5G、AI、データ・アナリティクスに対する政府の支援が産業セクターを変革し、GSMAインテリジェンスの予想では世界のIIOT接続は2025年までに138億件に達し、世界の市場の3分の1は中国が占めます。


ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- GSMAは本日、新たな報告書「グレーターチャイナにおける産業IoT」を発行しました。この報告書は、グレーターチャイナが世界の産業IoT(IIoT)市場の中心になろうとしている状況を明らかにしています。この詳細な報告書は、亜太電信、中国移動(チャイナモバイル)、中国電信(チャイナテレコム)、中国連合通信(チャイナユニコム)、遠傳電信、台湾モバイルといったモバイル通信事業者への聞き取り調査の結果を使用しています。各社は、インターネットの高速性、データ・アナリティクス、人工知能(AI)、IoTの組み合わせによって、この地域の産業セクターに変革が起きていることを説明しました。GSMAインテリジェンスの推定では、世界のIIoT接続は2025年までに138億件に達します。グレーターチャイナは、この接続のうち約41億件を占め、これは世界市場の3分の1に相当します。

GSMA最高技術責任者(CTO)のアレックス・シンクレアは、次のように述べています。「このような新技術は、生活や仕事の方法を根本から変えることになります。事実上あらゆるデバイスがインテリジェントに接続され、都市はスマートになり、生活は簡単で生産性の高いものになります。中国は、生産性と効率の向上でIIoTに力を入れており、インターネット接続によって製造プロセスの効率化と自動化を進めています。政府の支援策を背景に、中国は世界のリーダーになろうとしています。」

IIoTは、AI、クラウド・コンピューティング、先進的アナリティクスを組み合わせることでインターネット接続による製造プロセスを自動化し、生産性を向上させます。工場では、生産ラインや複雑な機器からのデータをリアルタイムに監視・解釈することで、故障の予測、インフラの管理、リスクの低減が可能になります。捕捉したデータは、製造業にとどまらず、エネルギーや通信などの多数の重要なセクターで、効率化の推進、生産性の最適化、費用の削減に利用できます。中国はAIの領域でも進歩を遂げており、機械学習と合わせて、工場や企業による複雑なプロセスの管理や技術革新の推進が容易になります。

中国政府はIIoTを支援

中国政府は、同国での産業IoTの普及の背後にある大きな推進力になっています。2015年に、政府は「メイド・イン・チャイナ2025」戦略の概要を明らかにしました。これは、IoT、スマート・アプライアンス、ハイエンドの消費者向け電子機器など、製造業のイノベーションを促進し、中国を「製造大国」から「製造強国」へと変化させることを目指した戦略です。中国政府はまた、2015年に「インターネットプラス行動計画」を披露しました。これは、インターネットを従来の産業と統合して経済成長の新たなエンジンを創出することを目指し、モバイル・インターネット、クラウド・コンピューティング、ビッグデータ、IoTを現代の製造と組み合わせます。

中国の通信事業者の役割

中国のモバイル通信事業者は、国内各地で大小さまざまな企業に安全で信頼できるインテリジェントな接続を提供することで、このような展開の中で基盤的役割を果たします。中国の通信事業者は、IIoTの発展にとって不可欠であり、都市、政府、その他の組織にとって価値の高い戦略的パートナーとなります。GSMAのモノのインターネット・プログラムは、あらゆる通信事業者やエコシステム内のその他のベンダーと密接に協力し、魅力が高く安全なIoTソリューションの提供とその加速に貢献しています。ソリューションには、LTE-MやNB-IoTなどの省電力広域ネットワーク(LPWA)が含まれ、国内各地で革新的な新サービスを誕生させることに役立っています。LTE-MとNB-IoTは、5Gネットワークの発展で重要な役割を果たし、特に「マッシブIoT」は、多数の接続デバイスを使用するスマートシティ、産業オートメーション、その他のアプリケーションを可能にします。

モバイル・ワールド・コングレス上海2018でのIoTプログラム

GSMAのIoTプログラムは、モバイル・ワールド・コングレス上海2018で第7回GSMAモバイルIoTサミットを開催します。このサミットは、現在世界各地で導入が進められている有免許周波数帯でのLPWAネットワークの最新動向について探り、データ・アナリティクス、5Gの影響、セキュリティーなどの話題を扱います。サミットは、上海新国際博覧中心(SNIEC)のホールN5、講堂Aで開催されます。詳細情報については、www.gsma.com/iot/event/iot-summit-at-mobile-world-congress-shanghai-2018/をご覧ください。このプログラムでは、ホールN5のGSMAイノベーション・シティで最先端IoT製品・サービスのデモ展示も行います。www.gsma.com/iot/iot-mwcs18-innovation-city/をご覧ください。

モバイル・ワールド・コングレス上海2018でのコネクテッド・チャイナ

GSMAのIoTプログラムは、今年のモバイル・ワールド・コングレス上海で「コネクテッド・チャイナ」も開催し、中国で最も革新的な新興企業や開発企業を集め、LTE-MとNB-IoTにわたるモバイルIoT技術を使用した製品とソリューションを紹介します。インタラクティブなデモ展示が、産業IoT、物流、スマート農業、防火、スマートシティ、スマートホームという6つの主要セクターのアプリケーションにわたって行われます。コネクテッド・チャイナは、SNIECのNEXTechホールW5で6月27日~29日に開催されます。詳細情報については、www.gsma.com/iot/connected-china-at-mwc-shanghai-2018/をご覧ください。

報告書のダウンロードについては、www.gsma.com/iot/greater-china-industrial-iot-report/をご覧ください。GSMAのIoTプログラムの詳細情報については、www.gsma.com/iot/をご覧ください。

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち300社以上は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、GSMAモバイル・ワールド・コングレス・アメリカズ、モバイル360シリーズのカンファレンスなど、業界を主導するイベントの開催も行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contacts:
For the GSMA
Ava Lau
+852 2533 9928
alau@webershandwick.com
or
Beau Bass
+44 79 7662 4962
beau.bass@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

情報提供元:
記事名:「世界の産業IoT市場はグレーターチャイナが最大の地位を占めると、新たなGSMA報告書が報告