital Construction of the Yaoshan-Luanchuan Section Project in the Zhengzhou-Xixia Expressway – Luoyang, Henan, China
  • Lebuhraya Borneo Utara – Pan Borneo Highway Sarawak – Sarawak, Malaysia

構造エンジニアリング

  • Arab Engineering Bureau – Burj Alfardan – Lusail, Qatar
  • Shilp Consulting Engineers – Alambagh Bus Terminal – Lucknow, Uttar Pradesh, India
  • VYOM Consultants – K10 Grand Commercial High Rise – Vadodara, Gujarat, India

ユーティリティ・工業用資産パフォーマンス

  • Oman Gas Company S.A.O.C – Asset Performance Solution for Reliability Management – Al-Khuwair, Muscat, Oman
  • Vedanta Limited - Cairn Oil and Gas – Well Integrity and Flow Assurance Management – States of Rajasthan, Andhra Pradesh, and Gujarat, India
  • Volgogradnefteproekt LLC – Object Modeling and Life Cycle Management: Project Implementation and Commissioning – Volgograd region, Russia

ユーティリティ輸送・供給

  • Northeast Electric Power Design Institute Co., Ltd. of China Power Engineering Consulting Group – New project of a 750 kV substation in the Bortala Mongol Autonomous Prefecture – Bortala Mongol, Xinjiang Uyghur, China
  • Pestech International Berhad – Substation Design & Automation for Olak Lempit Substation Project – Banting, Selangor, Malaysia
  • POWERCHINA Hubei Electric Engineering Corporation Limited – Cha'anling-Xiaojiazhou 220 kV Electric Transmission Line Project – Xianning, Hubei, China

上下水処理プラント

  • MCC Capital Engineering & Research Incorporation Limited – 400,000 ton/day Water Supply Project of Wenjiang District, Chengdu City – Chengdu, Sichuan, China
  • Shanghai Civil Engineering Co., Ltd of CREC – Civil engineering of the Beihu sewage treatment plant and auxiliary project – Wuhan, Hubei, China
  • Suez Water Technologies & Solutions – Ultra Pure Water Project 1 GW Manufacturing Solar Silicon PV Cells & Modules – Kutch, Gujarat, India

上下水道および雨水ネットワーク

  • Beijing Institute of Water – Beijing South-to-North Water Diversion Auxiliary Project: Hexi Branch Project – Beijing, China
  • DTK Hydronet Solutions – Conceptioneering and Master Planning of Bankura Multi Village Bulk Water Supply Scheme – Bankura, West Bengal, India
  • NJS Engineers India P Limited – JICA Assisted Agra Water Supply Project – Agra, Uttar Pradesh, India

今年10月15日~18日にロンドンのヒルトン・ロンドン・メトロポールで開催されるBentleyのYear in Infrastructure 2018カンファレンスでは、同業者、審査員、130名を超える報道関係者の前で、業界フォーラムの一環として、各ファイナリストによりそれぞれのプロジェクトのプレゼンテーションが行われます。

Bentley Systemsの最高コミュニケーション責任者、Chris Barronは次のように述べています。「The Year in Infrastructureカンファレンスは、世界中から集まったインフラリーダーにとって同業者と交流する絶好の機会であり、デジタル化推進を加速するテクノロジやベストプラクティスについて学ぶことができます。カンファレンスの一環として、Awardsプログラムのファイナリストの優れた実績を称え、表彰する祝賀会を開催します。また、カンファレンスの出席者にはファイナリストに会い、各ファイナリストのプロジェクトのプレゼンテーションを聞くことができる機会もご用意しています。」

今年のカンファレンスの内容の一部をご紹介します。

  • 英国国家インフラ委員会委員長、John Armitt卿やSiemens AGの最高戦略責任者、Horst J. Kayser博士など、業界のオピニオンリーダーによる基調講演
  • Digital Advancement Academies—BIMの推進、建設、コンストラクショニアリング、デジタル化推進研究、プロセス産業、リアリティモデリングなどの専門分野ごとに、その分野の専門家が実施する半日の対話型学習セッション
  • Bentleyの戦略パートナーであるMicrosoft、Siemens、Topconによる技術紹介のライブプレゼンテーションとパネルディスカッション
  • 選出された出席者とファイナリストの1対1のディスカッション
  • インダストリフォーラムとパネルディスカッション
  • Year in Infrastructure Awardsファイナリストによるプレゼンテーション(10月16日、17日)
  • The Year in Infrastructure Awards受賞プロジェクトの発表および授賞式、祝賀会(10月18日夕方)

