• スターバックスとアリババの両社にとって大きな節目として、パートナーシップを深めてシームレスなスターバックス体験を実現します。
  • スターバックスはEle.me(餓了麼)、Hema(盒馬)、Tmall(天猫)、Taobao(淘宝網)、Alipay(アリペイ)を含むアリババ・エコシステム内の主要な事業全体にわたって協力し、中国の消費者のスターバックス体験を大きく向上させます。
    • 2018年9月には、Ele.meのオンデマンド・プラットフォームを活用して北京と上海で試験的に配達サービスを実施する計画を発表。配達プログラムは、2018年末までには30都市の2,000店舗以上に拡大する予定
    • Hemaスーパーマーケットと提携して、スターバックスの配達受注処理専用に設計された「スターバックス・デリバリー・キッチンズ」を設け、配達能力をさらに強化しつつ、最高レベルのサードプレイスの店内顧客体験を提供
  • 両社は、かつてないバーチャル・スターバックス・ストアを共同創設し、スターバックスとアリババのエコシステム全体にわたる複数のプラットフォームを統合し、シームレスでさらに個別対応の体験を実現します。会員はさまざまなサービスに登録し、特典を利用し、サービスを受けることができます。

中国・上海 & 杭州--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- スターバックス コーヒー カンパニー(NASDAQ:SBUX)とアリババグループ・ホールディング(NYSE:BABA)は本日、深い戦略的「ニューリテール」パートナーシップを結んだことを発表しました。これによりシームレスなスターバックス体験を実現し、中国のコーヒー業界を変革します。スターバックスは、Ele.me(餓了麼)、Hema(盒馬)、Tmall(天猫)、Taobao(淘宝網)、Alipay(アリペイ)など、アリババのエコシステム内の主要事業全体にわたって協力し、2018年9月からまず配達サービスを実施し、配達注文を処理する「スターバックス・デリバリー・キッチンズ」を開設し、複数のプラットフォームを統合して、これまでにないバーチャル・スターバックス・ストアを共同構築する計画を発表しました。これにより、中国のお客さまに、かつてないより個別対応のオンライン・スターバックス体験を提供します。



この発表は、2社の象徴的なグローバル企業が、それぞれの独自の小売りと技術の強みを生かして、顧客体験を大きく変革する歴史的な瞬間です。スターバックスは、アリババのエコシステムとニューリテール・インフラを活用して、お客さまのために、店舗とオンラインの間でのシームレスなスターバックス体験をさらに一体化することができます。

スターバックス コーヒー カンパニーのケビン・ジョンソン社長兼最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「4万5000人を超えるパートナーが提供する高度な顧客体験により、スターバックスは世界のどこよりも中国において急成長し、変革を起こしています。当社とアリババとの変革的パートナーシップは、現代の小売業を作り変え、中国の消費者の期待を上回るサービスを提供する当社の活動において重要な節目となります。スターバックス チャイナは注目すべき企業です。このチームが、スターバックス体験の背後の新しいイノベーションを現実のものにすると絶対的に確信しています。」

アリババグループのダニエル・チャン最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「スターバックスは、単に質の高いコーヒーを楽しむだけの場所ではありません。スターバックスと当社は、イノベーションとテクノロジーを通して新しいコーヒー文化とライフスタイルを開拓するという共通のビジョンを有しています。アリババは、最先端のニューリテール・インフラとデジタルの力を活用して、スターバックスとの既存のパートナーシップを拡大し、消費者にかつてない体験を提供できることを大変うれしく思っています。また、このパートナーシップは、当社のニューリテール戦略の成功を示すものでもあります。」

この戦略的パートナーシップは、アリババの広範なニューリテール戦略の一部です。ニューリテールは、オンラインとオフラインの体験を融合させて商取引の方法を変革することを目指しています。ニューリテールは2016年にアリババが導入し、それ以来、小売業界の特徴的戦略となっています。

アリババのエコシステムを生かしてかつてない注文・配達体験を提供

Ele.me(餓了麼)を介してクラス最高のコーヒー配達サービスを提供

中国大手の注文対応型フードデリバリー・プラットフォームのEle.me(餓了麼)は、300万人の配達員を擁しています。スターバックスはEle.meと共同で、今年9月にまず北京と上海の主要商業地域にある150店舗で配達サービスを開始し、2018年末には、30都市の2000店以上のスターバックス店舗に配達プログラムを加速・拡大する予定です。

スターバックスとEle.meは共同で、独自の特別仕様の配達インフラを開発しました。開発のあらゆる段階で、Ele.me専属配送員、正確な配達時間、特注の運送車など、細部にわたる決定を行いました。両社は、注文に応じた受注・配達スターバックス・プログラムを確立しました。これは、お客さまがスターバックス店舗で期待する比類ない体験と品質を支えるものです。スターバックスとEle.meは、この配達パートナーシップを通じ、他に先駆けて、中国のお客さまにクラス最高のコーヒー配達サービス基準を確立しました。

Ele.meのワン・レイ最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「Ele.Meは、中国での注文対応型デリバリーの強固なインフラを備えています。スターバックスと提携して、このような確実で信頼性の高い配達サービスを開始してお客さまのニーズを満たし、配達部門の大きな可能性を生かせることをうれしく思っています。これは、Ele.meが小売チェーンとの連携を深め、フードデリバリー分野への浸透をさらに拡大する上で重要な節目となります。」

