日本担当ビジネス・ディベロップメント・ディレクターに就任


東京 & パリ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- 一貫して増加傾向にあるとされる保険金の不正請求に対し、保険会社の適切な対処を可能とすることに焦点を当てたソリューション・プロバイダーであるシフトテクノロジー(以下、同社)は、本日、保険業界で長年経験を積んだ木須靖昭が、日本担当ビジネス・デベロップメント・ディレクターに就任したと発表した。新任の木須は、同社のチーフ・レベニュー・オフィサーであるVirginie Haasにレポートし、日本の保険市場における成長を指揮する。

木須は保険業界において20年以上の経験を有し、最近の13年間は、ミュンヘン再保険会社に勤務し、シニア・クライアント・マネージャー等を歴任。また、彼の保険業界での経験には、Gen Reで4年間、三井住友海上火災保険で4年間勤務した経験が含まれる。

同社CEOのJawishは、木須の入社と同社日本事務所の設立について、以下のように述べている。「日本は世界で2番目に大きい保険市場であり、日本で最も規模の大きい保険会社の中には、すでに我々の不正検出ソリューションFORCE™を採用していただいた会社もある。日本市場は、保険のプロセスにおいて、人工知能が持つ力について深く理解している。私たちは、日本を更なる成長のための戦略的市場と見ており、木須がその努力をリードし、日本のチームをつくり、マーケットシェアを拡大 させると期待している。」

木須は東京大学経済学部卒業。

同社は、東京都千代田区大手町に、シフトテクノロジー日本事務所を開設。

シフトテクノロジーについて

シフトテクノロジーは、保険金の不正請求に対する保険会社の適切な対処を可能とすることに焦点を当てたソフトウェアソリューションプロバイダー。人工知能と保険の専門知識を活用して、2014年に不正検知ソリューションFORCE™を導入、FORCE™は世界中で50社を超える保険会社に採用されている。詳細については、同社ウェブサイトwww.shift-technology.comをご参照ください。


Contacts

ソロマーク アソシエイツ
スーザン・ダグラス, 847-219-4367
susan@solomark.com

情報提供元:
記事名:「保険金不正検出ソリューションFORCE™の日本市場における成長推進のため、木須靖昭がシフトテクノロジーに入社