The Year in Infrastructure 2018カンファレンスのアジェンダをご覧ください。

関連する画像:

BentleyのYear in Infrastructure 2018 Awardsプログラムの受賞者は、10月15日~18日にロンドンのヒルトン・ロンドン・メトロポールで開催されるBentley Year in Infrastructure 2018カンファレンス内で行われる祝賀式典で発表されます

提供: Bentley Systems

The Year in Infrastructure 2018 Awardsプログラムおよびカンファレンスについて

2004年以来、The Year in Infrastructure Awardsプログラム(旧Be Inspired Awards)では、世界中のインフラプロジェクトの設計、建設、運用における卓越した革新的な技術を紹介してきました。The Year in Infrastructure Awardプログラムは、あらゆる種類のインフラプロジェクトを対象とした、唯一の国際的なコンペティションです。この表彰プログラムは、Bentleyソフトウェアのすべてのユーザーが応募できます。審査は業界の専門家により構成された第三者審査員が担当し、各カテゴリのファイナリストを選出します。

BentleyのYear in Infrastructure 2018カンファレンスには、インフラストラクチャの設計、建設、運用の分野の世界中のリーダーが集まります。このカンファレンスでは、プレゼンテーション、パネルディスカッション、ワークショップ、デモンストレーションにより、テクノロジとビジネスがどのように連携して互いに発展していけるのか、またそれによって将来のインフラプロジェクトデリバリと資産パフォーマンスがどのように方向づけられるかを探ります。

10月15日には、Bentley Systemsによる毎年恒例のメディアデー記者会見とプレゼンテーションがロンドンのヒルトン・ロンドン・メトロポールで行われ、世界各国の大手報道機関から130人を超えるジャーナリストが集まります。これらのジャーナリストはThe Year in Infrastructure 2018カンファレンスにも出席します。

Bentley Systemsについて

Bentley Systemsは、建築家、エンジニア、地理空間のプロフェッショナル、建設業者、オーナーオペレーターにインフラストラクチャの設計、建設、運用を推進するための包括的なソフトウェアソリューションを提供する世界的リーダー企業です。Bentleyのユーザーは、各分野にまたがり、インフラストラクチャのライフサイクル全体に対応するインフォメーションモビリティを活用し、パフォーマンスに優れたプロジェクトとアセットを実現できます。Bentleyのソリューションは、インフラの設計・モデリングを行うMicroStationプラットフォーム、インフラプロジェクトチームの協業と作業共有のためのProjectWiseプラットフォーム、インフラ資産運用のためのAssetWiseプラットフォームを包含し、すべてが広範なポートフォリオの互換性アプリケーションに対応し、カスタマイズされた成功戦略で補われています。

Bentleyは1984年に設立され、50カ国以上に3,500人を超える従業員を擁し、年間売上高はランレートの7億ドルを上回ろうとしています。また、2012年以来10億ドル以上を投資して研究、開発および企業買収を推進しています。www.bentley.com

毎年開催されるYear in Infrastructure Awardsプログラムの革新的なインフラストラクチャプロジェクトのコレクションは、検索可能なBentleyの『Infrastructure Yearbooks』をご覧ください。

Bentley、Bentleyのロゴ、AssetWise、MicroStation、ProjectWiseは、Bentley Systems, Incorporated、またはその直接または間接の完全所有子会社のいずれかの登録商標、未登録商標、または商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標です。


Contacts

本件のお問い合わせ先
株式会社ベントレー・システムズ
Tel.03-5992-7770(代)
Twitterでフォロー
@BentleyJapan

情報提供元:
記事名:「Bentley Systems、The Year in Infrastructure 2018 Awardsプログラムファイナリストを発表