Hema(盒馬)スーパーマーケットを介した確実な受注処理と配達能力

また、スターバックスとHema(盒馬)スーパーマーケットとの提携により、Hemaは、店舗に専用の「スターバックス・デリバリー・キッチンズ」を開設する初めての小売ブランドとなります。「スターバックス・デリバリー・キッチンズ」は、Hemaの確実な受注処理と配達能力を生かし、既存のスターバックス店舗で提供される手作りのスターバックス・コーヒーとティーの配達を行います。スターバックスはまた、Hemaの非常に効果的な消費者洞察と独自の受注処理専門知識を生かして、中国全土の地域社会の個人と家族のニーズにさらに対応し、より良いサービスを提供します。

この意図的な戦略は、新たなスターバックス店舗、ならびに「スターバックス・デリバリー・キッチンズ」の今後のネットワーク計画を示すものであり、これにより、スターバックスの配達サービスの規模と範囲がさらに拡大されるとともに、パートナー(従業員)はお客さまのためにサードプレイス体験の向上を続けることができます。スターバックスは、2018年9月早々に、上海と杭州の厳選されたHemaスーパーマーケットに「スターバックス・デリバリー・キッチンズ」を開設し、その後は他の都市にも事業を拡大する予定です。

スターバックス チャイナのベリンダ・ウォン最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「中国のお客さまはスターバックスの体験に高い期待を寄せており、当社店舗で愛され期待されているサービスと品質を表す質の高い配達体験を提供できることを誇らしく思っています。私たちは決して妥協しません。さらに重要なことは、アリババとのパートナーシップを通じて、当社は家庭、オフィス、店舗、デジタルスペース間の物理的障壁と仮想的障壁をなくし、中国は、お客さまの生活のあらゆる側面でシームレスにスターバックス体験を提供する最初のスターバックス市場となります。これは、この市場の独自性と戦略的重要性をさらに示しています。」

デジタル・イノベーションが小売業を変革する

このパートナーシップに基づく重要な戦略的イニシアチブに、この種で初めての先進的なバーチャル・スターバックス・ストアを中国で開発することがあります。このデジタル・パートナーシップにより、アリババは一元化されたオンライン管理ハブを開発します。これは、複数のデジタル・プラットフォームにわたって一貫したスターバックス体験を統合して提供する独自の機能を備えています。このイノベーションは、スターバックス・アプリと、Taobao(淘宝網)、Alipay(アリペイ)、Tmall(天猫)、Koubei(口碑)などのアリババの顧客対応型モバイルアプリを介して、高度なより個別対応のスターバックスのデジタル体験を消費者に提供し、これまでの単一アプリによる利用の限界を打ち破ります。

この最新のイノベーションは、時間や場所を問わず、スターバックス体験の範囲を中国の消費者の日常生活にまで効果的に広げることによって、従来のオフラインからオンラインへのモデルを大きく変革します。自宅でもオフィスでも、スターバックス店舗でもオンラインでも、スターバックスのお客さまは、ワンストップのスターバックス体験にアクセスしてこれを利用し、オンラインで商品を購入したり、スターバックスの手作りの飲料を購入して友人に送ったり、スターバックスの「Say it with Starbucks」ソーシャルギフト・プラットフォームで愛のギフトを送ることができます。スターバックスはスターバックス・リワード(SR)会員プラットフォームを徐々に一元管理システムに統合し、消費者洞察を活用してお客さまに真の個別対応の体験を提供するとともに、中国におけるスターバックスのデジタル体験の将来的発展に向けた強力な基盤を確立します。

スターバックスとアリババは、信頼できるビジネスパートナーであり、イノベーションの精神と優れた製品とサービスへの絶え間ない追求において共通の価値を有しています。この深いパートナーシップは、両社が提携して中国全体の顧客体験を向上させる中で重要な一歩となります。

スターバックスについて

1971年の創立以来、スターバックスコーヒーカンパニーは、高品質のアラビカ・コーヒーを倫理的に調達・焙煎することにこだわり続けてきました。現在、当社は全世界に店舗を展開する世界トップのスペシャルティ・コーヒー焙煎・販売企業となりました。当社は優秀さへの揺るぎないこだわりと基本理念を通じて、1杯のコーヒーを通してすべてのお客さまに独自の「スターバックス体験」をお届けします。スターバックス店舗を訪れるか、オンライン(Starbucks.com)やスターバックス・ニュースルームをご覧になり、スターバックス体験を共有してください。

アリババグループについて

アリババグループの使命は、どこでもビジネスが簡単にできるようにすることです。アリババグループは、未来の商取引のインフラの構築を目指しています。お客さまがアリババで出会い、働き、生活すること、そして少なくとも102年存続する会社となることを目標にしています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Starbucks
Media Relations
press@starbucks.com
or
Alibaba Group
Katie Lee, +852 9728 0979
k.lee@alibaba-inc.com
or
Candice Huang, 202-716-7446
candicehuang@alibaba-inc.com

情報提供元:
記事名:「スターバックスとアリババグループが戦略的に提携し、中国のコーヒー業界の顧客体験を変革